愛犬と過ごした3年間はかけがえのない思い出。10年経っても後悔や悲しみが。

小学校1年生の時、母親の再婚で引っ越した時のことです。引っ越し先で初めてゴールデンレトリバーの「タロー」に出会いました。今までマンション住まいでペットとの生活に縁がなかったこともあり、これからのタローとの生活に胸をときめかせていたのを覚えています。それからは学校終わりに散歩に連れて行ったりもしました。
 毎年夏休みには母方の実家に数日間行くことになっていたので、小学校4年のその夏もいつものように数日間家を空けました(父と父方の祖母は家に残っていました)。楽しい時を過ごし、家に帰ると父がどことなく悲しそうな表情でこちらを見てきました
 「タローが今朝死んだ」
 私は父が何を言っているのかわかりませんでした。始めて会ってからまだ3年しかたっていません。これからもっと仲を深めていきたいと思っていたのに。最後の方は散歩もめんどくさがって散歩も毎日連れて行ってあげていません。タローのことをいろいろ考えているといろいろなことが頭に浮かんできます。そういえばタローが何歳なのかもわかっていません。私はタローのことをわかっているつもりで何もわかっていませんでした。今、思い返しても胸が締め付けられる思いがします。しかし、私以上に長い時を過ごしてきた父の悲しみに比べたら、まだまマシだったかもしれません。
 ペットの死は確かにつらいです。十年以上たった今でも思い返しても後悔や悲しみが出てきます。しかし、命の大切さを学び、優しさを知るといった体験ができるのも事実です。ペットとの生活は楽しいです。タローと過ごした約3年は僕のかけがえのない思い出としていつまでも残り続けるでしょう。