海に流されそうになった子犬の命をお預かりいたしました!

今からちょうど8年前の初夏でした。柴犬のタロオスが亡くなったのは。少し赤茶色でちょっと間抜けな家族の一員でした。そこが超絶可愛かったんですけど。

寿命としては10数年生きたので長生きな方でしたが、その分家族として過ごしていた時間が長かったので亡くなった時の悲しみは相当深いものがありました。
今これを書きながらその頃のことが思い出されてしまい、正直胸が熱くなって涙が出てきそうになります。

さて、私がタロと出会った経緯は、こうです。
私の弟が幼い頃に友人から引き取ってきました。じつはタロはたくさん生まれた中の一匹だったので、元の飼い主が多すぎて育てきれないとのこと、そのまま海に流されてバイバイしてしまう運命にあったのでした。(非情な気もしますが)

丁度そんなときに元の飼い主さんが子犬を要らないか?と声をかけてくれたのがきっかけで我が家に来ることになったのでした。

そう、まだ目もあかないうちに段ボールに入れられて海にそのまま葬られそうになったんですよ。
たしかに、飼い主さんの立場になれば育てきれないし、責任を持てないならしょうがない面もあるなと同情する面もありますが。その話を聞いたうちの弟は早速、何匹かいた子犬の中から一匹を選びタロとなずけました。

選んだ理由は単純だったそうです、尻尾の尾っぽの一部がタロだけ白かったそうです。
例えるなら書道の筆先という感じですかね。

この世にある命には必ず死があります。死の瞬間に立ち会ったのは、私と父と母の3人でした。

実は、タロの具合が悪くなる前にちょっと3人で旅行をしようという計画が持ち上がっていました。
なぜそれが中止になったかというと、
母が「タロが具合悪そうで、万が一死んだら嫌だから、旅行はいつでも行けるから今回は家におろうや」といったからでした。

そんな母の直感はズバリ的中!数日中に急激に具合が悪くなってしまいました。
私たちは母の言ったとおりにしていたので後悔せずに済みました。

でも、最後の息を引き取るその時まで一緒にお別れができたのは本当に幸せでした。タロをひとりぼっちで死なせなくて本当に良かったと心から思います。
タロありがとうね。そしてさよなら。