ペットロスを克服した151人の体験談

42歳・女・とことん哀しみを認めることで解消できる感情

40代女一人暮らしです。

15年間連れ添った愛猫との別れを数年前に経験しました。

一人暮らしと共に飼い始めた、初めての家族です。

楽しい時も寂しい時も、常に一番側にいてくれました。

しかも息を引き取ったタイミングは、私の一泊2日の外泊中でした。

特に悪いところはなく、老衰でした。

死に目に立ち会えなかったこともあり、かなり落ち込みました。

持病はなかったとはいえ、年老いた相棒を一匹残して外泊した自分を責めました。

なんとか仕事には行っていたものの、誰とも会う気にはなれず、仕事の休憩中などふとした瞬間に泣いてしまいそうになるのを堪えることもありました。

「帰ってもいない」そのことに慣れるまでに時間がかかり、帰宅する時間が一番憂鬱でした。

そんな時、同じく愛猫家の友人から、「無理をしないで。哀しむべき時には、ちゃんと哀しんで」と言ってもらえたことに、とてもホッとしました。

いいんだ。

今はとことん哀しんで、落ち込んで、それでいいんだ。

そう腹をくくって、その日から私は正々堂々と亡くなった家族との思い出に浸りながら生活を、するようにしたのです。

まず最初に、スマホに撮りためていた写真で、フォトブックを作りました。

今はアプリでとても綺麗に仕上げてくれるサイトがあります。

次に愛猫専用のインスタグラムのアカウントを作りました。

そこには愛猫との思い出の写真をたくさん更新しました。

同じくペットロスを経験した多くの先輩たちとつながることができたのは、大きな励みになりました。

最後に、愛猫仲間相手に亡くなった家族の思い出話をたくさん聴いてもらいました。

とことん過去の話に付き合ってくれた友人には、本当に感謝しています。

このような行動を集中して半年くらい行いました。

すぐに他の家族を招き入れることもなく、猫カフェやペットショップに足を運ぶこともしませんでした。

あくまでも過去に時間を止めて過ごしたことに、結果私を少しずつ正常な自分に戻す意味がありました。

ちゃんと死を悼むこと、ムリして前向きにならないこと、とことん落胆している自分を認めてあげることで始めて、愛しいペットの死を受け入れられるのだと思います。

あれから2年以上たった現在、我が家にはまだ新しい家族はいません。

猫カフェやペットショップにはたまに行きます。

でもあの時のように、心が揺さぶられような痛みからは解放されました。

もしもペットロスで悩んでいる方がいれば、どうか無理して早く立ち直ろうとしないでほしいです。

心の回復を焦る必要なんかなく、もっと立ち直れない自分を認め尊重してあげてください。

そうすればいつか必ず、ちゃんと自分が生きることを優先にできる日が来ます。