11年間一緒に暮らした金魚

忘れもしない1998年11月3日、私は東京都内の祭りで金魚掬いを行い、8匹の金魚と出会いました。8匹の内7匹はエアレーションの付け忘れで死なせてしまいましたが、残る1匹は他の7匹からいじめを受けていたので他の水槽に隔離しており、その水槽ではきちんとエアレーションを付けていたので無事に生きていました。

いじめを受けていたその金魚は内臓が見えるほど体がぼろぼろで片目が外傷によって白く濁っていたのですが、きちんと世話をした結果外傷が治り、最終的に11年生きました。

2009年の初夏の頃、その金魚はどこか様子がおかしかったのです。お腹が張っているので腸炎か何かかと思ったのですが、数日様子を見ている間に息を引き取りました。

最後の2、3年間は学校生活で忙しく、餌やりも1週間に1度まとめて食べさせるなどどこか投げやりになっていました。水槽掃除も3ヶ月に1回しか行っていませんでした。そんないい加減な私をあの子は黙って見守ってくれました。もっと丁寧に育てていればもっと長生きしたのかもしれないと、後悔しました。

命ある者はいつか死に行くと割り切っていたのですが、あの子が死んでから1週間ほど、夜中に目が覚めることがありました。しかし私が死んだあの子を埋葬した庭のある場所に草の芽が出たのを見て、あの子が私の怠慢な飼育を許してくれたのだと勝手に思うようにしました。

もしペットを喪って辛い思いをしているなら、どこかで「飼っていたペットが自分を許してくれた」と思うのが良いでしょう。もし私があの子とどこかでまた会えるなら「お前は幸せだったか?」と質問したいと思います。