もう猫との別れを経験したくない。でも消えそうな命に手を差し伸べるのも悪くないかも。

10年程前になりますが、実家で16年共に暮らして来た愛猫を看取りました。
私が幼少期の頃、親の知人が連れてきた捨てられたオスの子猫を引き取ることになりました。はじめは慣れない動物に抱っこするのも怖かった記憶がありますが、いつのまにか大切な弟のような存在になっていました。
元気な頃は一緒に走り回って遊び、兄弟のように共に育った愛猫と私。こんな幸せな日々がいつまでも続けばいいなと、そう願っていました。
月日は流れ愛猫の白髪混じりになった毛に、ごわついた触り心地に、あまり動かなくなった身体に、老いを感じるようになりました。段々と別れの時が近づいていることは理解していましたが、なぜかこのままずっと一緒に居られるような、そんな気持ちでいました。
そんなある日急に元気がなくなり、病院へつれていくと、獣医からもう長くないことを知らされました。”どんなにつらくても最後まで沢山愛情を与え、絶対に息を引き取る瞬間まで、誰かがあの子の瞳に映るよう、近くにいてあげよう”家族でそう決めました。
亡くなる当日、すでに息も荒く動けなくなっていたはずなのに、その日は朝からのそのそと体を引きずり、仕事へ行く父の見送りをし、その後も他の家族一人一人にすり寄って来てくれました。今までありがとう、ありがとう、そう言ってくれているようでした。
ペットとの別れは非常に耐え難いもので、もうこれで最後にしよう、そんな気持ちになる方が多いと思います。実際に私自身もそうでしたが、結婚してから偶然にもまた子猫を拾いました。”猫は毛皮を変えてまた飼い主の元へ戻ってくる”という話を聞きます。もしかしてあの子が帰ってきたのかな?そんなことを考えながら、また新しい家族に沢山の愛情を注いでいます。ガリガリにやせ細っていた身体はすっかり大きくたくましくなり、今も元気に駆け回って遊んでいます。
なくなる命もあれば救える命もあります。別れを恐れて塞ぎ込んでいる方がいるとしたら、勇気を出してまた一歩踏み出し、その消えそうな命に手を差し伸べて頂けるといいなと願います。