ペットの供養の体験談

63才男猫動物を供養するお寺単独で火葬して遺骨を持ち帰った

現在63歳の男です。

結婚は52歳だったので、一人暮らしは長かった。

彼女(猫)と会ったのは、45歳の時。

会社の事務の女性が、「お墓で猫拾ってきたけど、飼わない?」と言ってきた。

普通に、猫飼わない?と言われたら、当時のアパートは動物を飼ってはいけないところだったので、断っていただろう。

ただ、お墓で・・という言葉が引っ掛かった。

今までたいして立派な生き方をしてこなかったので、今までの謝罪の意味も込めて、飼わなければいけないような気がした。

それで、いいよと返事をしてしまった。

彼女が初めてアパートに来たのは、生まれて2ヶ月程の時だった。

独り住まいが長かったこともあり、部屋の中で、自分の意志とは違う動きをする彼女は、不思議に思えた。

一緒に寝たかったが、圧迫してはいけないと思い、ダンボールで寝床を作った。

2年程経つと、意思疎通ができるようになる。

何を言っているかがわかるようになる。

猫を飼っていいアパートに移ったり、健康診断をしたり、彼女のためにいいと思うことを優先した。

6年程したある日、彼女は、血栓症になり、下半身が動かなくなった。

病院の先生に言われた。

覚悟して下さい・・と。

もうひとつの病院では、今まで手術をして助かった猫はいない・・とまで言われた。

色々と調べ、血栓を溶かす薬を血管投与する方法を選んだ。

1ヶ月程入院をしたが、その時営業の仕事をしていたので、時間をごまかしながら、毎日会いに行った。

その費用も、ボーナスを前借して工面した。

奇跡です・・と先生に言われた。

彼女は右後ろ脚の足首を切断はしたものの、命は取り留めた。

その後3年間、彼女は元気に私と暮らした。

動物を飼ったことのある人は、判るだろう。

動物とはいえ、家族となんら変わらない。

その当時、よく友人に語っていた。

となりの親父が死んでも泣かないが、こいつが死んだら泣くよ・・と。

単独で火葬をして、骨はしばらく転勤ごとに持ち運んだ。

そして、お墓に埋葬した。

彼女には、色々と教えてもらった気がする。

その一番が、奇跡を見せてくれたこと。

奇跡は起こるんじゃない。

起こすんだ・・と思っている根拠は、ここにある。

猫に関わらず、動物を飼おうと思っている人がいるなら、こう伝えたい。

人も動物も変わらない。

生き物に誠実に向き合うこと。

それはきっと、自分を成長させてくれるはずだ。

人と動物では、仏教では格差があるようだが、私には、そうは思えない。

人なんかより、ずっと動物の方が偉く思える時もある。

だから、人も動物も変わらないと考えている。

後悔したこと・・もう20年も経ったから、薄れてきているけど、もっと沢山、何かをしてあげられたかな・・かな。

けど、彼女に会えて、本当によかった。

今も写真に向かって挨拶をしている。

ありがとう・・ってね。