苦しみながらなくなった愛犬。安楽死をえらんだほうがよかったのか自問自答。

4年前に愛犬を亡くしました。

もう18歳だったので、亡くなる1年前から認知症のような症状が始まり、最後の方は、ほとんど寝たきりの状態になりました。

寝たきりの状態はかなり長く続きました。足をバタバタさせたり、夜中に苦しそうに鳴いたりして、こちらもどうしていいかわからず、ただ膝に抱いて撫でてやることしか出来ませんでした。見ているのもせつなく、あまりにも可哀そうだったので、獣医さんに相談すると、「安楽死」という選択肢もある、というようなことを言われ、とてもショックで傷つきました。

その時は、「まだ生きているのに、飼い主の勝手で死を選ぶなんて」と思い、そんな発言をした獣医さんを恨んだりしました。

結局、安定剤、睡眠薬や痛み止めなどで、なんとか症状を抑えながら、けれど、次第にその薬もあまり効かなくなって、愛犬は苦しみながら、亡くなってしまいました。

愛犬が亡くなった後は、とても悲しくて、仕事や家事も手につかない状態が長く続きました。他の犬が散歩をしているのを見ると、自然と愛犬を思い出し、涙が出ました。テレビなどで犬の特集をしていると、愛犬を思い出すので、極力見ないようにしていました。

あれから4年経ちます。時々、写真を眺めては、愛犬のことを思い出します。そして、私たちの選択が正しかったのかどうか、自問自答しています。

あの頃は、「安楽死」なんてとても考えられず、獣医さんを恨んだりしました。けれど、結局、私たちの選択は、愛犬を最期まで苦しませてしまいました。「本当は、獣医さんが正しかったのではないか?私たちは自分たちのエゴで、愛犬を苦しませたのではないか?」答えはわかりませんが、そんなことを考えると、今でも涙があふれてきます。