5年経った今でも写真に手を合わせています

5年前の3月愛犬の「ぷー」を亡くしました。
ぷーは嫁が連れて来た犬で、結婚する前から遊んでいました。小さい頃から知っていたので家族同然で、自分にも馴染んでいましたし、ぷーの世話は自分が担当していました。

5年前の3月仕事中、職場に嫁から電話があり、突然ぷーが死んだと聞かされました。
一瞬何が何だかわからなく、頭の中が真っ白になったのを覚えています。

職場のスタッフにお願いして早退させてもらい家に直行しました。そこには箱に横たわったぷーが眠っていました。
人前で泣いたのは何年振りかわかりません。

嫁から聞かされた話ですが、獣医さんいわくお腹に腫瘍があったらしく、病院に着いた時は手遅れだったらしいです。

自分はその日仕事に行く時、家に誰もいなく、ぷーがイタズラしないように洗面所のなかに閉じ込めて家を出ました。少し嫌そうな顔で見送ってくれましたが、
それがぷーとの最後になるなんて思いもしなかったです。

その当時まだ娘も小さかったのであまり記憶がないらしく、たまに「ぷーどこ行ったの?」、「ぷーはもう帰って来ないような気がする」などと言われるとものすごく辛いです。

もういないぷーを今でも家族として娘が認識してくれている事は大変嬉しいですが、同時にぷーがいない寂しさを痛感します。

思い返せば、面倒くさくて散歩に行くのをサボってしまったり、トイレに連れて行くのを渋ったり、もっと遊んであげれば良かったなど、後悔する事が多々あります。

葬式の時、ぷーの小さい時の写真を見て、それまでの思い出が走馬灯の様に蘇って娘の前なのにも関わらず泣いた事を覚えてます。

家族を失うと悲しみが消える事は無いと思いますが、それでも写真に手を合わせてその日の報告をするとぷーが身近に感じます。