愛犬と暮らした8年間と辛すぎた突然の別れ

出会いは私が小学生の時でした。
母親に連れて行ってもらったペットショップで一目ぼれしたのがミニチュアダックスフント。
犬が大好きだった私はすぐに「欲しい!」と言いましたが、家族が犬をあまり好きではなかったことから反対されました。3か月間、毎日家族に頼み込み何度もの家族会議の末、やっとのことで犬を飼ってもいいとお許しをもらいました。

数日後再びペットショップへ行き、ついに一番元気なミニチュアダックスフントを買ってもらいました。
帰り道、自分の腕の中にいる子犬とこれから一緒に暮らすなんて信じられない気持ちと幸せな気持ちでいっぱいだったことは今でも鮮明に覚えています。

見た目がチョコレート色だったことから「チョコ」と名付け可愛がりました。でもチョコと一緒に暮らすと、散歩やエサやり、排せつの処理やケージの掃除など、お世話することがたくさん。
それでも大好きなこの子だから大変でもがんばれました。家族もだんだんとチョコが好きになってきているのを子供ながらに感じていました。春にはみんなでお花見に行ったり、夏には水浴びをさせに川に行ったり。どんなことをさせたら喜んでくれるかな?と家族で計画するのも楽しみの一つでした。

そんな生活が8年続いたある日、高校生になった私が学校から自宅に帰宅したときでした。
母親に話があると言われリビングに行くとチョコがきれいに広げられたタオルの上で横たわっていました。明らかに異様な雰囲気を感じ取った私は一瞬でチョコがもう動かないことを理解しました。母親が震える声で車にひかれたことを伝えてくれました。突然のことで言葉も出ませんでした。

冷たくなった体に触れ、涙が止まりませんでした。昨日まで元気に遊んでいたのにどうしてこんなことになってしまったの?もう一緒に散歩することはできないの?明日から顔も見られないの?チョコがこの世界からいなくなるの・・・?いろんな感情がぐちゃぐちゃになって泣くことしかできませんでした。これが夢だったらいいのにと何度思ったことか。

つらいお別れをして数日間は何も食べられない状態でした。テレビを見てもどうしてこんなにみんな楽しそうなんだろうとボーっと考えていたように思います。日常からチョコがいなくなったことでまさに抜け殻状態でした。ほかの犬をみるとどうしてもつらい気持ちが増すのでテレビなどでペット特集などをするとすぐにチャンネルを変えていました。

数か月がたちだんだんつらい気持ちを乗り越えられるようになりました。特にこれをしたから辛くなくなったというのはなく時間が癒してくれました。これを書いている今でも思い出すと涙が出るので、一生チョコをなくした辛さは心のどこかにあるのだと思います。でもチョコと暮らした8年間は宝物で幸せだったことに変わりはありません。その日々を胸にこれからも生き続けたいと思います。