フィラリアで亡くなった愛犬。今は愛玩動物飼養管理士の資格を取得し、猫を飼っている。最大限のことをしてあげたい。

もう亡くなって大分経ちますが当時MIXの中型犬を飼っていました。
小学生1年生の頃に親が親戚から譲り受けた子で自分が率先して散歩やごはんをあげていたからか家族の中で一番自分に懐いていたので弟(オスだったので)のような存在でした。

田舎で周囲も外でわんちゃんを飼っているのが当たり前の時代で、家族以外には懐かず、お客さんが来ると吠えて知らせてくれるので番犬として非常に優秀でしたね。

詳しくは覚えていませんが3歳になった頃にその子が病気になり、水も自発的に飲んでくれなかったので家族で交互に水を与えたところ唯一、自分の手から水をなめてくれたのが非常に嬉しかった記憶があります。
それ以降は段々と元気になり、また一緒に遊んだり散歩に連れて行ったりしていました。

ただ10歳を過ぎた頃から老化が目立つようになり、散歩に行ってちょっと走っただけでぜいぜいと息切れをすることが続きました。
それから少し経った頃に突然、痙攣を起こして倒れて失禁してしまったのです。
親が動物病院に連れて行ったところフィラリアと診断されました。

外で飼っていたことと当時は今のようにフィラリアに対しての意識が薄かったので、狂犬病のワクチン以外は接種してなかったと思います。
その子の年齢から薬での駆除はおろか手術も手遅れの状態だったようです。
今のようにセカンドオピニオンなどが出来ればもう少し生きてくれたかもしれません。
田舎だったせいか動物病院は限られており、そこでの診察結果を受け入れるしかありませんでした。

最後は自分で起き上がることもできずつらそうな息をしてましたが、最後の最後に自分の手をなめてくれました。
もっと何かしてあげられたんじゃないかと思うことも多々ありました。
亡くなって当日は食事が喉を通らず1か月近く落ち込んでましたが一緒に悲しんでくれる家族もおり猫を飼っていたこともあって愛犬が無くなった悲しみを乗り越えることができました。

ただ今でも思い出すと目頭が熱くなります。
犬がメインの映画などは涙が止まらなくなるので基本的に映画館で観ることはありません。

当時は自分もまだ子供で犬を飼うことに対しての知識もなかったので親の考えを受け入れるしかありませんでしたが、今は愛玩動物飼養管理士の資格を得て動物を飼育することに対して真摯に向き合っています。
今は猫を飼っていますが自分で出来る最大限のことをしてあげるつもりです。

家族のような存在が亡くなったら悲しいのも涙が止まらないのも当たり前なんです。
気持ちが落ち着くまで悲しみに浸っていていいけれど自分を大切にしてください。
家にひきこもっているとその子のことしか考えられなくなるので外に出てお日様の光を浴びてくださいね。
きっと動物を大切に飼ったことのある人なら誰でも通る道だと思います。