犬がなくなってペットロスになった体験談

亡くなってから15年経つのに新しい仔は迎えれない 19年生きてくれた愛犬に今も感謝し続けている

もう15年近く前のことになりますが、実家にいた愛犬ロッキーが亡くなりました。

白内障と心臓病を患って、晩年はいろいろと不自由な生活を送っていましたが、19年という長い間、私たちと共に過ごしてくれました。

ロッキーは、父の知人から譲り受けた犬です。

その年祖父が亡くなり、みんなが寂しい思いをしている中、ロッキーはうちに来てくれました。

目をクリクリ動かしながら、黒い体で弾丸のように家中を走り回り、誰も追いつけませんでした。

家族に愛嬌を振りまき、すり寄ってきては、よく膝の上に顎を乗せて昼寝していました。

散歩に連れて行くと、最初は張り切ってズンズン進んで行くのに、途中で疲れたとでも言うように、コロンとひっくり返って抱っこをせがみました。

こんな、家族にとってはかわいくて仕方ない、アイドル的な存在のロッキーでしたが、15歳を越えたあたりから、急に具合が悪くなり始めました。

最後の1~2年は、ベッド代わりのバスケットの中で、一日のほとんどを過ごすようになりました。

亡くなる前日、獣医さんから「もう、いつ逝ってもおかしくない状態だから」と言われたそうです。

母は、枕元にロッキーのバスケットを運んできて、一緒に寝ました。

明け方にロッキーは、ひどく辛そうに鳴いて、そのあとすぐに亡くなったということです。

その時私は、社会人になり実家を出ていました。

実家にはたまに帰っていましたが、ロッキーの世話をなかなかできずにいました。

最後までしっかりそばにいてやれなかったことを、今でも後悔しています。

ロッキーが亡くなって半年ほどは、胸にポッカリ穴が開いたようで寂しく、とても心細い気持ちでいっぱいでした。

小さい頃からの、一緒に過ごしたロッキーとの出来事を思い出し、「あの時、ロッキーはきっと楽しかったはずだ、幸せだったはずだ」と考えることで、何とか心を落ち着かせ、日々を過ごしました。

そして、19年も生きてくれてありがとうと、天国のロッキーに語り掛けました。

今でも、感謝し続けています。

ロッキーの存在が大き過ぎて、新しく犬を飼うということを、未だに考えられないです。

でもいつか、そういう時が来たら、ロッキーに注いだのと同じぐらいの愛情をもって、迎えたいと思っています。