ネコがなくなってペットロスになった体験談

出会いがあれば別れがやってくるが現在ではネットで情報を調べる事でペットの病気等による死を回避する事ができるのでは?

30年以上も前の話ですが、私が小学生の頃に茶色い猫を飼っていました。

猫の名前はマルでした。

マルはペットショップで販売されていた猫という訳でなく
捨てられていた猫を私が拾ってきました。

当時親はペットを飼う事に反対していましたが、私のわがままを聞いてくれて
マルを飼う事ができるようになりました。

私が学校から帰ってくるとマルが玄関口までやってきて
ニャーと鳴き身体をスリスリしてきて非常になついてくれて
すごく癒やされいつしかかけがえのない家族の一員となっていました。

ただ、出会いがあれば必ず別れがやってきます。

ある日を境にマルの食欲がなくなってきました。

最初はちょっと具合が悪いだけで2,3日もすれば元気になるだろうと思って
あまり心配していなかったのですがそれが間違いでした。

その数日後の朝、マルの様子を見に行くとマルの肛門から腸が出て
出血していました。

私はパニックになりながらも親を呼び、すぐにマルを動物病院へと連れていき
手術をしてもらうことになりました。

手術は無事に終わり確か1週間後にマルを迎えに動物病院に行きました。

すると、マルは元気な姿を見せてくれて家に連れて帰って家族のみんなは
一安心したのですが、その3日後にマルは亡くなりました。

当時はインターネットもなく現在のように簡単に動物の病気やどんなエサを与えればいいのか等の
情報が入手できず本当に自分たちがマルに与えていたエサは正しかったのかという疑問や後悔があります。

焼き魚や、キャットフード等のエサで本当に良かったのか?
また、なぜ手術は成功したのにも関わらず3日後に急に亡くなったのか?

ただ、それまで家族の一員だったマルが亡くなった時に
私はものすごく泣きじゃくった事を今でも覚えています。

ペットを飼うという事は必ず別れがやってくるので
ペットへの愛情が強ければ強いほど辛い思いをします。

私はもうこのような辛い別れは2度としたくないのと
責任を持ってペットを飼う事ができないと思うので
マルが亡くなってからはペットを飼う事はありませんでした。