ペットロスを克服した151人の体験談

34歳女ワタシがペットロスから立ち直れたきっかけ

こんにちは。

私は関西在住の34歳です。

私がペットロスから脱出出来たきっかけは、ズバリ『恋愛』です。

私は今年の2月に10年飼っていた愛犬を亡くしました。

動物は飼った時点から、ペットとの別れ(死)を覚悟する事が伴ってきます。

正直、新しく家族を迎えた時はそんな事まで考えず、これから始まる楽しい生活にドキドキワクワクしてしまいます。

もちろんそれで良いと思います。

しかし、来るべき時はいずれやってきます。

私と犬の別れは突然でした。

前日まではご飯も食べ元気だったのに(夜から調子が悪くはなりましたが)、次の日の朝方に亡くなっていました。

本当に犬がなくなってからの生活は、辛さを通り越し地獄でした。

犬は基本、私の部屋で私と一緒に過ごしている事が多かったので寝るときも一緒でした。

しかし犬が亡くなった夜は寂しくて寝れず…朝起きればいつもいるはずの犬がいない…仕事に行く時はいつも見送りがあり、仕事から帰れば餌が欲しいのか(笑)ギャンギャン泣きながらのお出迎え。

一つ一つ犬がいないことに泣いていました。

食欲はなく、ビールばかりを飲む生活。

冒頭で動物を飼った時点から別れ(死)を覚悟する事が伴ってくると書きましたが、私はその覚悟が全く出来てなかったんです。

ペットの死を受け入れる余裕は当時全くありませんでした。

私は以前からいわゆる、マッチングアプリを利用していました。

利用していた目的はやはり出会いが欲しかったというのが1番の理由です。

しかし、犬が亡くなった直後は誰かとやりとりをする気にもなれず、私はアプリを全く開けていませんでした。

犬が亡くなって1週間が経っても辛い気持ちが消えることはなく、しかしこの寂しい気持ちをどうにか紛らわしたいという気持ちで私はアプリを開けてみることにしました。

ある日、私は仕事のお昼休憩の時にアプリを開けたら後に付き合う事となる彼と出会いました。

彼は私と同じ居住地で年齢も一緒でした。

そんな事ですぐ意気投合し、やりとりが始まりました。

彼とやりとりをしていると、本当に辛いことを忘れさせてくれ私の心の救いとなりました。

彼と付き合う事となり、彼と過ごす中で犬がいない辛さで泣いたりするようなことはなくなりました。

結局、その彼とは残念ながらお別れしてしまったのですが(笑)あの時、彼と出会えて私を地獄から救ってくれたのは間違いなく彼でした。

犬がいない事は今でも寂しいです。

でも今は現実を受け止めれるようになりましたし、また素敵な出会いがあればという気持ちで一杯です(笑)大切な何かを失ったショックは本当に辛いものです。

立ち直るのも安易ではありません。

私は恋愛がきっかけで立ち直る事が出来ましたが、本当にふとした時に立ち直れるきっかけが出来ると思います。

今もし、何かに落ち込んで辛い思いをしている方がいるのなら、焦らずでいいので自分に諦めないで下さい。