犬がなくなってペットロスになった体験談

愛犬の死後半年は気が張っていたが、納骨した瞬間フラッシュバックで涙が溢れその後うつ状態に 今は前向きになりつつ

18年前、動物管理センターの里親会に薄茶色で大きな耳が垂れている上目遣いの小さな雑種犬が檻の隅で震えていました。

先日亡くなった母はその子が気になって仕方なかったので我が家に連れてきたのがポンとの生活の始まりでした。

近くに人が居ると、お尻を誰かの足の上に乗せピタリと身体を寄せてくる甘え上手な男の子でした。

犬は切らさずに、ずっと飼っていた我が家でしたが、こんなにも性格の良い子は初めてでした。

とっても優しくて飼い主の言うことをきちんと守る頭のいい子でもありました。

食べるのが大好きでごはんやおやつだけでは飽き足らず、高齢になった時には毎日の散歩に出かけると落ちているゴミなども口にしてしまうほどでした。

去年の秋に、ポンを連れてきた母が病気で他界すると父も次第に元気を無くし、ポンにも元気が無くなって来てしまいました。

父が緊急入院することになったので私も忙しくポンを自宅で預かる訳には行かなかったのでペットホテルに一時預かりでお願いしました。

預けて1ヶ月後ほどした時にてんかん発作を発症し引きつけを起こすようになり3度ほど続いたある日そのまま亡くなったとホテルから連絡がありました。

引きつけを起こしたので可愛いはずの顔は少し強ばっていましたが18年も良く生きていてくれたと感謝でいっぱいになりました。

母の死に父の入院、自分の家族の生活がありますから落ち込んではいられない、としばらくは気が張っていましたが
納骨出来なくて半年間ずっと家に置いていたポンの遺骨を庭に埋めようとした時に、突然フラッシュバックしたように涙が溢れ止まらなくなりました。

いつも元気にしていた私が号泣してる??と子供たちは絶句で、かなりビックリしていたようでした。

1度溢れ出した悲しみは止まらず、食事を摂る量も減り、前向きに考えられなくなってしまいうつ状態になっていたのだと思います。

今は子供たちの笑顔で少しずつ前向きになってきました。

大切なペットを亡くして前向きになれない今があっても、一歩一歩進んでいけば必ず未来はあります。

天国に行ったうちのポンはきっと絶対に笑っている私を見たいと思っているので少しずつ元気を出していきたいと思っています。