犬猫などペットの葬儀の体験談

41歳男性、愛犬が安らかに眠って貰うためにお葬式を挙げました

私は今、現在41歳の会社員なのですが以前に犬を一匹飼っていました。

元々はその犬との出会いは近所の人から貰ったものでした。

その近所の人が犬をたくさん飼っており、いつも散歩しているところを私と遭遇し、そしていつのまにか仲良くなり、そして犬をその中から一匹貰うことにしたのでした。

本来、私は正直犬や猫といった動物は苦手な方だったのですが、毎日その犬たちと出会っているうちに好きになっていた自分がいました。

ですので、私も是非一匹飼ってみたいと思うようになり譲り受けたのでした。

そして、それからは毎日私も犬との生活が始まり楽しく幸せに過ごすことが出来ました。

飼い始めた最初のころはなかなか上手にいくことが出来ませんでしたが、日を追うごとに徐々になれていき私も一人の犬を飼う人間へと変わっていきました。

食事にしてもただ餌をあげるのではなく、犬の健康管理なども考えて用意するようになっていったのでした。

また、散歩にしてもただ連れていくのではなく犬の気分も考慮して、時には普段は行かないような散歩道や場所に行きリフレッシュさせたりもしていました。

また、その為犬も喜んでくれていたのか尻尾を振ってよく遊んでくれました。

また、ある時には車に乗せて山や海へとドライブに連れていくこともありました。

犬にとっては山や海などは私よりも新鮮に感じるみたいでとても楽しみながらも緊張している様子が伺えたりもしました。

ですので、そんな時には言葉さえ解りませんが私がその緊張などをほぐすためにわざと気をまぎらわすようなことをしたりもしました。

そして、そんな日がついに終わってしまったのでした。

私の犬は最後は病気にこそなりませんでしたが、最後は年を取り老衰として死んでしまったのでした。

私は悲しくてしかたありませんでした。

ですので、私にとっては家族のようなものだったのでお葬式をあげようと思い挙げたのです。

安らかに眠って欲しいと願い供養したのでした。

本当に寂しい悲しい出来事でした。