犬がなくなってペットロスになった体験談

愛犬を亡くした悲しみは「他犬」が救ってくれました

 3年前に愛犬が亡くなりました。

生後2カ月で我が家にやって来て、19年間も一緒にいた文字通りの「家族」です。

人間にすれば100歳ですから大往生と言えると思いますし、お陰様で大きな病気をした事もなく、安らかな最期ではありました。

 私には兄弟姉妹がおらず、一人っ子ですからメスの愛犬は唯一の姉妹にような存在でした。

旅行に行く時も、友人に家に行く時も、いつも一緒で、雑種でしたが大人しく頭も良かったので、誰からも好かれましたし、人間の事が好き、と言うより殆ど自分の事を人間と思っていたような節もあります。

 亡くなる4カ月前位から、みりみる体力が衰えて行き、「散歩に行くよ」と言っても嬉しそうに尻尾は振るのですが、ヨロヨロとしか歩けず、抱っこして外に連れ出していました。

 いよいよ食事もできなくなり、獣医さんのところに連れて行きましたが、老衰に逆らう事はできず、3日後に息を引き取りました。

看取ったのは唯一の家族である私一人です。

 人間の身勝手な考え方を知ったのは、愛犬が亡くなった時でした。

職場に「3日間で良いにで休ませてほしい」とお願いしましたが、「家族の喪ではないでしょ」と言われました。

それまでは「可愛いですね」「本当に家族ですよね」と言ってくれていた人達も、それとこれは別と言った対応で寂しさが倍増でした。

 1週間経っても、2週間経っても、思い出すと涙が止まらず、仕事中でも一度、頭に浮かんでしまったら最後、号泣寸前で、どうにか持ち堪える日々だったのですが、私は、思い切って違う犬たちと触れ合う事を実践して心が晴れるようになりました。

 休みの日は、ちかくのドッグランに行き、仕事帰りはドッグカフェに立ち寄って。

自分の愛犬ではなくても多くの犬たちと触れ合う事で少しづつ癒されて行きました。

 全く違う犬であればこそ、別の形で人間に愛情をくれて慰めてくれるものです。

 「早く元気になってね」と言ってくれているようで、見ず知らずの赤の「他人?」いえ「他犬」で、愛犬ロスを乗り越えられたと思います。