犬がなくなってペットロスになった体験談

愛犬の突然の事故死 しつけの後悔 行き場のない感情 受け止めるしかないが辛い

最愛のペットとの別れ、辛いですよね。

私は、正直こんなに辛いとは、思っていませんでした。

侮っていました。

やはり、人は体験したことでないと、想像力に欠けるのだなと、実感しました。

そんな思いをしたのは、つい最近のことです。

10月に入ってすぐのある日、四歳の娘と外に買い物に行って18時すぎごろに帰宅しました。

お風呂に入る前に、あ、忘れてた!と、スマホの電源をいれたときです。

(出掛け先で充電がなくなり電源が入っていませんでした)
すぐにラインが入り、確認しました。

それは実家の母から、17時ごろに入っていたラインでした。

ラッキーひかれちゃった

どうしよう何も考えられない

今相手の運転手と事情聴取うけてる

そんな内容でした。

私は、思わず叫びました。

お風呂から娘の声がします。

「ママ、まだーー?」お風呂に入る直前に見たそのラインで、私はいきなりのパニックになりました。

それからのことは、あまりよく覚えていません。

とにかく、娘がいるのにも関わらず、焦ってしまい
どうしよう、どうしよう、そればかり口にしていました。

ラッキーに出逢ったのは、高校一年生の時です。

私の父は、私が中学生の時に脳梗塞で倒れ、それから在宅で介護をしていました。

その時に見たテレビで、動物の奇跡のようなタイトルの特集がやっていました。

私と母は、これだ!と思いました。

犬か猫を飼って、父の回復を手助けしてくれないかと、そんな期待もこめて、ラッキーを飼い始めることになったのです。

ペットショップに行った父が、車椅子から一番最初に指をさし、最初から最後までずーっと抱っこして離さなかったのが、ラッキーでした。

ミニチュアダックスフントのオスで、当時は8か月でした。

売れ残りなので、安くします!と、ペットショップの人は言いました。

私達は、そんなのが信じられないくらい、一瞬でラッキーの虜になってしまいました。

今思えば、何かの縁で繋がっていたのではと思っています。

そして、ラッキーとの生活が始まりました。

私は、学校から帰るとすぐにラッキーの部屋に行き、躾を教えたり、芸を覚えさせたり、まるで我が子のように可愛がりました。

一緒にお風呂に入り、時には一緒に寝て、ラッキーがいる生活が、当たり前になっていきました。

社会人になり、なかなかラッキーと触れあえる時間もとれないなかで、休みの日には同期とラッキーの散歩をしたり、車でドライブに連れて行ったり、時間がないなかで少しでも触れあえるようにしてきました。

そんなとき、急に私の犬アレルギーが発症しました。

もともと猫のアレルギーは少しあったので、懸念はありましたが、まさかという感じでした。

そしてそれからというもの、可愛いのに触りたいのにたくさん触れ合えなく、ラッキーと距離ができてしまいました。

それでもなんとか、マスクをして触ったりなど、工夫をしながら散歩などには行ってました。

そして、22の時に私が結婚をし家を出ました。

すぐに子供にも恵まれ、たまに実家に帰ると、子供も一緒に今度はラッキーを可愛がりました。

本当に、みんなの癒しであり、愛する家族でした。

そんなラッキーの死を、私はどうしても信じられませんでした。

娘を寝かしつけ、夫が帰ってきてから娘をお願いし、私はすぐに車で実家に向かいました。

玄関をあけると、衣装ケースに入った、綺麗な姿のまま目を閉じているラッキーが、そこにいました。

本当に、寝ているようでした。

ラッキー、起きてよ。

なんで寝てるの?お姉ちゃん、覚えてるでしょ?ねぇ、起きてよ。

また首をかしげて、可愛く鼻を鳴らしてよ。

お腹を見せて、ゴロンとしてみせてよ。

どんなに呼び掛けても、反応しませんでした。

うちの実家の家の前の道路は、前にも何度かご近所の犬が車に跳ねられていました。

一方通行のその狭い道を、時速20キロであり通学路でもあるその道を、ほとんどの車はものすごいスピードで通り過ぎるのです。

母は、膝を悪くしており、ラッキーがリードを強く引っ張って走っていった時に、すぐに追いかけることができなかったそうです。

そしてものすごい音と共に、ラッキーが倒れこんだと。

即死でした。

車が悪いわけではありません。

飛び出したラッキーが、それを躾てこなかった私達が悪いのです。

けれども、20キロでどうしたら即死になるのか、まだ生きられたんじゃないか、そもそもなぜラッキーが、あんなに元気だったのに。

ごちゃごちゃな感情をどこにぶつけていいかも分からず、ただひたすら涙を流し、ラッキーに謝ることしかできませんでした。

守ってあげられなくて、ごめんね。

うちの家に飼われて、幸せだったのかな。

そんなことばかりが、心を埋め尽くしていきました。

翌朝も、起きるなり泣きじゃくって、娘を困らせました。

この文章を書いている今も、涙が溢れそうです。

まだ心の整理なんかできてなく、信じられてないかもしれません。

それくらい、辛いのです。

それでも、朝はやってきます。

目の前には愛する夫と守るべき子供がいます。

それだけが私の原動力であり、辛さを和らげてくれる時間です。

後悔など、数えきれないくらいあります。

ラッキーと一緒に行きたかった場所も、まだまだたくさんありました。

それでも、もうラッキーはいないのです。

それが現実であり、真実です。

それを受け止めて、後悔しないように生きていく努力をすることが、ラッキーへの償いであり、お悔やみになるのかなと、思っています。

きっと、私の父と共に、ラッキーも空から見守ってくれてると信じて、日々前を向いて歩いていきます。