ペットロスを克服した151人の体験談

33歳女 母が突然新しいうさぎを買って来たことでペットロスが軽減

まだ完全にというわけではありませんが、ペットロスは解消されつつあります。

私は30代の女性で、20代の頃から飼っていたうさぎを去年の暮れに亡くしました。

死因は癌で、見つかった時はもう癌が大きくんってしまっていましたが、早期発見したとしてもうさぎの手術というのは非常にリスクが高い為、手術をしたからと言って良くなるとも限らないそうです。

見つかった時は何もしてあげることが出来ず、下痢をしていたので下痢止めの薬を飲んでお尻をキレイにするくらいしか出来ませんでした。

癌であることがわかって一ヶ月後くらいに亡くなってしまったので本当に辛かったです。

まず私がペットロスを解消する為に初めに行ったことは、ハンドメイドの作家様にうちのうさぎをモデルにしたマスコット人形の制作を依頼したことです。

マスコットを作ってもらうことで大好きだったうさぎと過ごしている気分になれるのではないかと思ったからです。

しかしそれだけでは全然解消されませんでした。

私の場合、ペットロスを自分で解消したというよりも突然解消せざるを得ない出来事が起きたのです。

それは母親が新しいうさぎをホームセンターで買って来たことです。

連絡もなく突然買って来ました。

私はもっと落ち着いてから欲しかったし、飼う時は自分で選びたいと思っていました。

それなのに勝手に飼って来てしまったのです。

その時点では前の子が忘れられなくて仕方がなかったのですが、新しく来たうさぎと触れっているうちに少しずつペットロスを解消することが出来ました。

前のうさぎと性格も全然違いますが、前のうさぎはしてくれなかったペロペロ舐める行為などをよくしてくれます。

その他にも私は仕事打ち込みまくることでも辛い気持ちを軽減させることも出来ました。

仕事をしていた方がペットがいなくなったことなど余計なことを考えなくて済みます。

ペットロスで悩んでいる方は思いきって新しくペットを家族として迎えるのもいいかも知れません。