ウサギがなくなってペットロスになった体験談

庭で飼っていて突然いなくなった愛ウサギ、悲しいより放心状態 15年たった今も帰ってくることはない 室内で飼っていればと後悔

小学2年生のから飼い始めた、ウサギのオレンジと、クロがいました。
出会いは両親が知り合いから貰い受けたところからです。
それまで、ペットを飼ったことが無かったため、その当時は大喜びで毎日のように餌をやるなど、世話をしていました。
しかし、小学生だった当時の私は、習い事をいくつかしていたため、
いつからかお世話をすることが少なくなってしましました。
それでも休みの日には、近くの河原へ行き、クローバーを食べさせてあげたり、姉と一緒に遊んであげたり、見ているだけでも、非常に癒される存在でした。
そんなある日、飼い始めてから6年目に、オレンジに子供が出来ました。
11羽生まれましたが、生まれた後の保護の仕方が両親共々分からず、結局生き残ったのは、
2羽でした。子供の名前は、シロと、ボラ。(クロと反対の名前、魚のボラに似ていたため)
そううち、クロ6か月したところで、原因は不明ですが、亡くなってしまいました。
ボラはすくすくと育ち、私の仲のいい友人に引き取ってもらうことになりました。

そんな、オレンジとクロとの別れは突然でした。
飼い始めてから3年経ったある日の朝、2羽はいなくなっていたのです。
なぜいなくなったのか、答えはすぐにみつかりました。
庭には何かに追いかけられたような足跡が付いていました。
私の家の近くは山があったので、両親はきっとイタチが持って逃げたんだ。と。

私は、悲しいというより、放心状態でした。
亡骸があれば現実を受け止めることができますが、何も残っていないといつか帰ってくるのではないか、
と期待している自分がしました。15年経った今でも帰ってくることはありません。

室内で飼っていたら…
もっと可愛がってあげていたら、と今でも思います。

後悔ばかりでしたが、その後は友人に引き取ってもらった、ボラを可愛がって
いました。
その後ペットは飼っていませんが、家族同様のペットを飼うことで、
命の尊さを知りました。

次出会う命があれば、オレンジ、クロ以上に可愛がってあげようと心に秘めています。