ペットロスを克服した151人の体験談

32歳女 最愛であるデグーマウスとの死別から立ち直ったブログ

私がペットロスを解消した内容としまして、私は、30代前半の専業主婦であるのですが、私は、ハムスターやデグーマウスなど、掌サイズのペットを飼うのが非常に好きで、毎日ハムスターやデグーと掌に乗せて遊んだり、楽しく話しかけたりしております。

中でもハムスターよりも一回りか二回り大きいデグーマウスにつきましては、寒冷地の高原に生息する生き物であるのですが、暑いのが大の苦手で色々対策もさせて頂いているとこなのですが、まず名前を付けて呼んであげるとすぐにゲージごしに、鼻をクンクン擦り付けて餌をねだるポーズをするのです。

これがたまらなく可愛くて毎日名前を呼んで餌を上げるような形で、名前を呼んでおります。

時にはゲージから出たい素振りを何回もするのですが、その度に定期的に部屋の中を閉め切って遊ばせるようにしております。

糞も全然気にならない位の草の臭いで、ペットとして飼うには自分の中でかなり上位の生き物であると思っております。

そんな愛用のデグーマウスですが、非常に可愛がって毎日話しかけていたのみも関わらず、突然息絶える形になってしまいました。

私はそれが悲しくて溜まりませんでした。

家族同様で接してきた形でありましたので、急に居なくなられるような形で、家族を亡くした失意に陥れられた感覚に失意のどん底に陥ってしまいました。

そんな急なペットロスにより私を窮地から奮い立たせてくれたのは、とあるWEBサイトの閲覧内容でありました。

私以上に、赤ちゃんの頃から触れ合ってきた愛犬と急に死別するような形でペットロスになってしまった方でも、悲しんでいるだけでは何も始まらないとまた、同じ犬種の犬を飼うことでまた再び愛せるようになったと言う記事を見て感涙ものでありました。

ここから再起してまた新たに新しいデグーマウスを飼わせて頂く形になり、同様に愛せるようになり、ペットロスから解消される形になり、ブログを作って下さった方には大変感謝しております。