ペットロスを克服した151人の体験談

54歳 男性 結局、月日の経過が解決してくれるしかなかった

当年、五十も半ばに差し掛かる男性です。

ペットはその大・小にかかわらず愛情を注げば、注ぐほど、懐いてくれて、可愛いものです。

しかし、その分、いなくなってしまった時の喪失感、悲しみも計り知れません。

今からもう40年以上も前のことです。

まだ、小学校の高学年だった当時の話です。

公団住宅に住んでいるので、犬や猫を飼うことは入居時の規約で禁じられていました。

それでも、私は兄弟や姉妹がいない一人っ子だったのと、生来、動物が好きだったので自分で世話をするという約束で親に頼み込んで飼ったのが、文鳥でした。

どうせ飼うのなら懐いてくれる雛のうちから飼いたいと近所の小鳥店に出向きました。

運良く、丁度、繁殖の時期だったので桜文鳥、白文鳥も含めて雛が沢山、売られていました。

それまでは、文鳥と言えば桜文鳥という固定観念があったのですが、「白文鳥」という清楚な響きと珍しさに惹かれて、白文鳥を飼うことにしました。

多くの雛が口を開けてピヨピヨと鳴いている中に一際、元気がよく、目が合った(と自分が思っていただけなのかもしれませんが)雄の雛を見て「この子にします」と店の人に言って、餌と飼育に必要な道具一式を購入しました。

店の人から飼育上の注意点と「雛のうちの今は、背中が黒いけど大人になるにつれて徐々に消えていきますからね。

可愛がってあげて下さい」と教えてもらいました。

子供ながらに今日から小さいとは言え、一個の命を預かるという責任を感じたのを今も思い出します。

犬には「ポチ」猫には「タマ」と名付けるように、安直ですが、「鳥」なので「ピーちゃん」と名前を付けて、その日からピーちゃんとの生活が始まりました。

ピーちゃんは家族全員に懐いていましたが、餌をやる私には、親だと思っているのか特に懐いてくれて、私の歩く後を追ってくるので踏み潰してしまいそうになって危なく、掌にのせて歩いていたのを思い出します。

半年くらい過ぎたころには店の人が言ったように背中の黒い羽毛もすっかり、とれて大人の白文鳥になりました。

それを機会に鳥かごを購入して雛用の藁巣から引越しをしました。

最初のうちは、環境が変わったせいか、かなり動揺してかごの中でバタバタと暴れていたのですが、10日くらいで慣れてくれて私も一安心でした。

今、思うと、強引な引っ越しをさせてしまいピーちゃんには、可哀そうなことをしてしまったかもしれません。

当初の約束通り、鳥かごの清掃、餌や水の取替えは全て自分でやり、必ずその際には、言葉がわかなくても話しかけてやりました。

勿論、こんなことは、こちらの自己満足かもしれませんが、こういうことで互いの信頼関係は強まるようです。

実際、話しかけると目を見て聞いてくれていたように思い出します。

文鳥にもちゃんと心はあるようです。

それから大事にしていたことが、もう一つあります。

それは。

日に数回の放鳥、つまりかごから出して思いっきり飛ばしてあげることです。

人間でも、毎日、家の中にいたらストレスも溜まるので、それは文鳥も同じです。

最初のうちは、嬉しそうに家の中を飛び回っているのですが、30分~40分もすると疲れてしまうのか、飽きてしまうのか、私が机で勉強をしている傍にいろいろとイタズラをしてきます。

他愛もないことなので特に怒ることもしませんでしたが、集中しないといけないときは、手のひらに乗せておくか、肩にのせておきます。

最初は、耳たぶを甘噛みしたりして遊んでいますが、そのうちに眠ってしまいます。

放鳥している時に台所で水を出して両手の中に水をためて「お~い、ピーちゃん!」と呼ぶとパタ、パタと飛んできて気持ちよさそうに水浴びを楽しむことなどもよくありました。

夕飯時に放鳥すると私の傍にきて、飯椀のふちにとまり、一緒に米の飯をついばむほど懐いていました。

今、考えると衛生上良くないのですが、雛の時からずっと飼っていたせいか、そういうことは気にもしなかったです。

中でも忘れえぬ思い出は、モフモフです。

両手の中に乗せて私の鼻先でピーちゃんの背中を撫ぜることです。

適度なモフモフは、付き合ってくれますが、あまりしつこいと怒ります。

それでも、可愛いのでついついやってしまいます。

こんなに可愛いピーちゃんとの生活も徐々にお別れの日が近づいてきます。

文鳥の寿命は平均して、6年~7年くらいと言われています。

鳥も人間と同じで年齢を重ねると動作も鈍く羽の艶も何となく冴えなくなるようです。

それは、高校2年の冬の頃です。

その日も何時通り、登校前に餌と水を取替えたのですが、ピーちゃんは、何時にも増して動作が緩慢で元気がなく見えたので、得も言わぬ不安を抱えながらも登校しました。

その日は、授業が終わるとピーちゃんのことが心配で早々に帰宅の途につきました。

帰宅して直ぐに「ピーちゃん、ただいま。

大丈夫かい?」と不安げに話かける私にピーちゃんは、何時もと変わらずに喜んでかごの柵の飛びつき私の帰宅を喜んでくれました。

「朝の元気がないのは、杞憂に過ぎなかったのか」と私は胸をなでおろしました。

手を洗って早速、ピーちゃんを放鳥してあげました。

年をとってからは、若いころのように派手に飛び回ることもなく直ぐに私の肩に止まったので手の上に乗せて「朝は、心配したよ」と話かけて背中を優しく撫でました。

ピヨ、ピヨと鳴いて、指先を甘噛みしたりしていたのですが、疲れたのか、安心したのか、ピーちゃんはそのまま、眠ってしまいました。

しかし、それから、5分くらい経過しても全く、動かなくなってしまい、「ピーちゃん!」と呼びかけても反応しません。

私は、動揺して、「お母さん、ピーちゃんが大変だよ!」と母を呼びました。

母も飛んできてピーちゃんも手の中に抱いてみましたが、「あっ…ピーちゃんは死んでいるよ!」絶句しました。

私は頭の中が真っ白になってしまいました。

さっき、まで自分の手の中で生きていたピーちゃんが死ぬなんて…信じられない!私は、震える手で母の手からピーちゃんを受け取ると「ピーちゃんのバカ、親よりも先に死ぬヤツがあるかっ!?」鳥の寿命はわかってはいましたが、動揺のせいか私はこんなわけのわからないことを口にしました。

それを見た母が、「ピーちゃんは、お前が帰って来るまで待っていてくれたのだろね。

そして お前の手の中で旅立って行きたかったのだと思うよ」といいました。

これを聞いて、私の目から涙が止めどもなく溢れてきました。

只の偶然だったのかもしれません。

しかし、もし、母が言うように私の帰りを待って旅立って行ったのだとしたら犬や猫よりも遥かに小さい生き物なのに飼い主への恩義を忘れずにいたのかと思うと胸が締め付けられるようです。

今、この文章を書いている時ですら、当時のことを思い出すと言いようのない悲しさと苦しさが、こみ上げてくるようです。

「ピーちゃん、ありがとうね、ピーちゃん、ありがとうね…」私は、何度もつぶやき、手の中の動かなくなったピーちゃんに最後のモフモフをしていました。

ピーちゃんの体はまだ温かく、「ピヨ」という愛嬌のある声で起きだしても不思議ではなかったです。

ピーちゃんを亡くしたダメージは大きく、主のいない鳥かごを見る度に言いようのない喪失感に駆られ、「もっと暖かい場所に移してやればよかったのか」「老衰だとしても動物病院に連れていけばよかったのか」色々な思いが頭を交錯していきます。

結局、立ち直るのには、1ヵ月ほども掛かってしまったように記憶しています。

月並みなことですが、ペットロスから立ち直るには、月日の経過が解決してくれる「日にち薬」しかないようでした。

もし、ピーちゃんにもう一度、会えたなら飼い主として、健康管理がいまひとつ行き届かなかったことを詫び、そして、自分が帰ってくるまで頑張って、待っていてくれたことに心からお礼を言いたいです。

もう直ぐ、ここの公団住宅も建替えになりますが、ピーちゃんは、家の前にある小さな花壇で今も眠っています。