障害を持って生まれた猫を我が家に連れてくるべきだったのか 今でも考えてしまいます

今から1年2か月ほど前の秋のこと。

友人から「家の物置に勝手に猫が入り込み、子猫を出産しているのを見つけた」という電話が。

私は猫が大好きだったので、急いで見に行きました。

母猫はシャムの雑種のようでしたが、生まれた子猫は黒が3匹と白が1匹。

友人は「家では飼うことができないから、このまま様子を見ながら子猫の飼い主を探す」と話していました。

数か月後、黒の3匹の飼い主は決まったのですが、残ったのが唯一の白。

最初にまた時には気づかなかったのですが、その子猫にはどうも障害があるようで、ずっと顔が小刻みにプルプルと震えています。かなり体も小さめでした。

そこで私が育てようと一大決心。自宅に連れて帰りました。名前はそのまま「シロ」。

シロを動物病院に連れて行ったところ、生まれつき脊髄に損傷があるのではないかという診断結果。でもまだ小さいので、はっきりとした結果はわからないということでした。

少しずつ体は成長していったのですが、大きくなるにつれてまっすぐに歩くことが難しかったり、決まった場所でトイレができずにオムツをつけることになったり。

それでもつぶらな瞳で一生懸命に私の後を付いてくるシロが可愛くて、すぐに大切な家族の一員になりました。

定期的に検査を受けていたものの、半年ほど経過したときにシロに変化が。足がピーンと突っ張ることが多くなり、ほとんど歩くことができない状態になってしまいました。

それから1か月くらいで、自分では餌を食べることができない状態に。流動食を作ってスポイトなどで食べさせていましたが、ついにはそれもできなくなってしまいました。

医師からは「これが障害を持って生まれたこの子の寿命だ」という診断。そしてシロは天国に旅立ちました。

シロがなくなって以降考えるのは、「もっと自分にできたことがあったたのではないか」そして「そもそも障害を持って生まれた猫を飼ってよかったのか」ということ。

自然界では自然淘汰されたであろう存在のシロ。その猫を飼ったのは、私のエゴだったのかなとも考えてしまいます。

そんな落ち込んだ私の様子を見て、家族からは「シロが我が家にきて過ごした時間は、シロにとって幸せだったと考えようよ」という言葉。

今でも家に連れてくるべきだったのか正解はわかりませんが、またシロのような猫に出会ったら、放っておけずに同じようにしてしまうだろうと思っています。