犬がなくなってペットロスになった体験談

土佐犬に噛みつかれ衰弱ししばらくしてなくなった愛犬 できることなら、もう一度会いたい

私が物心つく頃から、我が家では犬を飼っていました。

彼女は息子を産み、そして病気で亡くなりました。

息子である彼は、ずっと一緒に生活してきた、言わば、姉弟のような存在でした。

彼の小屋で寝入ってしまい、親からすごく心配されたこともあります。

それぐらい家族でした。

近所に住んでいて、土佐犬を飼っている人がいます。

まだ子供だった私は土佐犬は大きく、顔も怖く、いつも無条件におびえていました。

私が中学生のとき、いつものように私の家の近くを散歩してきた土佐犬とその飼い主。

力が強いのか、いつも軽トラで引っ張って散歩をしていたのですが、ある日、ふとした瞬間に、私の家のそばで土佐犬が離れてしまったのです。

すると、私の家の犬に襲い掛かってきたのです。

当然、体の大きさも違う彼は、首をかまれてしまいました。

私たち家族が気づいたのはかまれてしまった後。

父はすごく怒り、土佐犬の飼い主に文句を言いましたが、平謝り。

これが飼い主の対応かと、その時のことは今でもよく覚えています。

かまれた彼は、弱ってしまいました。

しばらくガレージの中で療養させていました。

私も学校へ行く前、帰ってきた後、逐一様子を見に行って声をかけていました。

徐々に体力も回復してきて、ガレージの中で動けるようになってきた彼を、父はすこしだけ外に出してあげました。

外に出しても必ず戻ってくるので、安心して離したのですが、その日はなぜか違いました。

家の前の森へ入っていく直前、彼は一度父のほうを見て入っていったそうです。

そして、その後彼が戻ってくることはありませんでした。

彼は自分の死を悟っていたのでしょうか、最後に父のほうを見たのは「ありがとう、ごめんなさい」と言っていたのだろうと父は言っていました。

今でも彼のことを忘れたことはありません。

できることなら、もう一度会いたい、生きて帰ってきてほしいと願わずにはいられません。