17年経っても、まだ夢を見ます。

もう、17年前の話です。
小学校の頃から、13年間飼っていたマルチーズ。
大事な家族でした。

もう、よぼよぼのおじいちゃんで、目も白内障で真っ白。
いつも寝てばかり。歯もぬけて、ご飯もあまり食べられず、呼んでもあまり来なくなったので、見かけると悲しい気持ちになりました。

母はお仕事、私は大学で、家をあけることが多くなりました。
それでも、家に変えると、苦しいだろう身体で、玄関口までやってきてくれる、優しい子でした。

ある日、冷たくなっていました。
頭がおかしくなりそうでした。私にとって、彼は紛れもなく、家族であり、弟だったのです。
吐いて、眠れない日が続きました。
お恥ずかしい話ですが、たえられなくなって、逃げ道を探し、喫煙をはじめるようになりました。

少し、自尊心が強くて、小さい体のくせに、怒ると喧嘩してきて。でも、私が調子が悪いときはずっとなめて看病してくれていて、朝起こしに来てくれるような、そんな賢い子でした。

それがある日、いなくなったのです。三ヶ月くらい、まともな精神状態ではなかったと思います。
しかし、他人にとっては、所詮他人の犬なんですよね。
自分の家族以外にはみんな大したことがないような対応を取られ。唯一、心配してくれた友人の母親には今でも感謝しています。

もう、なくなって17年たちます。
ですが、一昨日、彼の夢を見ました。
一昨日だけではありません、一年のうちに、いまだに何度も何度も彼が夢に出るのです。話しかけてくることもあります。
勝手な思いですが、今でも見守ってくれるのかなと、都合よく思っています。

今も、この文章をうちはじめて、涙がとまりません。
私の心に、ずっと彼「コロ」は、いてくれるのですね。
天国で、少しでも幸せになってほしいと、心から願っています。

足を悪くしてしまった愛犬

私が小学生の頃、愛犬が足を悪くして動き回ることができない状態で生活しながら死んでしまいました。
子供によくありがちで、私も最初の頃はよく散歩につれていったのですが、散歩の頻度も減ってしまっていた中、愛犬が足を悪くしてしまい歩けなくなってしまいました。
子供だった私は、犬と散歩するよりも友達と遊ぶ方がいいと思ってしまい友達との遊びを優先させてしまっていました。私の親も自営業だったとはいえ両働きで、犬の世話あまりできている家ではありませんでした。
愛犬は足を悪くしてからは、ほとんど動き回ることができなくなってしまい、下半身を車いすのようなものに乗せてどうにか動くことはできても家の敷地の中だけで、とってもとっても辛かったのではないかと思ってしまいます。
そんな生活の中、愛犬は死んでしまいました。両親の話では、歩けなかったことで体の機能が悪くなってしまい、死んでしまったと聞かされました。私が小学校へ行っている間に死んでしまいました。愛犬を看取ってあげることができませんでした。またその時、足を悪くしたのも、何か犬にとって良くないものを食べさせてしまったのかもしれないと聞きました。
私は今でも思い出すと、もっと一緒に散歩すればよかった犬と遊んであげればよかったとと時々思い出し、後悔してしまいます。当時の私は犬に対する知識も思いやりも全然足りなかったと思ってしまいます。もっとちゃんと世話をすれば、もっと長生きしてくれたのではないかと思ってしまいます。

愛犬と暮らした8年間と辛すぎた突然の別れ

出会いは私が小学生の時でした。
母親に連れて行ってもらったペットショップで一目ぼれしたのがミニチュアダックスフント。
犬が大好きだった私はすぐに「欲しい!」と言いましたが、家族が犬をあまり好きではなかったことから反対されました。3か月間、毎日家族に頼み込み何度もの家族会議の末、やっとのことで犬を飼ってもいいとお許しをもらいました。

数日後再びペットショップへ行き、ついに一番元気なミニチュアダックスフントを買ってもらいました。
帰り道、自分の腕の中にいる子犬とこれから一緒に暮らすなんて信じられない気持ちと幸せな気持ちでいっぱいだったことは今でも鮮明に覚えています。

見た目がチョコレート色だったことから「チョコ」と名付け可愛がりました。でもチョコと一緒に暮らすと、散歩やエサやり、排せつの処理やケージの掃除など、お世話することがたくさん。
それでも大好きなこの子だから大変でもがんばれました。家族もだんだんとチョコが好きになってきているのを子供ながらに感じていました。春にはみんなでお花見に行ったり、夏には水浴びをさせに川に行ったり。どんなことをさせたら喜んでくれるかな?と家族で計画するのも楽しみの一つでした。

そんな生活が8年続いたある日、高校生になった私が学校から自宅に帰宅したときでした。
母親に話があると言われリビングに行くとチョコがきれいに広げられたタオルの上で横たわっていました。明らかに異様な雰囲気を感じ取った私は一瞬でチョコがもう動かないことを理解しました。母親が震える声で車にひかれたことを伝えてくれました。突然のことで言葉も出ませんでした。

冷たくなった体に触れ、涙が止まりませんでした。昨日まで元気に遊んでいたのにどうしてこんなことになってしまったの?もう一緒に散歩することはできないの?明日から顔も見られないの?チョコがこの世界からいなくなるの・・・?いろんな感情がぐちゃぐちゃになって泣くことしかできませんでした。これが夢だったらいいのにと何度思ったことか。

つらいお別れをして数日間は何も食べられない状態でした。テレビを見てもどうしてこんなにみんな楽しそうなんだろうとボーっと考えていたように思います。日常からチョコがいなくなったことでまさに抜け殻状態でした。ほかの犬をみるとどうしてもつらい気持ちが増すのでテレビなどでペット特集などをするとすぐにチャンネルを変えていました。

数か月がたちだんだんつらい気持ちを乗り越えられるようになりました。特にこれをしたから辛くなくなったというのはなく時間が癒してくれました。これを書いている今でも思い出すと涙が出るので、一生チョコをなくした辛さは心のどこかにあるのだと思います。でもチョコと暮らした8年間は宝物で幸せだったことに変わりはありません。その日々を胸にこれからも生き続けたいと思います。

愛犬の死が、私に教えてくれたこと

今から10年ほど前、私は22歳の冬に愛犬を亡くす経験をしています。
トラくんという柴犬で、亡くなったときはおよそ15才でした。

トラくんと出会ったのは、保健所で里親募集のイベントに参加をしたときのことです。
まだ1才程度にも関わらず元の飼い主から捨てられ、それでも人懐っこいとても可愛い仔だったのを覚えています。
その健気さに胸を打たれ、当時小学校低学年だった私は必死に親に頼みました。
必ず最期まで面倒を看るからと、何度も約束したのも今では懐かしいです。

トラくんとは、本当に色々なところへ行きました。
家族旅行にも欠かさず連れて行きましたし、私の部活動の応援にも来てくれたことがあります。
実は私は学校での人間関係が上手くいっておらず、いじめを受けていた時期も何年かありました。
しかし帰宅するとトラくんがいる、その姿に何度癒やされたか分かりません。

沢山の思い出や感謝、亡くなるときにはそれらが一気に溢れてきた記憶があります。

様子がおかしくなったのは、亡くなるほんの2日前くらいからでした。
出会いからずっと室内で飼っていたのですが、あるときから突然家に入るのを拒むようになったのです。
何か家族を避けているような、変な感覚がしました。

そしてその変化からすぐのこと、トラくんは私が朝起きると玄関のところで横たわり動かなくなっていました。
息はしているのですが、全く家族の声にも反応をしません。
慌てて病院へ連れて行くと、もう衰弱していてあまり持たないだろうと言われました。

このときの困惑と悲しさは、今振り返っても苦しくて涙が出てきます。
昨日まで元気だったのにどうして、もしかしてずっと無理をしていたのか、そういった思考を繰り返しては何とか奇跡が起きないか願っていました。

とはいえ推定で15才、心のどこかでは理解していたのです。
寧ろよくここまで元気でいてくれた、私たち家族を笑顔にしてくれたと、諦めではないのですがありがとうという気持ちの方が大きかったかもしれません。

亡くなる直前には、大きな遠吠えを2回して何かを伝えようとしていました。
実は他の愛犬家の方から、犬は死ぬときに遠吠えをするよと以前に言われていたので、これがお別れの挨拶なのかなと感じたのです。
そうして翌日、トラくんは私が大学から帰宅すると亡くなっていました。
最期は母と妹に見守られながら、ゆっくりと呼吸が止まったそうです。

最期に立ち会えなかったこと、それはとても悲しかったです。
しかし安らかそうだったと聞いて、少しだけ良かったとも思いました。
うちに来て幸せだったのかな、それは現在でも思い返してしまいます。

トラくんが亡くなってからは、何か大きな心の支えを失ったようでした。
夢にも1週間ほど続けてトラくんが現れ、一緒に遊ぼうとすると遠くへ行くのです。

また、私は当時就職活動を行っていました。
愛犬を亡くして辛いなどというのは個人の事情でしかなく、就職試験の期限は待ってはくれません。
自分はしっかり社会人になれるのか、その不安も大きく圧し掛かってくるようになりました。

こんなときにトラくんがいてくれたらと、何度も写真を見ては思ったものです。
突然迫られた別れへの覚悟、そして別れ、気持ちの整理など到底つくはずもありませんでした。
これがペットロスなのかと、痛いほどに実感したように思います。

愛犬の他界から3ヶ月ほどが経った頃、忙しさも手伝ってようやく前を向けるようになりました。
こうなって初めて気が付いたのが、時間が経つことの重みです。
悲しみが癒えることは叶わなくても、上手に向き合って過ごせるようになった自分には驚きました。
時間の解決とは、きっとこういうことを言うのでしょうね。

あれからもう10年、すっかり私も良いおじさんになろうとしています。
ペットは以来1回も飼ってはおらず、今後もきっと飼うことはありません。
与えてくれるものの大きさの分だけ、失ったときの悲しみも大きいです。
トラくんは自身の命を通じて、私に大切なことを教えてくれました。

現在ペットロスで苦しんでいる皆さん、今は悲しくても必ず前を向ける日はやって来ます。
現在ペットを飼っている皆さん、いずれ必ず別れの日はやって来ます。
常に少し先の未来を想像しながら、後悔のない時間を過ごしてください。

トラくんは、今も天国で幸せに過ごせているでしょうか。
私が頑張ればきっと天国に届くと信じて、これからも一生懸命に生きていきたいです。

海に流されそうになった子犬の命をお預かりいたしました!

今からちょうど8年前の初夏でした。柴犬のタロオスが亡くなったのは。少し赤茶色でちょっと間抜けな家族の一員でした。そこが超絶可愛かったんですけど。

寿命としては10数年生きたので長生きな方でしたが、その分家族として過ごしていた時間が長かったので亡くなった時の悲しみは相当深いものがありました。
今これを書きながらその頃のことが思い出されてしまい、正直胸が熱くなって涙が出てきそうになります。

さて、私がタロと出会った経緯は、こうです。
私の弟が幼い頃に友人から引き取ってきました。じつはタロはたくさん生まれた中の一匹だったので、元の飼い主が多すぎて育てきれないとのこと、そのまま海に流されてバイバイしてしまう運命にあったのでした。(非情な気もしますが)

丁度そんなときに元の飼い主さんが子犬を要らないか?と声をかけてくれたのがきっかけで我が家に来ることになったのでした。

そう、まだ目もあかないうちに段ボールに入れられて海にそのまま葬られそうになったんですよ。
たしかに、飼い主さんの立場になれば育てきれないし、責任を持てないならしょうがない面もあるなと同情する面もありますが。その話を聞いたうちの弟は早速、何匹かいた子犬の中から一匹を選びタロとなずけました。

選んだ理由は単純だったそうです、尻尾の尾っぽの一部がタロだけ白かったそうです。
例えるなら書道の筆先という感じですかね。

この世にある命には必ず死があります。死の瞬間に立ち会ったのは、私と父と母の3人でした。

実は、タロの具合が悪くなる前にちょっと3人で旅行をしようという計画が持ち上がっていました。
なぜそれが中止になったかというと、
母が「タロが具合悪そうで、万が一死んだら嫌だから、旅行はいつでも行けるから今回は家におろうや」といったからでした。

そんな母の直感はズバリ的中!数日中に急激に具合が悪くなってしまいました。
私たちは母の言ったとおりにしていたので後悔せずに済みました。

でも、最後の息を引き取るその時まで一緒にお別れができたのは本当に幸せでした。タロをひとりぼっちで死なせなくて本当に良かったと心から思います。
タロありがとうね。そしてさよなら。

愛犬の介護と私の後悔

二年ほど前に17年以上一緒に過ごしてきたミニチュアダックスフンドのジュリアが亡くなりました。
あと一か月も生きていれば、18歳の誕生日を迎えることができたのに・・・。

女の子でありながらも気が強い子でした。
『忠誠心がある犬』というよりはあたしについて来いと言わんばかりの気性でお留守番にも手こずり、不満も態度で示すような可愛げのない子でした。

若いころには出産も経験し、もし人間ならば、結構肝のすわった強い女だったんじゃないのかな、なんて思ったりもします。

私もジュリアも、あまりベタベタすることは好まず、もしかしたら猫なの?と思うほどあっさりした関係だったけれど、毎日を当たり前のように過ごしていました。

歳をとってくると、マニュアルでもあるみたいに寝てばかりいるようになり、節分の豆にも興味が無くなり、隠れて残飯を漁ることもしなくなりました。

更には、歩いてもつまずき、ご飯を食べたかも忘れ、狭い隙間に体を押し込め、自力で脱出できなくなりました。

皮肉な事に、老後になってからジュリアと私の心が通じ合うような関係になっていくのがはっきりと感じ取れました。

そういう経過を経て介護になり、一番大変だったのはトイレです。一晩トイレを我慢できず一緒に寝ている布団に漏らしてしまうので、私の就寝前に外へ行き用を足してから寝ていましたが、毎日のことでイライラすることもありました。

楽しく話しかけながらの日ももちろんありますが、無言で事務的に用だけを済ませていたことがどうしても私の中でクローズアップされてしまいます。

面倒だと思いながらの私の行動が今でも私の大きな後悔となっています。

やれることはやったような気もするし、そこには確かに愛情もありました。でも私はもっと優しさを持って、もっと何かができたのではないかと考えてしまうのです。

誰に話をしてもどんな風に慰めてもらっても自分の問題だとわかっています。

最後は目も衰えて見えてはいなかっただろうけど、夜空を見上げると、一緒に見た星空を思い出します。

ポロとの思い出。出会いから別れ

私は、中学生の時に、塾から帰って来るとシーズー犬のポロが居ました。まだヨチヨチ歩きで赤ちゃんでした。
ポロは人なつこくて、寂しがり屋、無駄吠えもしませんでした。また、防衛本能が低く、他の犬にも直ぐに近寄って行く割には、実はビビリで、虫などは怖がっていました。
また、プライドが高いのも見た目とのギャップが可愛かったです。

そんなポロですが、11歳の時から心臓を悪くします。一度美容院兼お医者さんにカットして貰った際に、心臓に擬音がすると言われたのですが、それが始まりでした。シーズーは心臓や耳の疾患が多い様です。ポロが亡くなるまで、何度か発作で危ない時がありました。苦しそうで、本当に辛かったです。また心臓の発作は所構わず起きます。いつそのまま亡くなってもおかしくない状況が2年近く続いていました。発作が起きる度に、ポロは、食べ物を食べなくなります。単純に食欲が無いというより、食べ物により発作が起きている、もしくは食べ物を口にするのが、怖くなっているのです。ポロは元々は大食漢で大きかったのですが、痩せて行きました。3日、4日と食べない日が続きました。ポロからしたら、食べ物を口にして発作が起きるなら、食べずに、発作が起きず、一日でも生き延びたという気持ちが強かったのでしょう。そんな時は、鼻にアイスを塗ってあげます。すると、食欲の本能に火がつき、食べ物を口にします。こんな日が続いていましたが、ある朝ポロは、机の下で隠れる様に亡くなっていました。亡くなってから17年経ちますが、愛犬家だった実家は、ポロへの気持ちが強く、それ以来ペットは、いません。しかし、今でも毎年思い出します。辛かったですが、思い返すと楽しい事の方がずっと多かったです。ポロに出会えてよかったです。

ドライブが好きだったゴン

7年前の春、13年一緒に過ごしてきたマルチーズのゴンが天国に旅立ちました。

ゴンとの出会いは学生の頃、下宿先の近くのペットショップ。いつかは犬を飼いたいな、でもアパートだし無理だよな、と思いながら見ていたところ、店員さんの「抱っこしてみますか」の声で抱っこさせてもらったのがゴンでした。

初めて触る子犬の感触。小さな命のはかなさ、温かさに触れて、もう離れることができなくなっていました。

貧乏学生には思い切った値段でしたが、夏休みの旅行に行こうと貯めていたお金でゴンをアパートに迎え入れました。大家さんには内緒だったのですが、今思えばきっとばれていたんでしょうね。

ゴンが来てから生活は一変しました。大学に行っている間も留守番をしているゴンのことが頭から離れず、講義と講義のちょっとした間にも様子を見に帰る毎日。友人から付き合いが悪くなったと苦笑混じりに言われても、初めての子犬のお世話に必死でした。

大学を卒業し上京。東京の外れでペット可のアパートを借りました。

休日には公園やドッグランで思い切り走らせたり、長期休暇の際はゴンと一緒に実家の新潟までドライブ。車に乗ることが好きなゴンは、助手席のドアを開けると自分から飛び乗り、目的地までいつもおとなしくしてくれていました。

10歳の頃、すっかりおじいちゃん犬になり動きも少なくなったゴンに異変が見られました。食事をあまりとらなくなり、食べても吐いてしまうことが続きました。呼吸も苦しそうにゼイゼイとすることがあったのでかかりつけの獣医さんに見てもらったところ、心臓に異常が見つかりました。

先生曰く、今すぐ危険というわけではないものの激しい運動は禁止。ゴンの好きなドッグランやドライブもだめとのことでした。

それからはほぼ家の中だけで過ごす穏やかな毎日でしたが、それもゆったりとした心地いい時間でした。

その日は突然やってきました。

診断から3年後の朝、私が起きたらゴンは冷たくなっていました。

目の前が真っ暗になり気を失ってしまうのではないかと思いました。そこからの記憶はあまりありません。病院に連絡し死亡の診断を受け、犬のお寺の連絡先を教えてもらい、火葬して頂いたことも全て夢の中の出来事のようでした。

ただどうしようもない現実、ゴンがいないという現実だけがはっきり突きつけられました。

ゴンが亡くなって以降、他の犬を一切見ることができなくなりました。テレビのペット番組はすぐチャンネルを変え、散歩している犬からはできるだけ離れるようにしました。

しかし、ゴンの死から3年経ったある日。突然何の前触れもなく、ゴンの死を受け入れることができました。あまりに突然のことで自分がびっくりしました。

時間が解決してくれる、とはよく言われることですが、私にとってゴンの死を受け止めるには3年という時間が必要だったのでしょう。

ゴンの命日には毎年お墓参りに行っています。お墓に一緒に収めたお気にいりのクッションで、ゴンは今日も楽しくどこかをドライブしていることでしょう。

辛いおもいから、逃げなくても良い

中学生の時に、友達が捨て犬を拾ったのですが、既に犬を飼っていたので親から飼えないと言われたようで、飼い主を探していました。

私は両親に相談をしたところ、父が犬が嫌いだったので予想通りNGが出ましたが、ずっと粘り、やっとOKが出ました。

私が散歩や餌やりをやることと、外で飼うことが条件でした。

父は飼ってからも犬嫌いは変わりませんでした。

私が熱があり母も忙しい時には、誰も散歩も餌やりもできません。

さすがにそんな時には私に変わって餌やりやぎこちない散歩をしてくれてはいました。

しかし、見ていると明らかに義務でやっているような感じで、終わったら逃げるように家の中に入ってしまいました。

そのうち、飼っていた犬は血便をするようになり、食欲も落ちていきました。

たまたま父の親友が獣医をやっていたので、その人に診てもらったところ、ガンを患っているとのことでした。

ガンはかなり進んでいるとのことで、早めに手術をしてもらうことになりました。

まだ飼って3年くらいでしたし、進行しているとはいえ、大丈夫だろう助かると思っていました。

しかし手術の2日前に、犬小屋で亡くなってしまったのです。

それを見つけたのは私ではなく、父でした。

その後、家族で犬にお別れをし、家の庭に埋めてあげることにしました。

その時に、みんな泣きましたが、一番泣いたのは父親でした。自分の親の葬式でも泣くことはなかった父なので驚きました。

その後、私も母も「ペットとの死は辛いから、もう犬はかえないね」という話をしましたが、父からも「辛いから、もう飼わないでくれ」と強く懇願されていました。

それから数年、父はなんと、自ら知り合いの家で産まれた犬をもらってきたのです。

私も母も、もう辛いおもいをしたくないから、飼いたくないと大反対しましたが、押しきられて飼うことになりました。

それから10年以上たち、その犬は老衰で亡くなりました。

その時も辛くて、もう飼いたくないと思いました。

しかし、辛い辛いではなく、今まで過ごしてきた時間の大切さや、大事な思い出を大切にしてあげることが大事なのではないかと思いました。

辛さから逃げる必要はなく、辛い自分を認めてあげたら良いのかなと思います。

今、自分の都合でペットを捨てる人が多い中、最後まで一緒に過ごしてあげたこと自体、飼っていた犬は嬉しかっただろうと思いました。

幼い私に色々なこと教えてくれた愛犬マリとの悲しい別れ

今でも鮮明にマリとの記憶は、私の心の中に残っています。マリは、真っ白いフサフサの毛をしたスピッツで、私が物心ついた頃には、いつも傍らにいました。マリは、メスのおとなしい性格の犬で、父親が独身の頃からの相棒で、そのまま我が家のメンバーとして一緒に生活していました。マリの小屋は、我が家の縁側のすぐそばの庭の中にありました。

田舎で育った私は、幼い頃から、マリと父親と一緒によく散歩に出かけました。時々姉も同行し、自然に囲まれ環境で私は男の子の様に、マリと野原を駆け巡り、雑木林で遊び、小川をジャンプで飛び越えたりしながらマリとの生活を楽しんでいました。幼い私をマリは、いつも見守ってくれて、危ない道や小川があると、私のことをいつも立ち止まって、見ていました。インドア派の母親に帰宅して、マリのそんな様子を話すと、マリは自分より私が弱いから心配で見守ってくれているんだと母親は言っていました。

ほとんど吠えることがないマリが、決まって吠える時は、雑木林で蛇を見つけた時や、見知らぬ人が家を訪れた時でした。マリにとって見知らぬ人でも、私たち家族がその人と、親しそうに話していると決して吠えることはありませんでした。私は、そんな賢くて優しいマリが大好きでした。

私が7歳の頃、マリの体調に異変が出てきました。元気だったマリは、好きだった散歩へ行くことさえ嫌がり、尻込みするようになりました。そしてついに、食事の時でさえ、外へ出て来なくなってしまいました。寒いのか、時々体が小刻みに震えていました。

明らかに体調が悪そうでしたが、動物病院もほとんどない時代でしたから、どうすることもできませんでした。私たちは、ただマリを見守る事しかできませんでした。いつも外で生活していたマリを、家の中で飼うことにしました。それでも、マリは、やっぱり自分の家のほうが良かったのか、フラフラの体でも、外にある自分の小屋へとすぐに戻ってしまいます。

家族が心配していたことが起こってしまいました。ある朝、父親がマリの様子を見に行ったら、すでにマリの体は冷たく、マリは自分の小屋で、私たちの目を避けるように、亡くなっていました。私は、悲しすぎて朝から晩まで泣きました。その日は日曜日でした。涙がこんなにも出るものだと初めて知りました。世の中にこんなに悲しいことがあるのだと、7歳の私は、気づかされました。その時に、生きていてもいつか、死というものが訪れるのだと初めて感じ、今でも幼い頃に、悲しくて泣いていたその光景が脳裏に浮かんできます。

マリとの別れから40年以上が過ぎますが、マリを回想しながら、こうして文章を書いているだけで涙が出てきます。

もう一度マリに会いたくなりました。