「そばで見守っていてね」愛犬の死に泣いた後は心配しないように笑っていようと決意

私の記憶の中のチャッピーは、私が生まれてからずっと一緒だという記憶しかありません。



両親にチャッピーのことを尋ねると、チャッピーは両親が山へドライブに出かけた時に拾ったと教えてもらいました。

私はまだ母のお腹の中でした。



山の中でドライブ中、狐でも飛び出してきたかと思い、車をとめたところちょこんと座っていたのがチャッピーです。


ふさふさの毛でクリーム色の可愛い顔をしたポメラニアンでした。



母親は幼いころに野良犬に追い掛け回された経験があり、それ以来犬が苦手です。


そんな母が、「この子は家に連れて帰ろう。

このままだと、いずれ死んでしまう」とチャッピーのあまりの可愛さに言い出したほどでした。



車に乗せるときも、恐る恐るの母。

父はそんな母をみて笑っていたそうです。



そして私が誕生します。


赤ちゃんの私は、チャッピーの毛を引っ張って遊ぶのが大好きだったみたいです。



チャッピーからしてみれば痛くてたまらないはずなのに、「ガブッ」っと私の手を噛んだフリをしてくれるとてもやさしい犬でした。



一緒に育ってきました。


どこ行くにも一緒で寝るときも、私はチャッピーと一緒にお布団に入りたいのですが、犬のチャッピーからしてみたら暑くてたまりません。



お布団からでていってしまいます。

それがとても寂しくて…
そう思っていたら、私の足元でくるまって寝てくれたんです。



子供心にその優しさにとても心暖かくなりました。



小学校に上がるくらいの時です。


チャッピーの体調がわるくなったのは。



それ以前から兆候はあったそうです。

母の話ですと。



そこから段々チャッピーは弱くなっていきました。


病院からだされたお薬を母が潰して、チャッピーが少しでも食べやすいようにと餌に混ぜたりしていました。



その時のことは実はあまり良く覚えていません。


ただ、私が帰ってきたら両親がチャッピーを病院に連れて行って帰ってきた後でした。



白い箱に横になって目をつむっていました。


もう全く動かないんです。


置物みたいに。

犬の形をした人形のようで。


だからなおさら小学生の私には実感がなくて、その時その瞬間は悲しくなかったのを覚えています。


ただ、状況が呑み込めていなかっただけです。



そのあと、火葬場にいってようやくもう二度と会うことができないんだと、やっと実感しました。



家に帰ってから、チャッピーのいない空間に自分の身を置いて初めて実感しました。


そこからはずっと泣きどおしです。



でもいつまで泣いてもどれだけ泣いてもチャッピーは帰ってこないというのはわかっていました。



だから、いいだけ泣いた後はチャッピーが心配しないように笑っていようと決意しました。



私の喜怒哀楽のある豊かな人生をチャッピーに見てもらって楽しんでもらおうと。



その方がきっとチャッピーも喜びます。



それからは見えないけど、近くにいる、見えないけどチャッピーはみていてくれる。


そう思うようにして今を生きています。

タイトルとURLをコピーしました