ペットが死んだくらいで休むな!担任の暴言に傷つく。大事な家族なのに…

 ペットという言葉はあまり使いたくありません。
 本当に家族の一員でした。

 丈(オスの犬)とであったのは、小学校6年生でした。近所で生まれた子犬を父が引き取ってきたので、我が家で飼うことになりました。最初は、エサやりや散歩、掃除などが面倒でした。しかし、遊んであげると尻尾を振りながら近づいてくる姿に愛着が出てきました。中学生になると毎日のように散歩で、家のすぐそばの河川敷を走りました。

 毎日、一緒にいると本当の家族のようでした。しかし、高校3年生の夏に丈は交通事故で死んでしまいました。本当に辛かったです。家族も全員、悲しみで辛い思いをしていました。特に、丈をつれてきた父は明らかに脱力し、1週間は大好きなお酒を一口も飲みませんでした。

 私もとても辛く、学校を3日ほど休みたいと思いました。決してサボりたいという気持ちではなくて、丈の葬儀や埋葬をして弔いたい気持ちでした。家族も葬儀や埋葬について賛成をしてくれました。父は、丈との最後のお別れだからということで、会社に有給を申請し、休みを取ってくれました。私も学校に丈が死んで葬儀をする旨を伝えました。そうすると学校の担任から驚くことを言われました。担任の先生はペットが死んだくらいで休むなと高圧的に電話を切りました。

 ペットが死ぬということは、家族がいなくなるのと同じくらい辛い体験です。ペットを飼ったことのない人は分からないかもしれません。しかし、その悲しみを想像して、悲しんでいる人をさらに悲しむようなことを言わないことが大切です。