ペットの供養の体験談

32歳女 市の火葬場で焼却してもらい無事送り出せ、弔えました

私は、田んぼや畑に囲まれた田舎に住んでいます。

毎年冬になると、家の車庫の2階では猫が冬を越しているようでした。

追い払うのも可哀そうなので、毎年静かに見守っていました。

春になる頃には自然と出て行き、冬になるとまた違う猫が来る。

そうして家の車庫は、猫たちに利用されていました。

ある暑い夏の日、フラフラと歩いている猫を見つけました。

家の2階で暮らしていた猫の内の1匹で、見覚えがありました。

餌も無くて、困っているように見えました。

私が夜に散歩に出ると、その猫と鉢合わせしました。

猫はぐったりとしていて寝ていました。

私は「家来るか?」「家おいで。

」と話しかけました。

猫は驚いて逃げて行きました。

その次の日くらい、本当に家に来たのです!元々車庫で暮らしていたというのもあるけれど、今度は逃げないでジッとしていました。

私はお菓子をあげました。

見ているうちは食べなかったけど、どうやら食べたみたいでした。

次の日から私を見つけては甘えて離れず、「にゃーにゃ―」言って付いてきました。

飼う事にしました。

猫を飼うのは初めてでしたので、トイレの用意も分からなかったです。

外と家を自由に出入りできるようにしていました。

最初の内は車庫で飼っていました。

ベッドを作ってあげて、ごはんもそこであげて。

でも、寒くなって来たので冬の内は家の中で飼っていました。

猫友達もいたみたいでよく他所の猫が家に尋ねて来たし、家の猫もどこかに出掛けている様でした。

でも、夜ご飯の時間には帰ってくるという生活を続けていました。

時々どこかの家に閉じ込められて1日帰ってこないという事があって、その時はとても心配で眠れなかった物です。

「どこかで死んでるんじゃないか」と思って、泣きました。

心配なので私は完全室内外をしたかったのですが、母が外に出したがってダメでした。

「猫が外に出たがってる」「かわいそう」と言って、外に出していました。

心配していた事が起こってしまいました。

ある日の夕方、帰ってこないので探しに行きました。

家の前の道路で轢かれていました。

私は泣きました。

こんなに悲しいことがあったでしょうか。

次の日、市役所に電話をし火葬の予約をしました。

遺体を残しておくのはとても可愛そうで、すぐにでも弔ってやりたかったからです。

ペット用の焼却場で弔ってやりました。

49日過ぎた時、家の庭にお墓を作って埋葬しました。

名前と無くなった日を石に刻み、毎年命日には線香をあげています。

やっぱり、室内飼いにするべきでした。