小さくて短いネズミ達のこと。

私は昨年、大事に飼っていたペットを4匹亡くしました。
飼っていたペットというのは小さくて丸くてフワフワなネズミです。

私の飼っていた子達は、前の飼い主が動物の毛に反応するアレルギーが出てしまい飼えなくなったのを譲り受けたものでした。

私はこのネズミ達の種類が本当に大好きで、今までに2回多頭飼いをしたことがあります。かわいい仕草や恐がりだけど人懐っこい性格、ちょっとゆるい所が大好きなのです。

ネズミの寿命は大体2年くらいで、2年しか一緒に居られない子達ですが、一匹一匹個性があって一生懸命に生きてくれました。

ネズミのために私が用意することが出来る最高の環境を整えたつもりでした。ふかふかのチモシーの床材、新鮮な水、健康に配慮しながら楽しめるエサ、自分で作ったネズミが隠れたり運動したり、齧ったり遊べたりする木製のアスレチック。

でもどんなに大切に飼っていても、命が燃えるスピードは早く止めることは出来ませんでした。加えてネズミは病気になりやすく、そして小さいので動物病院へ行ってもほとんど治療が出来なかったのです。

4匹のうちのAちゃんは、頭に腫瘍ができて死にました。土曜の夜に起こった事だったので動物病院に連れて行ってやれず後悔しています。

Bちゃんはお尻からの出血が止まらず、抗生剤をスポイトであげるもそれ以上の治療が出来ず死にました。アスレチックに染みた血がBちゃんの苦しみが感じられて辛かったです。

Cちゃんは癌がお尻にできて死にました。動物病院ではガンの切除ができず、日に日にお尻の腫瘍が大きくなりCちゃんが弱っていくのに何も出来ない自分が悔しかったです。Cちゃんは最後痛みのため暴れて、1時間半ほど私の手の中で苦しんで死にました。

DちゃんはABCちゃんを見守る優しい子でした。私が指で毛を撫でてやるとお返しに指を自分の歯でこちょこちょと毛繕いしてくれる子でした。Cちゃんの葬儀の出発前、Dちゃんに言ってくるよと挨拶したらDちゃんは虫の息でそのまま手の中で冷たくなりました。

ネズミが亡くなって、今でも私の心にぽっかり空いているような気がします。手のひらを見ればぽってりとした丸い小さな重みが居るような気がして名前を呼んでしまいます。

他の人はたかがネズミ位で悲しむなんてと理解を示してくれません。

確かに小さくて短い命でしたがあの子達は私の中でとても大切なものでした。
もっと一緒に居てくれたらなぁと思いますが、叶わない願いです。
たとえ一瞬でも私と居てくれて本当に感謝しています。

うちの子になって幸せでしたか?20歳で亡くなった愛猫

「子猫を拾ったのだけど、うちに前からいる猫と相性が悪いの。誰かもらってくれる人を探している」と友達が話してくれました。我が家は動物を飼ったことがなく、父親は大の猫嫌いでしたので、話を聞いてくれるはずも迎え入れてくれるはずもありません。

そこで私は友人に「子猫を箱に入れて家の敷地に置いて」と頼みました。敷地に入れば、安易に出すことはできないと思ったからです。そして無理やり家の中に入れ、そのままうちの子にしてしまいました。

子猫が来て、我が家は明るくなりました。毎日、どこかに傷をつけられたり、身体能力に驚いたり、人間の気持ちがわかっているのでは?と思ったり、とにかく仕草の全てがかわいくて、猫嫌いだった父も、朝食に鮭やアジが出ると、こっそりあげていたりしてました。

よく食べよく寝てよく遊び、猫は病気ひとつせず、20歳になりました。歳をとって、さすがに寝ていることが多くなりましたが、元気で毛艶もよかったです。

しかし、日に日に尿の量が多くなり、熱中症で体が震え出したので慌てて病院に連れて行きました。結果、点滴を打ってもらって熱中症は回復したのですが、腎臓が悪いとのこと。
飼い主として失格なのですが、猫の病気について全く知らず、また「うちの猫は病気しない」と過信していたので、びっくりしました。

その後、体調はどんどん悪くなりますが、猫の年齢もあり透析は耐えられないとのことで、皮下注射で輸液を毎日繰り返しました。具合が悪いのに、毎日病院に連れて行くことは、猫にも飼い主にも相当ストレスです。

1ヶ月くらい経った頃、先生から「いつ治療をやめるかはあなた次第」と言われました。寿命を私が決めるのです。泣きながら考えました。何も言わない猫にも「どうしたい?」と聞きました。
どうしたいかなんて全然わかりません。生きてほしいけど、辛いままなら人間のエゴでは?と思いましたし、エゴでもいいからそばにいてほしいとも思いました。本当にどうしたいかわかりませんでした。

猫はその間も細々と食事をしては吐き、を繰り返していました。なんとか自力で食べてほしいと思い、好きなものをペースト状にしたりいろいろな工夫をしました。それでも食べられない日が日に日に多くなっていきました。
そして3日間絶食して、突然かつお節をパクパク食べた後「もう満足」という顔をして猫がお皿を押しました。
そこでやっと私も「自力で食べられなくなったら治療をやめよう」と決意できました。

そこからは穏やかに自宅で家族と過ごしました。2日後、夜中に1時間近く痙攣し、大きく息を吐いて亡くなりました。
21歳になる少し前でした。

猫を飼ってから、何かの時のためにと猫名義の貯金を毎月していました。まだ40万以上あるのに使わないで逝ってしまいました。

どんな治療をしてもしなくても、後悔は残ります。
でも猫と過ごした楽しい日の方が圧倒的に多い。
たまには夢に出てこい。

ペットの出会いは平凡、しかし今も続くペットロス

私がこれまでに飼ったペットは、猫1匹です。小学生から中学生の頃に飼っていました。なぜ、猫を飼うことになったのかと言いますと、友達の家の猫が子猫を産んだからです。

友達の家にしましても、何匹も猫は飼えないとうことで、そのうちの1匹をうちが譲り受けることになったのです。ですから、ペットの猫との出会いもとくにドラマティックなものではないのですよね。

しかし、出会いは平凡ながらもこのペットの猫とのおつきあいはわりと長く続きました。血統書付きではなく、キレイな猫ではなかったのですが、しかしわりと長い付き合いでしたね。小学2年生から中学2年生までの約6年間を生きていました。

そして、過剰に手をかけていたわけではないのですが、しかしペットロスは大きかったんです。実は、ペットの猫との別れは「交通事故」だったんですよね。一日に一回ぐらいは、外に離していたのですが、その時に車にはねられて死んだのです。

もちろん、ペットの猫が死んで悲しかったです。しかし、家の外に出した私たち家族も悪いわけです。ですから、うちの猫をはねた車のドライバーを犯人だと思ったり、そん人を探したりとかはしませんでした。うちに落ち度があるわけですし。むしろ、うちの猫をはねてしまったドライバーさんに申し訳ないぐらいのことを思いました。

それにうちの猫に関しても、それなりにいい人生だったんではないかなと思うので、深く悲しみにくれたりはしなかったのです。ただし、それは猫が死んだ直後のことで。

実は私は、その後大きくペットロスを味わったのです。なんというか、ふとした瞬間に「こうすればよかった」「ああすればよかった」とか、ペットの猫のことばかり考えてしまうのです。また、猫は死んだはずなのに、猫グッズをネットで注文していたりと…、無意識のうちの怖い行動が増えていました。後からじわじわくるというやつです。

そして今改めて、ペットって家族だったんだなーと思います。生活の一部だったのだと思います。もしかしたらまだペットロスは続いているのかもしれません。こうして思い出してみても、なんだか心に穴が空いているように思いますもん。

可愛いハムスターとのお別れ

犬や猫は飼うことができないマンション住まいですが小動物を飼ってみたいと思っていて
ハムスターをペットショップに見に行きました。ペットショップでとても可愛いハムスターに出会い
この子を育てたいと思いました。
小さな小さなハムスターは、寿命が2年程と聞いていたので別れが早く来ることは頭にあったのですが、
毎日楽しく過ごしているとそんな事も忘れてしまいます。
飼い始めて1年くらいしてちょっと肥満傾向になりました。肥満から部屋の中で転んだのか足を引きずっていて心配になって病院に連れていきました。それからダイエット食をすすめられてダイエットさせました。
少し痩せてきて怪我も治ったころに、今度は目の病気になってしまいました。こちらも病院でもらった目薬をさしていたら治ってきました。それからしばらくは元気だったのですが、1年半した冬の日に元気がなくなっているなと感じました。そこから急に体を動かすことが減りました。もうおばあちゃんになっているし仕方ないと先生に言われました。そしてとうとうお別れの日が来てしまいました。前日までご飯もちゃんと食べていたのにいきなりけいれんのような状態になってそのまま動かなくなってしまいました。最期を見れたのは良かったのかもしれませんがその光景が頭に残ってしまい悲しくて数日は泣いていました。お葬式をしてあげるためにペット葬儀を依頼しました。そしてきちんと骨上げもして仏壇を用意しました。毎日仏壇に手を合わせています。本当にありがとうという気持ちがいっぱいです。
もしペットを亡くされて悲しまれているならペット葬儀を利用してみてください。気持ちを穏やかにできます。

みんなに支えてもらいながら、悪性リンパ腫と戦い星になった4歳の黒パグ

20代半ばになり、独り暮らしになれてきた頃のこと。

犬を飼いたいと、調べ初めてから間もなく運命の出会いが訪れました。

仔犬は黒パグの男の子。名前をボンと名付けました。

一人暮らしで、お留守番をさせていましたから、仕事が終わるとすぐさま帰り近所の公園にお散歩。

週末にはドッグラン、おしゃれなペットグッズを買ったりしてボンのいる生活を満喫していました。

それは、ボンが4歳のお誕生日を迎えて少し経った頃でした

ボンは排便の度に下痢をするようになりました。

薬を変え、病院を変え、それでも良くならないばかりか食欲までなくなりました。

どうして、こんなに治らないんだろう…
不安ばかりが膨らみました。

藁にもすがる思いで受診した病院で、先生は熱心に話を聞き、診察してくれました。

「もしかしたら、これはお腹の問題だけではないかもしれません」

詳しく検査をした結果。病名は「悪性リンパ腫」でした。

それからは実家に戻り、家族の協力をもらいながら、先生と一つ一つの治療を話し合い病気と戦っていきました。

負担の無いようにといくつかの治療を提案してくださり、私も納得のいく形で進められました。

父も母も、日中勤めている私の分までボンの面倒を見てくれました。

夜中に眠れず起き出して、じっと何かに耐えるようにお座りしていたボン。

彼も小さい体でよく頑張っていました。

けれど、1か月後、ボンは星になりました。

もうダメかな。
そう思って2日も仕事をずる休みして付き添いましたが、これ以上は、と出勤したその日の夕方のことでした。

離れていたけれど、心臓がバクバクして「あ、ボンは星になった」と分かりました。

一緒にいる間は頑張ってくれたんだな、と思いました。

母に小さな仏壇を作ってもらって、ボンは私を待っていました。

先生もわざわざお花を持って来てくれました。

最後までみんなに愛され、支えてもらって、短いけれど幸せな犬生でした。

心残りはなかったけれど、失った哀しみは強く、それから週末にはボンの絵ばかりを描いて過ごしていました。

何枚も何枚も、描きました。

心が癒されるには長い時間がかかりましたが、本当に幸せな宝物のような日々だったとしみじみ思い出します。

ボンが病気になる前に夢を見ました。広くて緑の美しい公園のような場所でした。

ボンもいつもの跳ねるような歩き方でご機嫌にお散歩していました。

何故か鳥居が立っていて不思議な気がしたので覚えていました。

もう何年も経っているけれど、もしかしたら私達は今でも、あの夢の中で、時々お散歩したりしてるのかな、と思ったりします。

それから、熱心に診察してくれた、当時は開業したばかりの先生も、今では皆が名医と信頼する動物病院の院長先生におなりです。

やっぱり、ペットは家族だと思います

これは、私が中学生のころ飼いはじめた犬のお話です。

名前はコウスケと名づけていました。
元々は捨て犬で、私の父がたまたま散歩していた農道で出会ったようで、ひとなつっこくついてくるので、連れて帰ってきたのが、きっかけです。

私の家では、動物と言えば猫しか飼った事がなかったので、コウスケが来た時はうれしくて、うれしくて、何度も犬小屋へ行ってさわっていた記憶があります。

コウスケは、ガンでなくなるまでの10年間、私達家族と一緒に色々な景色を見たと思います。
外で飼っていて繋がれていたけど、行儀もよく番犬としても沢山活躍してくれたのです。

小さい頃は、ペットはペットだと思っていましたが、わたしも大人になりペットも家族なんだなと感じることができたのは、コウスケとの別れがあったからだと思います。

亡くなったのは早朝、夜も家族みんなで、様子を見に行き、最後はみんなに看取られて、天国にいきました。

もう、あのコウスケに会えないと思うと、どうして良いのかわからなくなるぐらい、悲しかったです。
あの鳴き声が聞けないと思うと寂しかったです。
力強くリードを引っ張るコウスケに会いたい。もっと散歩に行けばよかった。
そんな事ばかり考えていました。

ぽっかり空いた家族の穴は、なかなか埋まるものではなかったです。

もうあれから10年が経つのですが、ちょうど1年前、犬をもらってくれないかという、父の知人からの紹介。

私たち家族は、悩みました。
別れる時のあのつらさはもう味わいたくない。
私は反対しました。

ですが、運命的な出会いもあり、また父がもらって来たのです。

その父が、そのあと病気になり、後遺症が残るであろうと言われていたのに、今のワンちゃんのおかげもあり、奇跡的に良くなり、家族全員で、コウスケのように、今のワンちゃんもしっかりと可愛がっています。

一番かわいがっているのは、病気になった父です。
もしかしたら、コウスケが、父を助けてくれたのかもしれません。

コウスケ、ありがとう。

熱中症になって突然逝ってしまったユモ

 私は、現在31歳の男性です。今から10年ほど前、自宅の玄関に一匹の若い雌の柴犬がよく来ていました。犬好きだった私は当時大学生で、なんとかこの犬を飼えないかと思っていましたが、まだ実家で両親と暮らしていたのでそのことは言い出せませんでした。しかし、父親は私と同じく犬好きだったので、動物嫌いの母親の反対を押し切って自宅で飼えることになりました。私達はその犬をユモと名付けました。
 そして、翌年私は就職し自宅を出る事にしました。その時、一人で心細かろうと父親がユモを差し出し「一緒に二人で暮らしなさい」と言ってくれました。ユモは、大人しく人に従順な性格でした。その為、私が住み始めたボロアパートの大家さんもペットを部屋に入れる事を黙認してくれたのです。私は、ユモと過ごす日々が楽しく、ユモが可愛くて仕方ありませんでした。散歩には毎朝欠かさず連れていき、夕食は毎日一緒に食べ、寝る時も同じ布団で眠りました。
 しかし、今から5年前の夏、私が仕事から帰った私は台所で亡くなっているユモを発見しました。私は、昨日までは元気だったのにどうしたのだろうと考えた結果、締め切った部屋の中で熱中症にかかってしまったのだろうと気付きました。私は、エアコンをつけたまま出掛ければよかったのにと後悔しました。私は、悲しみのあまり2日間会社を仮病を使って休んでしまいました。その事を家族に言うと、酷く怒られました。誰にもこの悲しみを理解されず、私は奈落の底に突き落とされた気分でした。
 今は、ユモと同じ雌の柴犬を飼っています。勿論今まで以上に気を遣っています。

猫と会えたこと、ペットに感謝していること、また会いたいと思うこと

私とその飼い猫は高校生の時の学校のからの帰り道でした。雨の中ぴくりとも動かず倒れていたので、放っておけず、保護しました。
家につれて帰ると、両親は飼い主を探す間だけならとこの猫が家にいることを許してくれました。でも、子猫の可愛さにみんなメロメロ。我が家のペットとして迎えることになりました。
亡くなったのは、猫が12歳の時です。とても元気で毛並みもよく、健康そのものだったので家族全員長生きするだろうと思っていました。
亡くなる前年の夏からとても食いしん坊だったのに、急に気に入った物しか食べなくなり、何だか元気がなさそうな日がちょこちょこありました。秋には、1度病院に連れていきましたが特に悪いところは見当たらず。
あまり食べない、動かない日が続き冬には少し目に見えて痩せてしまいました。
実はその年の春から、私は仕事の完成で遠方に引っ越していました。なかなか猫には会えない日には、家族に猫の様子を電話で聞いていました。
「そろそろ猫は長くないかも」と、翌年の1月に家族から連絡がきました。食べ物もほとんど食べないそうです。
私は1週間後、急いで新幹線に乗り帰りました。あんなに堂々とツヤツヤしていた猫が、ガリガリ毛並みもボサボサ、何だか変な匂いもしました。
私は猫用の栄養ドリンクのようなものを1日に何回もあげながら、3日間ずっと傍にいました。すると今まで寝たきりでトイレもままならなかった猫が小走りしたり、外の景色を見に行ったり何だか気力が出てきた!と家族も喜んでいました。
でも私が家を後にしたあと、1週間もたたないうちに猫は亡くなりました。
猫は変化に弱いと聞きます。あまり甘えに来なかった猫でしたが、お世話をしていた私が急に居なくなり、ストレスを感じていたのでしょうか。
すごく後悔しています。もっと会いにくればよかった、地元でもっと仕事を探せば良かった、と。寝れない日が続きました。もう1度だけ会いたい、最後の半年は幸せだったのか?とは悲しくて考えたくもありませんが、今はその猫にとても感謝しています。私も家族も毎日が本当に本当に楽しい日々でしたから。

小学生の頃の桜文鳥との日々に関して

小鳥が好きだった僕は小学生の頃、自転車で30~40分ほど走るとそこには郊外のペットショップがあり、桜文鳥のヒナを買いました。しかし、勝手に飼ってしまったことに親は激怒。でもそんな母も父も鬼ではなく、動物は好きな方なので、家族の一員として育てることにしました。名前はハッピーと名付けました。
ハッピー手乗り文鳥なのに指を差し出してもつつくばかり、でも手のひらを見せるとそこに着地し、くるまって眠るのです。
そんな不器用さも愛くるしくて、ハッピーは大人になりました。
すっかり家族の一員として、朝早くにハッピーの鳴き声で起き、カゴを開けると勢いよく家の中を一周飛び回って、肩の上に落ち着く。それはもはや家族にとって習慣化していました。
そんな日々も終わりの日がやってきました。
ハッピーは突然の病気で、獣医にも何度も通いましたがダメでした。
獣医の方も「小さい身体でこの子はよく頑張ったよ」と声をかけてくれました。
僕はハッピーがいなくなった毎日を実感するのにとても時間がかかった。
じわじわとこみ上げてくる悲しみ、それでも自宅でくるまってるわけにもいかず、学校の授業中に突然流れ出す涙。
辛かった。
ペットの話、しかも小鳥のことなど周りの人からしたら然程大したことではない。共有し合える人もいない、静かに悲しみに耐える時間が辛かったです。
しかし、子供の頃のこの経験で学んだことは、より動物たちを大切にしようということです。
僕は今子供もいまして、子供達はペットを飼いたいと言っています。この想いは僕から子供にも引き継いで行こうと思います。

結婚してから3年間一緒に暮らして、18歳で亡くなった猫

結婚3年目に、主人が18年間飼っていた猫が亡くなりました。

年をとっていたので、いつどうなっても仕方ないと覚悟はしていましたが、お別れの時は突然やってきました。私たちは急に結婚が決まったこともあり、住居がなかなか定まらず、3年間で3回も引っ越してしまいました。後から思えば、度重なる引っ越しは老齢の猫の体に負担をかけたのだろうな、ごめんなさいという気持ちでいっぱいです。

私は主人と結婚してからその猫と暮らすようになったので、最初は懐いてくれるかとても不安でした。それまで実家では犬は飼っていましたが、猫はいなかったのでなおさらでした。でも最初の日から、抱っこしても嫌がらず、次の朝には私の布団の上にドカッと乗って起こしにきました。その時は結構図太い猫だなと思ったものです。

たったの3年間でしたが、私たち夫婦は猫を中心に笑ったり、泣いたりと楽しく暮らせました。老齢のためか、時々発作を起こして病院に駆け込むこともしばしばありました。一度は今夜が山ですと、お医者さんから言われて、待合室で夫と泣きくれたこともありました。

その時はなんとか一命をとりとめたのですが、それからは見る間に痩せていきました。エサは食べるのですが、階段を上る力がなくなったのか、2階にある寝室にも来なくなりました。抱っこしてやるとがりがりで骨ばかり目立ちます。砂時計のように、命の砂がこぼれ落ちて行くような感じがしました。

そんなある朝1階に降りてみると、眠るように亡くなっていました。一人にしないで寝室に連れて行ってやれば、看取ってやることができたかもしれないのにと思うと後悔の気持ちでいっぱいです。

今でも時々、何かをしている拍子に猫はどこに行ったんだろう、トイレのそうじしなくっちゃと思うことがあります。飾ってある猫の写真を眺めていると、自然に涙が出てきます。いつかこの悲しみも癒える時が来るのかもしれませんが、今は猫と過ごした時間を思い出していたいと思います。