犬猫などペットの葬儀の体験談

私と暮らした家族のウサギ

わたしは今は一人で暮らしてますが、この文章に関わるペットとの出会いは、一番下の娘がまだ高校性の時にチンチラを飼っており、とても懐いていたのですが、ちょうど引越しが重なり、体調を崩しているのがわかりながらなかなか病院に連れていくことができず、ある程度引越しの荷物が落ち着いたところで様子をうかがうと、ぐったりしていたため急いで病院に連れて行きましたが、かなりの衰弱のため命を落としてしまいました。

そのチンチラは4年ほどの家族でしたが、娘と泣きながら動物霊園に行ったことを覚えています。

今回はそのあとに、もうペットは飼わないと決めていながらも、娘とペットショップに行き、その時に出会ったロップイヤーにウサギの赤ちゃんでした。

掌に入るほどの大きさでとても人懐っこく、じっとみていると、ほぼ衝動買いのような状態でうちにやってきた家族でした。

初めてのウサギに戸惑いながらも前回のチンチラの二の前は踏まないように、体調管理には常に気を使い育てていきました。

とても賢い子で取れも覚え、おもちゃも持ってきてくれるような可愛い男の子でした。

それから月日はどんどん過ぎていき、10年が過ぎ娘にも子供ができ、わたしとウサギとのふたり暮らしが続いていました。

ウサギも10歳になり、人間でいうと90歳ということでしたが、それまでにも特に大きな病気もせず元気に育ってくれていました。

ただだっこが嫌いなため爪切りができずに定期的に病院には行っていました。

それがかえってよかったのか病院の先生も体のことをよく知ってくれており、相談しやすかったです。

9歳くらいから高齢なため寝ていることが多く、排せつもあちこちにするので、大きめのケージにして自由に歩き回れるよう段差に階段もつけ骨折にもきをつけていました。

10歳になったころ消化不良から食欲がなく排便が無くなったので病院に連れていき、消化薬と点滴を受けて帰ってきました。

少し脱水があったのでもし連れてこれるなら3日ほど続けてきてといわれましたが、立つのもやっとだったのでそのまま延命することをやめ、ベッドの横で添い寝しそのまま息を引き取りました。

危篤状態が続いていたので葬儀屋さんに連絡を前もってしていたので、もしかしたら聞こえていたのかもと思うとかわいそうなことをしたと思います。

その日夜勤があったので、娘が止まることになっていましたが、娘が帰った10分ほどの間に 私の手の中で逝ってくれたので、寂しいですが最期は隣にいてあげられたことはとてもよかったと思います。

ペットはしゃべれないので人間が常に様子を観察してあげないと、わざと元気なふりをして体調を隠します。

しっかり見てあげてほしいと思います。