犬がなくなってペットロスになった体験談

一緒に成長してきて、安らかに眠るようになくなった愛犬

もう、 7年以上前のことです。

僕が生まれるよりも前からベスという犬がいました。

ベスは20年以上の生涯を過ごし、老衰でなくなりました。

ある朝いつものようにベスに「行ってきます」と挨拶をして家を出ました。

その時は、いつものように元気にしっぽを振って見送ってくれました。

そして、夕方いつものように帰って来るともうベスは、なくなっていました。

とても穏やかな顔でまるで眠っているようでした。

そして、次の日に火葬してもらいに行きました。

その時、涙が出そうでしたがぐっとこらえて、ベスを見送りました。

しかし、家に帰っていていつもベスごいた場所を見て、我慢できずに泣いてしまいました。

自分より年上で先に生きていましたが、一緒に成長してきて、家族の中でも一番仲良かったので、遊んだり、ご飯あげたり、散歩したりいろんな思い出がよみがえってきて、号泣してしまいました。

最後、死に目に合えなかったことを今でも後悔しています。

しかし、苦しまずに亡くなっていたらしいので、良かったかなとは思っています。

いつも、ベスがいた場所を見ると思い出して今でも泣きそうになります。

家族が亡くなるというのはとてもとても悲しいことなので、我慢しないで思いっきり泣く方が良いと思います。

亡くなっても、楽しかった思い出はなくならないので、今は悲しいという気持ちよりも、楽しかった思い出の方が思い出されて、ベスの分ももっと成長していけるようになりたいと思っています。

もし、またベスと会うことができるなら、大きくなった自分を見せて驚かせたいです。

今はまだ飼うつもりはありませんが、将来、犬を飼うときがあったら、また新しい犬とも一緒に成長していけるように、仲良く過ごしていきたいです。