犬猫などペットの葬儀の体験談

愛犬の死と幼いながらの感情を振り返って

 私は都内の大学に通う学生です。

私の愛犬についてお話ししたいと思います。

私の家は常に動物に囲まれていました。

それは犬や猫、ハムスターから小鳥まで様々でした。

両親が非常に動物好きというのが大きかったです。

幼かった私にとっては動物と一緒にいるのが当たり前の日常でした。

私が小学1年生の当時、家には年をとった犬1匹と我が家に迎えたばかりの猫1匹がいました。

犬の名をサンと言いました。

サンは私が小学校に通い始めて間もなくの頃に天に旅立ちました。

サンとの出会いは私が生まれた瞬間からでした。

私が生まれる前、犬好きな父がペットショップで一目惚れし母に内緒で家に連れてきたのが最初でした。

そのため、私が物心ついた時からサンはよぼよぼのおじいちゃん犬でした。

動きはとても老犬らしくぎこちなく、またトイレなども決められた場所でするのがどうにも苦手で部屋の真ん中で漏らしてしまうこともたくさんありました。

子供というのは非常に正直で、私はそんなサンをあまり好きになれませんでした。

サンよりも、新しく我が家に来たばっかりの猫の方に愛情を注いでいたように思います。

サンの晩年は、ゲージの中からあまり出ることができないほどに弱ってしまいました。

母はそんなサンの面倒を一生懸命に見ていましたが、ある朝別れは突然来てしまいました。

私がそれに気づいたのは、早朝に母が慌てたような震えたような声で私をリビングに呼んだからです。

駆けつけるとゲージの中には横たわって動かなくなっているサンと深い悲しみに暮れありがとう、ありがとうとサンに語りかけている母の姿がありました。

私も冷たくなっているサンの体をさすりサンとの別れに立ち会いました。

ただ、当時の私には生き物との別れが初めてのことであり、悲しみというより困惑という気持ちの方が強かったように思います。

初めての生命の死と立ち会った瞬間、私にはことの大きさが理解できず今思えばサンにとって冷たい態度をとってしまったかもしれません。

感謝の気持ちを伝えることができなかった、それが後悔として今に残っています。

葬儀は仕事で行くことのできなかった母に変わり、当時別居していた父と私の2人で行いました。

葬儀場に向かうタクシーの中、ダンボールに入ったサンを抱えて窓の遠く先を静かに見ていた父の姿が非常に印象に残っています。

結果的に両親は離婚しましたが、サンは両親2人を繋いでいた架け橋のような存在だったのかもしれません。

サンの骨を2人で2つの骨壷におさめ、父が片方を持って帰りました。

今も父と母のもとでサンは安らかにしています。

その出来事から私は命について学びました。

生き物というのは永遠の存在ではなく死が約束された存在。

いつかは必ずその時が来てしまします。

ペットといえど同じ時を重ねていけば家族のような存在になります。

一瞬一瞬を大事にしてたくさんの愛情を注ぎたくさんの思い出を残してください。