うちの子になって幸せでしたか?20歳で亡くなった愛猫

「子猫を拾ったのだけど、うちに前からいる猫と相性が悪いの。誰かもらってくれる人を探している」と友達が話してくれました。我が家は動物を飼ったことがなく、父親は大の猫嫌いでしたので、話を聞いてくれるはずも迎え入れてくれるはずもありません。

そこで私は友人に「子猫を箱に入れて家の敷地に置いて」と頼みました。敷地に入れば、安易に出すことはできないと思ったからです。そして無理やり家の中に入れ、そのままうちの子にしてしまいました。

子猫が来て、我が家は明るくなりました。毎日、どこかに傷をつけられたり、身体能力に驚いたり、人間の気持ちがわかっているのでは?と思ったり、とにかく仕草の全てがかわいくて、猫嫌いだった父も、朝食に鮭やアジが出ると、こっそりあげていたりしてました。

よく食べよく寝てよく遊び、猫は病気ひとつせず、20歳になりました。歳をとって、さすがに寝ていることが多くなりましたが、元気で毛艶もよかったです。

しかし、日に日に尿の量が多くなり、熱中症で体が震え出したので慌てて病院に連れて行きました。結果、点滴を打ってもらって熱中症は回復したのですが、腎臓が悪いとのこと。
飼い主として失格なのですが、猫の病気について全く知らず、また「うちの猫は病気しない」と過信していたので、びっくりしました。

その後、体調はどんどん悪くなりますが、猫の年齢もあり透析は耐えられないとのことで、皮下注射で輸液を毎日繰り返しました。具合が悪いのに、毎日病院に連れて行くことは、猫にも飼い主にも相当ストレスです。

1ヶ月くらい経った頃、先生から「いつ治療をやめるかはあなた次第」と言われました。寿命を私が決めるのです。泣きながら考えました。何も言わない猫にも「どうしたい?」と聞きました。
どうしたいかなんて全然わかりません。生きてほしいけど、辛いままなら人間のエゴでは?と思いましたし、エゴでもいいからそばにいてほしいとも思いました。本当にどうしたいかわかりませんでした。

猫はその間も細々と食事をしては吐き、を繰り返していました。なんとか自力で食べてほしいと思い、好きなものをペースト状にしたりいろいろな工夫をしました。それでも食べられない日が日に日に多くなっていきました。
そして3日間絶食して、突然かつお節をパクパク食べた後「もう満足」という顔をして猫がお皿を押しました。
そこでやっと私も「自力で食べられなくなったら治療をやめよう」と決意できました。

そこからは穏やかに自宅で家族と過ごしました。2日後、夜中に1時間近く痙攣し、大きく息を吐いて亡くなりました。
21歳になる少し前でした。

猫を飼ってから、何かの時のためにと猫名義の貯金を毎月していました。まだ40万以上あるのに使わないで逝ってしまいました。

どんな治療をしてもしなくても、後悔は残ります。
でも猫と過ごした楽しい日の方が圧倒的に多い。
たまには夢に出てこい。