犬がなくなってペットロスになった体験談

愛犬の死にもっと可愛がらなかったのかと後悔 いつかは死ぬということを考えさせられた

2015年の夏頃
私が21歳の時愛犬、チビが亡くなった

自分が小学校1年生の時に家にやってきた、ミニチュアダックスのちび
生まれたての小さな体で家族みんなで
可愛がっていた

14歳という高齢だったのもあり
ずっと今年が最後かなと3年ほど言っていて、覚悟は出来ていたつもりだったけど、亡くなってしまうととても辛い

なかなか躾けがうまくいかず
すぐに吠えたり、時には?みつこうとしたりとヤンチャな子だった

それでも辛い時にはいつもそばにいてくれて、癒しをくれていた

小学生の時は散歩にも沢山いったり
公園で一緒に遊んだりしていたが
中学高校と大きくなるにつれて
外に一緒に遊びに行くこともなくなっていった

晩年はだんだん元気がなくなっていた

前までは家の中を走り回って
タオルやぬいぐるみで遊んでいたけど
いつからかそれもしなくなった

そうやって弱ってるのが
目に見えてても

毎日チビが家にいるので

心のどこかで
「まだ大丈夫でしょ」
と思っている自分がいた

ある時家に帰ると
いつものように寝ているチビがいた

しかし、すぐに様子がおかしいことに気づく。

息もあらく、とても苦しそうに
「ぜぇー、ぜぇー」と
息を漏らしている

ちょうど家族全員がそろっていて
家族に見守られながら
息を引き取った。

当時は身近な人が死ぬ経験などしたことがなかった

私にとって生まれて初めての
「死」という経験

なんでもっと可愛がって
やらなかったのか
なんでもっと散歩に連れて
行ってやらなかったのか

そう、後悔する毎日でした

生きてる限りいつかは死ぬ

こんな当たり前なことを
考えさせられる出来事でした

毎日顔をあわせていても
お互いいつ死ぬかはわからない

しっかり前を向いて
「今」を懸命に生きようと思ってます

チビは今、実家の庭で眠っています。

家族のことを見守ってくれているのかなと思います。