いつも一緒

私が結婚を機に、ヨーロッパのとある国に移住したのが15年前。
文化や風習言語、考え方や物事に対する捉え方が全く異なる民族と接していくうちに戸惑いから恐怖に変わり、外出するのが億劫になっていました。
そんな中、心から分かりあえる女友達が欲しいと思っていた矢先、毎日通っていたペットショップの店頭で、あおむけになりながら柵をガジガジ齧っていたイングリッシュコッカースパニエルの女の子を見て、体に衝撃が走りました。
冷静になろうと一度お店の傍を離れるも、どうしても彼女の姿が頭から離れない。
そういえば夕方会議があって帰りが少し遅くなると言っていた主人に電話をかけ、会議が始まる少しの間だけワンコを見に来る時間はないか?と尋ねてみたところ、なんと偶然にも会議がキャンセルになったとのこと。夫婦で速攻彼女をお迎えしたのは言うまでもありません。

彼女との生活の始まりは、ワンコと初めて暮らす我々には悪戦苦闘したものでした。
こちらの国ではドックランのような柵で囲まれたワンコを遊ばせれる場所が街の至る所にあるのですが、
6~7カ月になった頃からか、遊んでいたボールをピットブルや、ドーベルマンといった彼女よりも体の大きい子に奪われても、勇敢に取り返しに行くような気の強いところがあり、何度もヒヤヒヤする場面に遭遇しました。
もちろん他のワンコとの喧嘩もありました。
喧嘩を止めようと、咄嗟に2匹の間に足を突っ込んでしまった私の内ももには、おそらく彼女の牙が当たったのであろう丸い傷がまだ残っています。
そんな血の気の多い若いころはあっという間に過ぎ、
マイペースな中年時代が過ぎ、
昔の彼女はどこへ…と言わんばかりの穏やかなシニアになり。
彼女はすっかり3か国語を理解し、私のかけがえのない人生のパートナーになっていました・・・。

その時が来たのは去年の秋。
春に13歳を迎えてから今まで以上に食事と健康に気を使い、病院を極端に嫌がるので、主治医に定期健診に来てもらっていたのですが、主治医の度重なるミスがあり、慌てて専門医に担ぎ込んだ時にはもう手の施しようのない脳腫瘍でした。
無理な治療を続けても、回復は見込めず、心臓も悪かったのでもう病院から出れないとの事。安楽死意外に彼女を苦しみから守ってあげれる選択が無く、夫婦で泣きながらお空に送ってあげました。

何処へ行くのも彼女といつも一緒でした。
海や山、彼女が大好きな川には、もう行っていないところが無い!っていうくらい色々行きました。
思えば朝市へ行くのも、家具を買いに行くのも、日用品を買いに行くのも、洋服を買いにいくのも、いつも一緒。
物の一つ一つに彼女と一緒に歩いた思い出があり、彼女が傍に居なくなった今、部屋中に彼女の幻影を見て、まだ涙してしまいます。

美しく素晴らしい思い出と、何より真実の愛を教えてくれた彼女に感謝をしていますが、まだ口に出してありがとうとは言えません。
口に出してしまうと、彼女が逝ってしまった事を認めてしまうようで心が張り裂けそうになるのです。