犬がなくなってペットロスになった体験談

家の前でうずくまっていた愛犬 ガンの手術に成功したはずが突然の危篤状態で翌日息を引き取る 悲しみが一気に押しよせる

うちの愛犬のミニチュアダックスフンドの「チャコ」が、今年と10月に亡くなりました。

出会いは10年ほど前でした。

ある日、うちの家の玄関の軒下で、うずくまっていました。

そこで、警察に連れて行きましたが、飼い主は見つかりませんでした。

半年が過ぎ、うちで引き取ることになりました。

野良犬とは思えず、誰かが、捨てて捨て犬となっていたのだと家族、全員が思っていました。

年齢もわかりませんでした。

もちろん、名前もわかりまえせんでした。

そこで、名前をつけることとなり、毛並みが茶色だったため、「チャコ」と名付けました。

「チャコ」は、捨て犬とは思えないほど、人懐っこい犬でした。

基本的には、祖母以外は、働きに出ているため、祖母といっしょに平日はすごし、家に帰ってくると、「くーん、くーん」ないて、おねだりしてくる犬でした。

「チャコ」は、犬用のドッグフードを食べず、人間が食べているのを見て、食事を欲しがりました。

しかし、体には悪いようで、アレルギーがでて、とてもかゆがりました。

それでも、人間が食べるものを「くーん、くーん」と、ないてほしがりました。

しかし、だんだん目が悪くなり、目ではだれか判断できずようになり、匂いで誰かを判断するようになりました。

それでも、人懐っこく、来客をもてなし、みんなから、褒められるような犬でした。

しかし、今年に入りお腹にしこりができはじめて、一か所のみならず、複数か所できたため、動物病院に連れて行くと、癌だといわれ、手術しないといけないといわれました。

しかし、老犬だったため、麻酔ができるかをまず、調べられました。

そこで、麻酔に耐えられると、獣医にいわれ、癌の手術をしました。

手術は成功して、入院してから、帰れると獣医にいわれ、帰って安堵していたら夕方動物病院から、電話がかかり、「チャコ」が、危篤状態になり、自然呼吸が出来なくなったと言われました。

そして翌日、息を引きとりました。

火葬して、骨となりました。

むなしさや悲しみなど、いっぺんにおそってきました。

それでも、受け入れないといけないと、思いました。

生あるものは、死も直結するということを身にしみました。