ペットの供養の体験談

39歳女性 愛猫とペット供養寺で永遠のお別れ 次の命を救いたい

はなちゃん。

忘れたくても忘れられない私の愛猫。

仕事で生き詰まって、毎日追い詰められていた29歳の頃。

このままいまの会社でいいのか、それともスキルアップのために転職したほうがいいのか。

毎日、悶々としていた私に運命の出会いがありました。

仕事が休みの土曜日、マンションでずーっと鳴き続ける猫の声が聞こえます。

その声は悲痛で聞いていて胸が苦しくなるくらい。

まるで「助けて~、誰か」と、言っているようでした。

鳴き声のする階までマンションの階段を下りていくと、猫がいました。

床に伏せっておびえたように鳴き続けています。

引っ越しに連れてもらえなかったようです。

私はその猫を自分の猫にすることにしました。

それがはなちゃんです。

はなちゃんはすぐに私に懐きました。

まるで赤ちゃんのように私に懐いたのです。

当時、独身だった私は完全に母親気分でした。

母になり、守るものができた私には強い気持ちが生まれ、転職をする勇気が湧きました。

結果、転職に成功。

はなちゃんが私の背中を押してくれたんだと思います。

はなちゃんとの愛にあふれた日々はとても幸せでした。

寝るときはいつも一緒。

私の腕に頭を置いていつも寄り添って寝ていました。

モフモフの毛が暖かく、気持ちよかった。

しかし、はなちゃんとの幸せな日々は長くは続きませんでした。

もともと腎臓が悪かったようです。

1週間に1度、点滴をしても失った腎機能は元にはもどることなく、少しずつ、少しずつ、はなちゃんは弱っていきました。

最期は病院のベッドでした。

深夜、病院に呼び出され、心臓マッサージをうけるはなちゃんをただただ、茫然と立ち尽くして祈るような思いで見ていました。

でも無常ながら、心電図は棒一直線になってしまいました。

予期はしていたものの、涙は止まりませんでした。

悲しみに暮れている私にとって、唯一の救いは、荼毘に付したお寺さんでのご住職のお言葉でした。

「愛されて幸せだったと思いますよ。

」そう言っていただき、救われた思いがいたしました。

飼い主さんは皆、「自分のところに来て、この子は本当に幸せだったのか?」と後悔の念を抱くと思います。

もっと、遊んであげられたんじゃないか。

もっとおいしいものをあげればよかったんじゃないか、、、、でも、精一杯の愛情を注ぐだけで十分なのではないでしょうか。

精一杯、愛したと思えれば、お亡くなりになった動物も幸せに旅立てるはずです。

そして、泣いている暇があったら、「ママ。

次の子を助けてあげて」と言っているのではないでしょうか。

私はすぐに保護猫譲渡会に行き、新しい猫を譲ってもらいました。

はなちゃんのことは忘れない。

だからこそ救う命がある。

私はそう思っています。