犬がなくなってペットロスになった体験談

原因不明の病気で亡くなった愛犬 しゃべることができれば、病院を代えておけばと後悔の日々

出会いがあれば別れはつきもの‥
そんなことわかってはいたけど、その別れの日が突然訪れると受け入れ難いものとして
心がなかなか現実を受け入れてはくれない。

我が家の2代目としてやってきた柴犬のサクラは東京生まれ。

自宅から2時間かけて迎えに行き、今まで一緒に暮らしてきた兄弟たちと別れることがわかってか、小刻みに震えていたのを今でも思い出します。

ようやく我が家にも慣れ、じゃれあって遊ぶ姿に愛おしさを感じていた頃。

甘噛みではなく明らかに手をガブっと本噛みしたのです。

瞬時に叱ったものの私のしつけ方が間違っていたのか以来、手を近づけると噛む癖がついてしまいました。

さすがに“これはマズイな”と思い、ネットで調べ出張トレーニングしてくれる人を探しました。

警戒心と恐怖心の強い柴犬でしたので、月1~月2回ペースの訓練も1年以上続きました。

その甲斐もあり噛み癖は改善し、ようやく穏やかなペットライフが始まりました。

しかし、その数か月後…原因不明の嘔吐が始まったのです。

動物病院へ何度も通院し服薬したけれど治る気配すらなく、ごはんも進まなくなりました。

「どうしたの?」と尋ねたところで苦しそうな表情を見せるだけ。

「ペットが話せれば、その苦痛を取り除いてあげられるのに‥」何度もそう思いました。

日に日に痩せていき元気がなくなっていく姿をみるのが辛くて、でもどうすることもできない無力さに、ただただ見守ることしかできませんでした。

そして別れは突然にやってきました。

朝ごはんも食べず、水も飲まず横たわるサクラ。

私が近寄ると立ち上がろうと力を振り絞り「キュ―――ン」と今まで聞いた事のない悲しげな声を挙げ、息を引き取りました。

「サクラ!!」何度呼び掛けても反応はありませんでした。

その日からというもの私は悲しみと後悔でいっぱいでした。

“あの時、他の病院を受診させればよかった”
“もっと散歩してあげればよかった”
出先で黒柴を見かける度にサクラを思い出し涙したものです。

居なくなってしまった喪失感を埋めることができずにいた頃、近くのブリーダーで黒柴が生まれたことを知り、我が家の3代目として迎えることになりました。

これもきっとサクラが導いてくれた運命だと思っています。