5年経った今でも写真に手を合わせています

5年前の3月愛犬の「ぷー」を亡くしました。
ぷーは嫁が連れて来た犬で、結婚する前から遊んでいました。小さい頃から知っていたので家族同然で、自分にも馴染んでいましたし、ぷーの世話は自分が担当していました。

5年前の3月仕事中、職場に嫁から電話があり、突然ぷーが死んだと聞かされました。
一瞬何が何だかわからなく、頭の中が真っ白になったのを覚えています。

職場のスタッフにお願いして早退させてもらい家に直行しました。そこには箱に横たわったぷーが眠っていました。
人前で泣いたのは何年振りかわかりません。

嫁から聞かされた話ですが、獣医さんいわくお腹に腫瘍があったらしく、病院に着いた時は手遅れだったらしいです。

自分はその日仕事に行く時、家に誰もいなく、ぷーがイタズラしないように洗面所のなかに閉じ込めて家を出ました。少し嫌そうな顔で見送ってくれましたが、
それがぷーとの最後になるなんて思いもしなかったです。

その当時まだ娘も小さかったのであまり記憶がないらしく、たまに「ぷーどこ行ったの?」、「ぷーはもう帰って来ないような気がする」などと言われるとものすごく辛いです。

もういないぷーを今でも家族として娘が認識してくれている事は大変嬉しいですが、同時にぷーがいない寂しさを痛感します。

思い返せば、面倒くさくて散歩に行くのをサボってしまったり、トイレに連れて行くのを渋ったり、もっと遊んであげれば良かったなど、後悔する事が多々あります。

葬式の時、ぷーの小さい時の写真を見て、それまでの思い出が走馬灯の様に蘇って娘の前なのにも関わらず泣いた事を覚えてます。

家族を失うと悲しみが消える事は無いと思いますが、それでも写真に手を合わせてその日の報告をするとぷーが身近に感じます。

私にとってはかわいい「カエル」

高校生の頃、小学校の時から家族でかわいがっていたアマガエルが死んでしまいました。

我が家は全員カエルが大好きで、夏になるとよく田舎の方まで行ってトノサマガエルやアマガエルを探して遊んでいました。

私が小学五年生くらいの頃、その田舎からの帰り道のサービスエリアのトイレで、大きなアマガエルがうずくまっているのを見つけました。トイレの隅で汚れた姿でじっとしていたカエルを見て、家族で連れて帰って飼うことに決めました。

カエルなんてどれも一緒……と思うかもしれませんが、カエルには個性があります。そのカエルを連れ帰る以前にも二匹のカエルを飼っていましたが、彼らと比べそのカエルはふてぶてしく、大きくて、ぐうたらでした。

水槽の葉っぱの上で日がなぼーっとしている姿はどこか人間らしく、表情のある憎めないカエルでした。

犬や猫と違って家の中で遊ばせることはできませんが、ガラス越しに眺めては、たまに前足で顔を拭いたりする姿を見て喜んでいました。

そんなカエルが、高校生の頃死にました。元々とても大きな子でしたし、寿命だったんだろうと思います。あまり調子が悪くなる様子も見せず、なんとなく元気がないかなあと思っていると数日のうちに死んでしまいました。

もう少し早く気がついていれば、病院に連れて行けたかもしれません。

でも、カエルを診てもらえる病院は少なくて、長距離を移動させる負担を考えたら、家で最後までぐうたらできて、あの子らしかったのかもしれません。

死んだ後のことに関しても、今だったらもう少し何かできたのかもしれませんが、当時カエルが死んだところで犬や猫に比べできることは限られていました。

庭にお墓を作り、生前の写真で遺影を作って、水槽の横に飾りました。

周りの人に話しても、「カエルでそんな落ち込むの?」と微妙な反応をされたり、そもそもカエルを飼っていたことを知らなかった人には「カエルなんて飼ってたの?気持ち悪くないの?」なんてことも言われました。

高校の頃の友人たちにはカエルの話をあまりしていなかったので、両生類や爬虫類のたぐいを良く思わない人がかなりいるということを、その時初めて実感しました。

今、うちにはカエルが三匹います。家に遊びにきた人には嫌がられることもありますし、「なんでそんなもの飼ってるの?」と聞かれることもあります。

でも、水槽の横にある遺影を見ると、「私にはわからないけど、かわいがってるんだね」と言ってくれる人もいます。

これからもあの子のことを忘れずに、もし自分に理解できないペットを飼っていて、その子を亡くしてしまった人がいても、「辛かったね」と気持ちに寄り添えたらいいなと思います。

「ハムスターのジルが僕と友人を繋いでいる」

 もう10年以上前の話になりますが、僕の家では「ハムスター」を飼っておりました。「ハムスター」の名前は「ジル」これは、自分がテレビゲームのバイオハザードシリーズが大好きで、バイオ3の主人公の女性の名前の「ジル・バレンタイン」から取ったのです。

「ジル」は、ホームセンターのホーマックで売られていたのです。「ジル」と運命的に目が合った僕は、「ジル」即決で買って家で飼うことになりました。「ジル」と居た時間は4年と長い様で短い期間でした。

 「ジル」の最後は、本当に穏やかで安らかに眠る様に逝きました。なんかこう、微笑んでいる様な感じな表情でした。「ジル」のあの可愛い手が最後に僕の手に触って、「ありがとうね」を伝えたのだと思います。
 今でも鮮明に覚えています。これは飼い主だからこそわかるのです。本当に家族の一員だったので、とても辛かったです。精神安定剤(デパス)を飲むくらい、精神の方も病んでしまっていました。立ち直るのにとても時間がかかったと思います。

 ところが、世の中には心のない方というのはいるもので、知人や友人に「たかがペットだろ?」や「そんな落ち込むなよ。また買えばいいじゃないか。いくらでも買えるだろ。」なんて言われたときは、笑顔で「まぁまぁ^^」なんてかわしていましたが、正直な話「はらわたが煮えくり返る」程の憤りを感じておりました。やっぱり、第三者(赤の他人)からしたら「わからない痛みなんだよな」と感じた事も覚えております。

 ところがその友人も年をとり、ペットを飼いペットが亡くなったのです。彼は犬を飼っておりました。「ごめん。お前の辛さ今なんとなくわかったよ。ハムスターの「ジル」と、俺の飼い犬の●●に感謝だな。昔、ひどい事言ったよな。ごめんな。飲みに行こうぜ!^^」と言われて、二人で飲みに行ったこと。因みにこの友人とは今でも友達付き合いがある大切な友達です。

 ペットは人間関係も良好にしてくれる部分があるかもしれませんね。動物というのは本当にかけがえのない大切な生き物だと思います。

家族と子猫が運んできた絆

2年前の夏、4歳の息子と散歩していた時のことです。
いつも行く公園の手前の空き地から『ニャーニャー』とかすかに小さく弱々しい鳴き声が聞こえました。私には全く聞こえずに息子がそれに気づいたそうです。
そこの空き地は草が生えっぱなしで整備されてなくゴミ、粗大ゴミと捨てられて足の踏み場もないところでした。息子から『あそこら辺から鳴き声が聞こえる』と指を割いてある所に私がゆっくり近づき辺りを見回すと、そこには一匹の子猫がいるじゃありませんか!しかもその日は38度の猛暑です。
鳴き声もか細く体力もなくなってる模様。まだ目も開いていません。目視判断で生後数週間でしょう。
このままここに放置しとくか、連れて帰るか判断にとても迷いました。
親猫、他の子猫の様子も全くなくここに一匹でだけ捨てられてたんだろうなと判断し息子と子猫と一緒に帰宅しました。
帰宅時に一番びっくりしていたのは妻です。そのあとに娘も。
妻『連れてきてこれからどーするの?』
私『外を暑いし弱ってるから連れてきた』
妻『飼うの?』
私『そうするつもり』

やはり女性の考えはしっかりしてるなといつも思います。男性はその場の判断でいいだろうと決めてしまいがちだが、女性は細かいところの判断もするので筋道が通っていて話し合いになると必ず論破される。

妻『とりあえず動物病院に連れて行って具合を見てもらって』

妻の言われたとりに動物病院に行きました。

先生「小さいわねーまだ目も開いてないじゃない?ただ毛並みもいいしダニもいない見たいね』

私は安堵の気持ちになり、帰宅時に妻に子猫を育てたいと熱弁して飼えることになりました。
子供達もとても喜んで名前をつけました。

『さくら』

さくら公園近辺にいたので子供達が『さくら」と名付けてくれました。

そこから、毎日数時間ずつミルクをやり様子を見て排泄しての繰り返しで夜の睡眠もままならず1週間が過ぎました。

夏なのにその日だけ、朝方ものすごく涼しくなり起床して子猫の様子を見に行ったら冷たく固まって死んでいました。

本当に一生懸命育てたのに気温の変化のミスで子猫の命を奪ってしまった悲しみと後悔で久々に声をあげて泣きました。家族も泣きました。

子猫に出会った思い出は家族の一生の思い出になるでしょう。

私の決断は間違っていたのかもと今でも自分を責めてしまいます。

私が26歳の時、友達のお家で飼われていた、フェレットの「くう」ちゃん。遊びに行くたびに可愛くって触らせてもらっていました。ある日、友達が妊娠し、病院でフェレットとの生活がNGだと言われたそうです。

実家でフェレットを飼っていた経験がある私は、一緒に暮らしていた彼に引き取り育てる許可をもらいました。

新しく家族となったくうは可愛くてお利口な女の子。仕事から帰り、ケージの中で幸せそうにしている姿が私の幸せでした。毎日ケージから出し、遊びました。時折ポテトチップスの袋を引きずって行こうとしたりとやんちゃな一面もありました。

友達の家で約3年暮らし、私の家族になって2年。フェレットの寿命が短いのも覚悟の上でした。そんな時、病気になりました。急に発作みたいになって倒れたりしました。病院に行き調べたところ「転換」だと、心臓も弱っていると。ただ、フェレットの病気は前例が少ないため、出来ることはないと言われました。

他の、病院も当たりましたが、田舎のためかどの病院も同じかもしくは、診る事が出来ないと。。私に出来ることはないのか、何かしてあげられないのか苦しみました。それでも、一生懸命対応してくれる病院と話会いながら、生活をしていました。

仕事に行くのが不安になり、寝るのが怖くなり。毎日くうの事を考えては泣き、何も出来ない自分が悔しく無力だと何度も攻めました。

仕事は、続けましたが遅刻・早退をたびたびさせてもらっていました。会社では、「そんなことで」とか「仕事だよ」とか言われましたが、「あなたたちに私の気持ちはわからない」耐えました。2ヶ月くらいで、容態は急変しました。1日の転換の回数も増え、御飯も食べない。もうだめかもしれない…そんな風に思ってしまいました。病院に相談し、朝預けて仕事帰りに迎えに来る日々が始まりました。

ICUに入れてもらって、栄養剤の点滴を打ってもらったり…。そんな日が2週間ほど続き、ある日の夜中亡くなりました。最後に発作が起こり、私の膝の上であまり苦しまず逝きました。

ありがとう。病院じゃなくて私の腕の中で最期を過ごしてくれて。ごめんね。何もしてあげられなくて。そんな思いで、くうを抱いたまま5時間ほど経っていました。何を考えていたかは思い出せません。「無」だったと思います。

まず、仕事を休みたいと会社に連絡をして休ませてもらいました。が、ペットでしょ、長く休まないでねと言われました。ペットではなく、家族です。大事な娘なのに。と思いました。

そして病院に電話をして、「今日からの治療は必要ありません」と状況を説明しました。病院の先生は、もし出来る事なら解剖させてほしいと。私は、悩みましたが解剖してもらいました。最後、亡くなった原因もわかりました。でも、何よりこれから大事な家族が私と同じようにならないように、医療の役に立ちたい、くうの生きていた意味を残したいと思いました。

でも、間違っていたかもしれないと13年たった今も後悔しています。くう・・・本当は嫌だったよね。ごめんね。もう一度会うことが出来たら抱きしめたい。聞くことが出来るなら、幸せだったか聞きたい。伝えることが出来るなら、大好きだよと伝えたい。

当分涙が止まらず、車の運転も泣きながら通勤しました。
会社でも、時々トイレに駆け込むほどきっかけもなく泣けてきました。休みは外に出ず、くうの使っていたケージの近くで過ごしました。「ペットの話はしないで」と何度も思いました。今でも命日には大好きだったお菓子をお供えして、お話します。

もうこんな悲しい思いをするならペットは飼わない。そう思いました。悲しくてもう無理だと思いましたが、くうが出会いの大切さや、一緒に過ごす幸せを教えてくれたことも思い出せるようになりました。あれから13年今は、猫との生活をしています。

初めてのウサギと運命の出会い

私が小学生の頃、初めてのペットでウサギを飼ってもらいました。
初めは、犬が欲しい!と思っていましたが、散歩や病気のことなどいろいろと大変だから、小動物にしなさいと言われ、ウサギを飼うことになりました。

初めてのペットで、自分で名前もつけて、家族としてすごくすごくかわいがって来ました。
人懐こく、撫でられるのが大好きな、ウサギの男の子でした。
可愛くて、夜わざわざ ウサギのゲージの横に布団をひいてなたこともあります。笑

飼って三年目が経った頃、体調が悪そうだったので、病院に連れて行きました。
耳の病気で、手術が必要とのことでした。
手術の際、顔周りの毛は剃られ、とでも痛々しかったです。
終わった後も、毎日薬を上げなければ行かなかったり、病院に通院したりと、とても苦しい毎日でした。

手術したにもかかわらず、他の病気が併発してしまい、結果的にそれが原因となって無くなってしまいました。

初めて飼ったペットが亡くなってしまうのは、とてつもなく悲しく、どうしていいかわからなかったです。

ウサギですが、ちゃんと火葬して上げたいと思い、専門の方に頼んでお気に入りだったおもちゃと一緒に火葬をお願いしました。

家に帰っても、毎日話しかけてたウサギがいないことが苦痛で、心に穴が空いた感覚でした。

しばらくして、傷が癒えて来た頃、たまたまその子を買ったお店のホームページを見ていました。
その時、その子にそっくりなウサギの赤ちゃんがいました。
誕生日が、その子の命日と同じで、これは運命だ!と思い急いでそのお店に向かいました。

つい先日、その子は五歳の誕生日を迎えました。
辛いこともあったけれど、一緒に過ごした時間と新たな家族との出会いに感謝しています。

突然の愛犬の死亡連絡に勤務中なのに号泣してしまい

幼犬から家に来て、10歳までずっと一緒だった愛犬の突然の死亡連絡が来たのは仕事中でした。

社会人1年目、東京へ上京して仕事をしていた私へ、日中なのに母から連絡が入りました。
なんだろう?と思い電話をとると、そこには泣いている母が・・・

どうしたの?何があったの?と言ってもごめんなさい、ごめんなさいと謝ってばかりで、一向に理由を言ってくれる気配もなく、仕事中の私はまた夜に掛けなおすと伝えて切ろうとしたら、愛犬が亡くなったとポツリと言って切られてしまいました。

それだけ聞いた私は、勤務中なのに号泣してしまい暫く席に戻れませんでした。
残業をしない様に必死で終わらせ、母へ連絡をしてやっと聞き出せた内容は、交通事故死でした。

元々とってもやんちゃで、たまに脱走をしてしまう愛犬でした。
それでも、逃げ出してもその日のうちに帰ってくるので、母も見つけに行かなかったそうです。

事故にあう2日前に脱走して、珍しく帰って来なかったそうです。
次の日にも帰ってこなくて、心配した母が探しに行き、近所の人に見かけた情報を聞いたりして探していたら、遠くでブレーキの音が
聞こえたそうです。

あんなに急に止まって、危ないな。
そう思って、その付近まできた時に何かが倒れているのに気付いたそうです。
まさか・・・動物が引かれた!?と内心思った母は引き返そうと
思ったそうです。

でも、なんだか行かなくてはいけない衝動にかられたそうです。
近づいたら・・・そこに横たわっていたのは愛犬でした。

母は早く探しに行かなかった事を今でも後悔しています。
いつもの事・・・そう思い込むのもどんな理由でも止めようとも
思ったそうです。

私もそれ以来いつもの事、どうせ等決めつける事をしないように
心がけています。

まだ生きれた命、決めつけなければ寿命を全う出来たと思うと
いつまでも心が痛みます。
そう母が話すたびに、私もとても哀しくなります。

イモリが死んでしまって、立てた誓い

10年ほど前、池袋で年に一度開かれる有名な爬虫類の即売会で出会いました。

ヒョウモントカゲモドキという種類のイモリです。
私は元々つぶらな瞳の爬虫類が大好きなのですが、飼うのは初めてのことでした。

大事に育てていたつもりだったのですが
六年目目を過ぎたあたりから、身体が痩せ細ってきました。

ヒョウモントカゲモドキという生き物は、尻尾に栄養を貯めておけるので、一ヶ月くらい何も食べなくても生きていられるのですが、その尻尾自体もみるみる細くなっていき・・・

病院に連れて行こうにも、まず爬虫類を診てくれる獣医さんが中々いらっしゃいません。ネットで一生懸命調べて、一箇所だけネットでアドバイスをもらえる獣医さんのサイトを発見しました。

その方のアドバイスもを元に様々な方法を試していきましたが、一向に改善はみられず、食事もまったくしてくれない状況でした。

そんな時、爬虫類専用の離乳食がネットで売っているのを発見し、早速入手して与えてみたところ、飲み込んでくれたので、ついつい嬉しくなって、次から次へとその餌を与え続けた結果、数時間後に急死してしまいました。

その餌が原因だったのか、餌で息を詰まらせたのか原因はわかりません。

もしあの時に戻れるのなら、もう少し冷静にゆっくりと餌をあげておけばよかったと、とても後悔しています。

さらにいいますと、もっと気にかけてあげていれば
彼は死ななくて済んだかもしれない。
彼を殺したのは紛れもなく私一人の責任だと
今も思っております。

ですので、私は一生ペットを飼う資格はないと肝に銘じて、あれから一切生き物と触れあうことを止めました。

悲しいですけど、その方がペットにとっては幸せなことだと思っています。

帰省するまでがんばって生きていてくれた愛犬との最高の10年間の思い出

高校生になってすぐ友達の近所に子犬が産まれ欲しい人を探しているとのことで、親に許可をもらい、茶色の柴犬オスを貰いました。

一度、小学生のころまでうちには犬がいたので買い方や、小屋などはありましたが、新しい家族が出来てみんな喜んでいました、子犬のころは本当に可愛いですし、みんなで取り合いでした。

段々と、成長し大人になり賢くなり、もう家族の一員でアイドルでした

ちょうど日韓のワールドカップの前だったので、サッカー少年だった自分は、ベッカムとなづけました。

最初は全く覚えてもらえない名前も、ワールドカップでベッカムブームが来ると、みんなにすぐ覚えてもらえました。一緒に散歩したり、遊んだり毎日の癒しでした。

大学までは実家から通っていたので毎日の見送りはしてくれました。

大学を卒業すると、一人暮らしを始め、実家から離れるのでベッカムとはお別れになりました、この時は本当に寂しかったです。

月に一度は帰るように心掛けて、帰るたびに沢山遊んであげましたが、だんだん、自分が帰るのがわかるとなかなか、離れず帰してもらえませんでした。

だんだん、ベッカムも年を取り、老犬になってきていました。

昔のような元気はなく、落ち着いているというか、ゆっくりな行動になっていました。調子もだんだん悪くなっていてでも会えば元気にしっぽを振って寄ってきてくれます。

10歳になったくらいには、もう散歩もいけないくらい弱っていて、自分が実家に帰るときまでは、頑張って生きてくれましたが、みんなで夕ご飯を食べた後、外に飛び出して、そのまま舌を出してなくなっていました。
急にだったので信じられなかったですが、自分が帰ってくる日まで一生懸命生きてくれて、最後に遊べて家族と一緒にご飯を食べてから旅立ちました。

本当に悲しかったです。いつかこの日が来るというのはわかってはいましたが、現実は認められません。
それ以来、ペットは飼っていません。

一緒にいる時間は最高のパートナーですが、別れは辛すぎます。大切な命ですので、また次に飼うときは最高の愛情を与えたいです。

愛犬と過ごした3年間はかけがえのない思い出。10年経っても後悔や悲しみが。

小学校1年生の時、母親の再婚で引っ越した時のことです。引っ越し先で初めてゴールデンレトリバーの「タロー」に出会いました。今までマンション住まいでペットとの生活に縁がなかったこともあり、これからのタローとの生活に胸をときめかせていたのを覚えています。それからは学校終わりに散歩に連れて行ったりもしました。
 毎年夏休みには母方の実家に数日間行くことになっていたので、小学校4年のその夏もいつものように数日間家を空けました(父と父方の祖母は家に残っていました)。楽しい時を過ごし、家に帰ると父がどことなく悲しそうな表情でこちらを見てきました
 「タローが今朝死んだ」
 私は父が何を言っているのかわかりませんでした。始めて会ってからまだ3年しかたっていません。これからもっと仲を深めていきたいと思っていたのに。最後の方は散歩もめんどくさがって散歩も毎日連れて行ってあげていません。タローのことをいろいろ考えているといろいろなことが頭に浮かんできます。そういえばタローが何歳なのかもわかっていません。私はタローのことをわかっているつもりで何もわかっていませんでした。今、思い返しても胸が締め付けられる思いがします。しかし、私以上に長い時を過ごしてきた父の悲しみに比べたら、まだまマシだったかもしれません。
 ペットの死は確かにつらいです。十年以上たった今でも思い返しても後悔や悲しみが出てきます。しかし、命の大切さを学び、優しさを知るといった体験ができるのも事実です。ペットとの生活は楽しいです。タローと過ごした約3年は僕のかけがえのない思い出としていつまでも残り続けるでしょう。