乳がんでなくなった愛猫。不妊手術はしなくていいものと思いこんでいたことに…

今から約9年前、
東日本大震災が起こる前でした。
14年間一緒に暮らしてきた
愛猫が亡くなりました。

悪性乳腺腫瘍、
つまり
乳がんでした。

この原因は、
不妊手術をしていれば
約9割がたは
防げたということです。

今の時代、
ネットが発達して
わからない事が
あれば、
大抵のことは
教えてくれる、
良い時代になったと
思います。

一昔前
私は、ネットの環境に
いませんでした。

私は無知でした。

この子の体を
傷つけたくない、
痛い思いさせたくない、
室内飼いで
外にはさないから、
不妊手術はしなくて
大丈夫、
など、自己判断して
しまいました。

私は幾度となく
引っ越しを繰り返して
いました。

そのたびに
新しい動物病院に
連れていき
定期的に
健康診断を
してもらっていました。

動物病院の先生は、
私がこの子に
不妊手術を施して
いた、と思い込み
不妊手術の有無を
聞いてくれませんでした。

動物病院の先生のせいに
するわけではないですが、
一言聞いてほしかったです。

私はその子を
自分の娘のように思い、
亡くなった今でも
とても愛しています。

知人から
ちょうど、母猫から
見捨てられて
人間が育てている
子猫がいるよ、
と話しがあり
その子猫を引き取ったのが
始まりでした。

14年という歳月、
私の生活自体
穏やかに過ごしてきた
というわけではなくて、
楽しいことよりも
苦しいことの方が
多い時期でした。

誰にも話せないことも、
この子に話すと、
いつも解決策が見えて
問題をクリアして
きました。

私に答えを
教えてくれるのです。

とても頭の良い子でした。

最期、
ペット霊園で
個別葬儀を
してもらいました。

そのお骨は、
今も家の
リビングにいます。

ずっと私のそばに
置いておきます。

私の最期が来た時に
私の骨と
一緒にしてもらおうと
思っています。