愛犬の死から湧き出る感情。もっと可愛がってあげてたらよかったと。

愛犬のさくらは16年間一緒でした
彼女は飼い主が見つからないと保健所に行く事になっていた子で私の父が可哀想だと思い引き取りました
私は当時6歳で一人っ子でした
ですので彼女が家に来たとき私に妹ができたと思いました
さくらは賢い子でどんなに起こっても噛まず知らない人が家に来たら吠えるという番犬もしてくれました
さくらは水が苦手てお風呂に入らされるのをとても嫌がっていました
お風呂にいれるといつも暴れて言うことを聞きませんでした
私が悲しいとき彼女はそばに寄り添ってくれました
まるで私の心がわかるように私の膝に頭をおいて一緒にいてくれました
本当にとても大切な家族でした

ですが半年前癌で倒れ亡くなってしまいました
正直最初は違和感しかありませんでした
犬小屋を見ればいつもいたさくらが何処にもいなくて心にぽっかりと穴が開き
亡くなった事を思い出して涙が出るという毎日の繰り返しでした
夢にも出て来て愛犬一緒に楽しく遊ぶ夢を見た後目が覚めて現実に戻ったとき悲しみと吐き気が同時に襲ってきました
気分転換に外に出ても
飼い主さんが犬を散歩しているところを見て愛犬の事を思いだし心が不安定になることがとても多かったです
生きていた頃はなんにも思わなかったのに亡くなったとき初めてさくらの有り難さや大切さをかんじました
彼女は自分の心の大半をしめていたのだと
もっと遊んであげれば良かったもっと大切にしてあげれば良かった
私といて彼女は良かったのだろうか彼女は幸せだったのだろうか
そんな気持ちがいつも駆け巡ります
仕事中も真剣に取り組まなければいけないのに彼女の事を思いだし心が不安定になることが多く普段ならしないミスもしてしまうことがありました
今は大分落ち着きましたがそれでも時々思い出して涙を流す事があります
新しい子を買えばこのペットロスから解放されるのだろうかと思いました
しかしあの子と別れてから死というものが怖くなりもし別のペットを買ったとしても結局死を見届けなければならないそうなるとまた辛いことになる
そう思うとペットを飼うことができません
まだ私は当時立ち直ってはいませんですが出来るだけ気持ちを変えたいと思い趣味を作ることにしました
軽いランニングですが少しだけ心がすっきりするので私と同じような悩んでいる人はやってみる事をオススメします