ペットの供養の体験談

22歳の時に買ってた犬をご先祖さんと同じ敷地の慰霊碑に

47歳女性子供のころにおばあちゃんおうちに柴犬が来た!可愛いから欲しいというとおばあちゃんは犬をくれました!毎朝早くからクンクン泣くので私が朝早くから外へ連れ出し遊んでいました。

15年の月日がたち老犬になってしまった、目も見えず、耳も聞こえずの状態!いつも脱走をしまった、近所を走っているのを見かけると保護していました。

段々歩けなくなってき、ご飯も食べなくなってき、病院へ連れていくも車が嫌いなので車に乗らずなかなか大変でした。

老衰ですね!私は一生懸命ポカリスエットをがーぜにしみこませ飲ませていました。

可愛くて仕方がなかったので毎日お世話しましたが、ついにいきを引き取ってしまいました。

その時感じたことは私は絶対動物を飼わない!そこからがまた大変で、保健所に引き取りに来てもらうのか自分たちで火葬場へ持っていくのか?家族内で揉めましたが私が車運転できたので、箱に入れてお花をいっぱい飾っておばあちゃんと私の一歳に息子と一緒に火葬場まで!火葬場へ自分で運ぶほうが安いのと、おじいちゃんが眠っているお墓の敷地内にある動物の慰霊碑の中にお骨を入れてくれると言うのでお墓に来た時におじいちゃんのお参りが終わってからペットの慰霊碑に行き元気ですか?と声をかけるようになりました。

本当に大好きな犬が死んじゃった!その子は女の子なのに一度も出産経験がなかった!一度くらい女の子だから出産もさせてあげたかったなー!アドバイスとしては生き物だから必ず死んでしまう、その時にどこのお墓がいいか、できればおすすめは近くで手軽に行ける霊園がいいですよね!家はおじいちゃん、私のお母さん、おばあちゃんが眠ってるお墓なので何時でも行って上げれる。

やはり人間も年を取るので近場がいいなと考えています。

後は悲しいから動物は絶対買わない!それをうちの家では実行し、人のおうちの犬や猫をかわいがるようにしています。

しかし、今まさに買いたくなってきてる衝動がある、親子です。