めったに泣かない私ですが、愛猫を思い出すと涙腺が熱くなります。

私が24歳のころ、私が小学校の頃から飼っていた猫ピートがいつも寝ている座布団の上で静かに息を引き取りました。
ピートの猫種はラグドールで、とても好奇心が旺盛で、よく外に飛び出しては鳥や虫を捕まえて遊んでいます。
ある時は野良猫やご近所の飼い猫と喧嘩になり大けがをさせてしまった事もありました。
そんなやんちゃな猫ではありますが、私が勉強机に向かっていると決まって落ち着かないように私の足元をウロウロし頬ずりをして乗せてくれと懇願します。
私が、「わかったわかった」とピートを持ち上げ膝に乗せると落ち着いた様子でウトウトと眠りにつきます。

そんなピートですが私が成人になるにつれ病気がちになり、元気に外へ飛び回ることも無くなっていきました。
寂しくはありましたが相変わらず私の膝に乗ることだけは好きなようで、いつものように乗せてあげると満足げな顔で眠ります。

ある日仕事から帰ってくると妹が私にピートが朝からずっと起きないという事を伝えられ急いで居間に向かうと眠るようにしているピートの姿があり、さすっても声をかけても微動だにしません。
歳も歳だという事もあり諦めました。昨日はいつもどおり私の膝に乗せてあげた時はそういう予兆は感じられませんでした。察するに眠りと同時に逝ったのでしょうただ死に気づいてあげられなかったのが全てもの悔いです。

遺体はピートが良く遊んでいた庭の中央に埋めてあげました。
めったに泣かない私ですが、ピートとの思い出を思い出すと涙腺が熱くなります。
いろいろな事があったけど本当に愛おしく憎めない我がピートありがとう