犬がなくなってペットロスになった体験談

病気もないのに突然の愛犬との別れ 受け入れれずに反省の毎日 ありがとうと伝えたい

我が家の愛犬でトイプードルのモカとの出会いはショッピングセンターのペットショップでした。

愛くるしくゲージの中で愛嬌を振りまいていた可愛い子犬でした。

長女がモカを見てすぐにこのトイプードル飼ってみたい言い出して、結局、その日のうちに飼うことを決定しました。

お店で可愛い箱に入れられて我が家にやって来た時のことは未だに鮮明に覚えています。

すぐに我が家に慣れて、無邪気に室内を駆け回っていました。

そんなモカが亡くなったのは昨年12月末でした。

特に病気をしていた訳ではなく、前日までは元気に走り回っていたのですが、昼間に突然、ゲージの中で横たわり、苦しみ始めました。

すぐに、近くの動物病院に連れて行きましたが、すでに亡くなっていました。

先生によるとごく稀に突然死で亡くなる飼い犬がいることを知りました。

心臓か脳が原因だと説明を受けましたが、突然の死を受け入れることが出来ませんでした。

 自宅に連れて帰り、家族で手を合わせて成仏をしっかり祈ってあげました。

翌日にはペット葬儀社にお願いして、火葬してもらいペット霊園のお墓に入れてもらいました。

 家族が嬉しい時、悲しい時、いろんな場面を共に過ごしてきました。

会社の人間関係で深く悩んでいた時も、会社から帰ると何もかも分かっているみたいに、ずっと私に寄り添ってくれて慰めてくれました。

そんな優しいモカは家族にとってアイドルでした。

 あまりペットを飼った経験が無い方には気持ちはわからないと思いますが、10年ほど一緒に生活すると家族同然で、私は精神的に参ってしまい会社も2日程休みました。

 今でも脳裏に元気なモカが思い出され、辛い毎日を過ごしています。

「もっと、いろんなことをしてあげたら良かった」と反省の毎日です。

 もし、モカともう一度会えるなら、しっかり抱きしめてあげて、「ありがとう」って伝えたいです。