5年経った今でも写真に手を合わせています

5年前の3月愛犬の「ぷー」を亡くしました。
ぷーは嫁が連れて来た犬で、結婚する前から遊んでいました。小さい頃から知っていたので家族同然で、自分にも馴染んでいましたし、ぷーの世話は自分が担当していました。

5年前の3月仕事中、職場に嫁から電話があり、突然ぷーが死んだと聞かされました。
一瞬何が何だかわからなく、頭の中が真っ白になったのを覚えています。

職場のスタッフにお願いして早退させてもらい家に直行しました。そこには箱に横たわったぷーが眠っていました。
人前で泣いたのは何年振りかわかりません。

嫁から聞かされた話ですが、獣医さんいわくお腹に腫瘍があったらしく、病院に着いた時は手遅れだったらしいです。

自分はその日仕事に行く時、家に誰もいなく、ぷーがイタズラしないように洗面所のなかに閉じ込めて家を出ました。少し嫌そうな顔で見送ってくれましたが、
それがぷーとの最後になるなんて思いもしなかったです。

その当時まだ娘も小さかったのであまり記憶がないらしく、たまに「ぷーどこ行ったの?」、「ぷーはもう帰って来ないような気がする」などと言われるとものすごく辛いです。

もういないぷーを今でも家族として娘が認識してくれている事は大変嬉しいですが、同時にぷーがいない寂しさを痛感します。

思い返せば、面倒くさくて散歩に行くのをサボってしまったり、トイレに連れて行くのを渋ったり、もっと遊んであげれば良かったなど、後悔する事が多々あります。

葬式の時、ぷーの小さい時の写真を見て、それまでの思い出が走馬灯の様に蘇って娘の前なのにも関わらず泣いた事を覚えてます。

家族を失うと悲しみが消える事は無いと思いますが、それでも写真に手を合わせてその日の報告をするとぷーが身近に感じます。

突然の愛犬の死亡連絡に勤務中なのに号泣してしまい

幼犬から家に来て、10歳までずっと一緒だった愛犬の突然の死亡連絡が来たのは仕事中でした。

社会人1年目、東京へ上京して仕事をしていた私へ、日中なのに母から連絡が入りました。
なんだろう?と思い電話をとると、そこには泣いている母が・・・

どうしたの?何があったの?と言ってもごめんなさい、ごめんなさいと謝ってばかりで、一向に理由を言ってくれる気配もなく、仕事中の私はまた夜に掛けなおすと伝えて切ろうとしたら、愛犬が亡くなったとポツリと言って切られてしまいました。

それだけ聞いた私は、勤務中なのに号泣してしまい暫く席に戻れませんでした。
残業をしない様に必死で終わらせ、母へ連絡をしてやっと聞き出せた内容は、交通事故死でした。

元々とってもやんちゃで、たまに脱走をしてしまう愛犬でした。
それでも、逃げ出してもその日のうちに帰ってくるので、母も見つけに行かなかったそうです。

事故にあう2日前に脱走して、珍しく帰って来なかったそうです。
次の日にも帰ってこなくて、心配した母が探しに行き、近所の人に見かけた情報を聞いたりして探していたら、遠くでブレーキの音が
聞こえたそうです。

あんなに急に止まって、危ないな。
そう思って、その付近まできた時に何かが倒れているのに気付いたそうです。
まさか・・・動物が引かれた!?と内心思った母は引き返そうと
思ったそうです。

でも、なんだか行かなくてはいけない衝動にかられたそうです。
近づいたら・・・そこに横たわっていたのは愛犬でした。

母は早く探しに行かなかった事を今でも後悔しています。
いつもの事・・・そう思い込むのもどんな理由でも止めようとも
思ったそうです。

私もそれ以来いつもの事、どうせ等決めつける事をしないように
心がけています。

まだ生きれた命、決めつけなければ寿命を全う出来たと思うと
いつまでも心が痛みます。
そう母が話すたびに、私もとても哀しくなります。

帰省するまでがんばって生きていてくれた愛犬との最高の10年間の思い出

高校生になってすぐ友達の近所に子犬が産まれ欲しい人を探しているとのことで、親に許可をもらい、茶色の柴犬オスを貰いました。

一度、小学生のころまでうちには犬がいたので買い方や、小屋などはありましたが、新しい家族が出来てみんな喜んでいました、子犬のころは本当に可愛いですし、みんなで取り合いでした。

段々と、成長し大人になり賢くなり、もう家族の一員でアイドルでした

ちょうど日韓のワールドカップの前だったので、サッカー少年だった自分は、ベッカムとなづけました。

最初は全く覚えてもらえない名前も、ワールドカップでベッカムブームが来ると、みんなにすぐ覚えてもらえました。一緒に散歩したり、遊んだり毎日の癒しでした。

大学までは実家から通っていたので毎日の見送りはしてくれました。

大学を卒業すると、一人暮らしを始め、実家から離れるのでベッカムとはお別れになりました、この時は本当に寂しかったです。

月に一度は帰るように心掛けて、帰るたびに沢山遊んであげましたが、だんだん、自分が帰るのがわかるとなかなか、離れず帰してもらえませんでした。

だんだん、ベッカムも年を取り、老犬になってきていました。

昔のような元気はなく、落ち着いているというか、ゆっくりな行動になっていました。調子もだんだん悪くなっていてでも会えば元気にしっぽを振って寄ってきてくれます。

10歳になったくらいには、もう散歩もいけないくらい弱っていて、自分が実家に帰るときまでは、頑張って生きてくれましたが、みんなで夕ご飯を食べた後、外に飛び出して、そのまま舌を出してなくなっていました。
急にだったので信じられなかったですが、自分が帰ってくる日まで一生懸命生きてくれて、最後に遊べて家族と一緒にご飯を食べてから旅立ちました。

本当に悲しかったです。いつかこの日が来るというのはわかってはいましたが、現実は認められません。
それ以来、ペットは飼っていません。

一緒にいる時間は最高のパートナーですが、別れは辛すぎます。大切な命ですので、また次に飼うときは最高の愛情を与えたいです。

愛犬と過ごした3年間はかけがえのない思い出。10年経っても後悔や悲しみが。

小学校1年生の時、母親の再婚で引っ越した時のことです。引っ越し先で初めてゴールデンレトリバーの「タロー」に出会いました。今までマンション住まいでペットとの生活に縁がなかったこともあり、これからのタローとの生活に胸をときめかせていたのを覚えています。それからは学校終わりに散歩に連れて行ったりもしました。
 毎年夏休みには母方の実家に数日間行くことになっていたので、小学校4年のその夏もいつものように数日間家を空けました(父と父方の祖母は家に残っていました)。楽しい時を過ごし、家に帰ると父がどことなく悲しそうな表情でこちらを見てきました
 「タローが今朝死んだ」
 私は父が何を言っているのかわかりませんでした。始めて会ってからまだ3年しかたっていません。これからもっと仲を深めていきたいと思っていたのに。最後の方は散歩もめんどくさがって散歩も毎日連れて行ってあげていません。タローのことをいろいろ考えているといろいろなことが頭に浮かんできます。そういえばタローが何歳なのかもわかっていません。私はタローのことをわかっているつもりで何もわかっていませんでした。今、思い返しても胸が締め付けられる思いがします。しかし、私以上に長い時を過ごしてきた父の悲しみに比べたら、まだまマシだったかもしれません。
 ペットの死は確かにつらいです。十年以上たった今でも思い返しても後悔や悲しみが出てきます。しかし、命の大切さを学び、優しさを知るといった体験ができるのも事実です。ペットとの生活は楽しいです。タローと過ごした約3年は僕のかけがえのない思い出としていつまでも残り続けるでしょう。

愛犬が亡くなって1年後夫の説得で納骨したがいまではよかったと思う。

うちにやって来た子・・茶色と白の毛のコントラストがはっきりしたシーズー犬でした。
「アトム」と名ずけました。
産まれて40日・・共働きでしたので、日中一人にさせておくのが心配で、仕事が終わるとタクシーで帰っていました。(笑)

アトムが来てすぐ、私は長男を妊娠していることがわかりました。アトムが連れて来てくれたのかな・・5年できなかったのに。

産まれて来た長男の横には、いつもアトムがいました。
たまに、息子に「俺が兄貴だぜ!」と言わんばかりに、おしっこをかけられたこともありました。

長男と一緒に育って来たアトム。

食いしん坊で、目を離したすきに息子のメロンパンを全部(5個)食べちゃって、知らん顔。みんなの食べているものも「僕にもちょうだい・・」と、瞳をウルウルさせる・・。

その瞳が可愛いくて、可愛くて・・。

大人になったアトムは、まさに我が家の「ご長男」様。
いつの間にか、弟は2人に・・。
その頃から、たまに痙攣をして苦しむことが多くなって来ました。
病院では、少し心臓が弱っているかな・・とのこと。
まさか、そんなに早くお別れが近かったなんて思っていませんでした。

11月の初め・・「しまった!寝坊した!」と寝室のドアを開けてリビングに飛び出しました。いつになく寒い朝・・。床に横たわるアトムをひょいと飛び越えました。

「あれ?」

朝、リビングに出ると自分の寝床から飛び出して「ママ」ってくるのに今日は・・。

冷たい床に横たわり、動かない・・。
「アトム」「アトム」と、二回呼んでみました。
が、その体はピクリとも動かず、目は空を見つめています。

一瞬、「ぬいぐるみ?」と、思うくらい不自然な光景。

私は、足元から何かが這い上がってくる感触を覚えました。
そこから動けず夫を呼びました。
横たわっているアトムのそばによることができないのです。

「死んでるんでないか?」夫は冷静に一言・・。

気が動転していてその後のことがあまり思い出せないのですが・・。
病院に電話をした時、先生が「もう死後硬直してるんだよね?助けられないわ・・」と、言われたことだけ鮮明に覚えています。心臓発作のようでした。多分、苦しくて吐いて、私たちの寝室の前まできて、生き絶えた感じでした。ごめんね、苦しかったのに一緒にいてあげれなかった、ママを探した?ママ、このドア開けて!って、思った?こんな形でのお別れしかできなかったの?と、私は悲しくて仕方がありませんでした。

その日は、仕事をどうしても休めず出勤しました。バスタオルにくるんでおいて来たアトムが、帰ったら生き返っているんじゃないか、「ママ、脅かしてごめんね」と、飛びついてくるんじゃないかと帰りましたが、そんなことはなかったんですね・・。半分開いた目は、何度閉じようとしても閉じませんでした。
翌日、動物霊苑で火葬してもらい小さくなったアトムをうちに連れて帰りました。
何日も眠れない日が続き、何も手につかなくなりしばらくは、義理の母が家事をしに来てくれていました。

1年後、夫の説得もあり泣く泣く納骨をしましたがいまでは納骨してよかった・・と、思います。
けじめがついた感じがして、少しづつアトムとの日々も振り返ることができるようになりました。

来年春、アトムが亡くなった時2歳だった下の息子が、家を出ます。そろそろいいかな・・アトムの次の子を迎えるのには。
そんなことも思えるこの頃になりました。

アトム、そちらでは幸せに暮らしてる?

そろそろ、ママのお話相手に誰か迎えようと思うんだ・・
いいよね?
「うん、そうだね」と、言ってね。

遠距離恋愛の彼女に振られた日に愛犬も亡くなった。大事な物は失ってから気付く。

小学生4年生の時に飼い始めたペットの犬が死んだときは今までで一番悲しい出来事でした。

その犬を飼うまでに、雨の日に子犬が紛れ込んできたこともあり、その時に飼うことを親から許して貰えなかったりと悔しい出来事があったりと犬を飼いたくて仕方がなかったです。

待望のその犬は、親戚から譲ってもらった犬で、白と茶色の混ざった柴犬みたいな感じの雑種で、耳のところが茶色でパンダみたいな感じだったので、パンダという名前にしようと姉が提案しましたが、最終的にアニメからとってペスという名前になりました。

飼い始めてからは一緒に遊ぶのが楽しくて、毎日遊んだり、一緒に昼寝をしたりと、いつも一緒に過ごしていましたが、大学受験などで忙しくなったり、彼女が出来て夢中になったりと、だんだん相手をすることが少なくなりました。

そして、22才の時に朝起きたら死んでいました。
前の晩の夜中に吠えたり、鳴いたりということがなく、夜中は気気づかなかったですが、苦しんだような顔をして死んでいたので、一人で苦しんでいたと思います。
少し前から苦しそうな咳っぽいことをしていたので、喉が悪かったと思います。
散歩の時に、ものすごく引っ張っていたので、それが原因だと思います。
その後動物霊園に行き火葬してもらいました。

いなくなってから、大事さに気付くということはよく聞きますが、本当のことだと思いました。
生きていた時は、他のことに忙しくて、興味があまりもてなくなり、相手をすることが少なくなっていたので、もっと一緒に遊んだり散歩したりすれば良かったと後悔しました。

同じ日に遠距離恋愛をしていた彼女から振られるということもありました。
原因は忙しくて相手をできていなかったことだと思います。
大事なものを二つ同時に失って、やる気も気力もなくなり、とても悲しかったです。

それからは同じような過ちをしないように、ペットを飼うのをためらっています。

帰省を待っていたかのような愛犬の死。12年経っても涙ぐむ

 高校生のころ、母親が外で空き地から子犬を拾ってきた。空き地で段ボールから出たり入ってりしていたようです。可哀そうで連れてきたとのことでした。うっしーと名前をつけ、家で飼うことになりました。うっしーは目がクリっとして、可愛い雌の犬でした。何となく、日々の生活がつまらなく、イライラすることが多かった僕は、うっしーに癒されるようになっていきました。姉が二人いましたが、何となく妹ができたみたいで、可愛がりました。

 5人家族でしたが、うっしーは愛嬌があり、皆に可愛がられ、家族の一員となっていきました。うっしーは朝方3時や5時に僕を起こし、散歩に連れていけとよくせがみました。僕は眠いながらもうっしーに頼まれては、連れて行かないわけにいかず、ぼんやりと朝方の散歩をしていました。手はかかりましたが、それがまた愛おしく思いました。

 僕は、大学進学の関係で、地元を離れ、別の地で生活していました。実家に帰るときはいつもうっしーに会えるのを楽しみにしていました。

 離れていて暫くぶりに会ううっしーは、次第に年をとったと思わせるようになっていきました。

 大学が忙しく、しばらくうっしーに合わない日が続きました。

 国家試験の勉強のため、実家に戻ったとき、うっしーは尻尾を振って近づいてきました。僕は何となく、違和感を覚えました。生気がなく、よろよろしている感じがして心配になりました。呼吸も荒い感じがしていました。帰省して直ぐに散歩に連れて行きましたが、呼吸が荒く、直ぐに家に戻らせようとしました。家に戻ろうとしたとき、なんとなく寂しい表情を浮かべていました。

 その日の夕方から更に呼吸状態が悪くなり、横たわっているうっしーを見て、母親と二人で動物病院に連れて行きました。うっしーはそのまま他界しました。

 自分も悲しみでいっぱいでしたが、家族を失った母親の狼狽ぶりが凄く、自分はしっかりしなければと思いました。

 あと一日自分の帰省が遅ければ、うっしーの最後にも立ち会えなかったと思うと、うっしーは僕を待っていたんだなと思いました。

 あれから12年くらい経ちますが、未だにうっしーのことを思い出し、涙ぐむことがあります。

 自分の心を成長させてくれ、家族を繋げてくれたうっしーに感謝しています。

 

連休に心臓の発作を起こした愛犬。それいらいGWがキライになった。

去年の春に、愛犬のビーグルを亡くしました。その年の4月には「太っている以外は悪いところもない。長生きしますよ」といわれた16歳、もうとっくに高齢犬でしたがすぐに別れることになるとは思っていませんでした。
6歳でやってきた譲渡犬で、名前はアリスとつけました。ビーグル特有のコントラストの強い先の白い尾は、イングランドでウサギ狩りをやっていた先祖からのトレードマークだったので、不思議のアリスを連想し、そんな名前を選びました。

一度動物管理センターまで入った経験があるため、本当になつくまでおよそ1年はかかりました。でも仲良しになってからは、一緒に散歩し、よく食べ、キッチンでいたずらし、私のベッドで文字通り大の字になって寝息をたてて寝ました。

14歳になった頃、頚椎ヘルニア、関節炎と、シニアらしく衰えはありましたが、耳をパタパタさせてはしゃぐさまは子犬そのもので可愛かったです。

最後の年、外耳炎を起こして病院通いをしたら、もう病院は嫌だと車に乗ろうとしなくなりました。それでも何とか治療を終え、ワクチンも済んだゴールデンウィークに、異変が起きました。

多少、食べ過ぎて吐くということはたまにあるので、初めはそんなに深刻に思わず、好きな缶詰やチキンを買い与えて、これを喜んで食べるので心配しませんでした。けれども、連休に入るなり食欲がダウンしました。

私が仕事から帰り、アリス、ただいまーと声をかけると、いつものように転がってべったりくっついて甘えました。でも散歩に行く元気もなく、水を飲んでは吐いてしまうのです。連休中でかかりつけの病院は休診ですが、明日は月曜だから朝一番に連れて行く、嫌がるだろうけどやむをえない、ということになりました。
そうして間に合いませんでした。朝方、けふっと咳き込んだのが最後でした。

後日、ドクターに聞いたところでは、これは心臓の弁が急に異常を起こしたのでしょうとのことでした。
翌日病院から花が届き、これを見たときにアリスを亡くしたことが急にリアルに迫ってきて、雨が降って濡れてもどうでもいいという感じになり、地下鉄に乗ろうとして吐きそうになりました。

アリスにかまう時間が減ったのに部屋も庭も散らかり放題で暗くなりました。
その庭に、なぜか見たこともない猫がいれかわり立ちかわり訪れるようになり、アリスが様子を見るようにいいつけたに違いない、とふと考えるようになって、少しずつ気分が落ち着いていきました。

アリスは人間で言えば93歳の大往生です。けれどもその悲しみは乗り越えることはできないし、無理に乗り越えなくてよいと思います。ゴールデンウィークは今も大嫌いです。ただ、一緒に過ごした時間を微笑とともに、あるいは涙とともに思い出すとき、硬くなった心がほどけていくのは感じます。

愛犬と最期に一緒に居られなかったことを夢に見るほど後悔

5年前に我が家の愛犬が亡くなりました。ハナという名前の女の子で、シーズーの血が入った白くてふわふわして可愛い犬でした。

彼女の具合が悪くなったのは丁度わたしが大学に入学したころからでした。彼女はまだ10歳でした。

ハナがなんだか食欲がないとは聞いていたのですが、わたしは入学と同時に一人暮らしを始めており毎日が忙しかったのでそれほど心配していませんでした。

あまりに調子が悪そうなので病院に連れて行くつもりだと親から聞いた時もわたしは特に心配せず、自分から連絡することはありませんでした。

次に母親から電話がかかってきたとき、彼女は泣いていました。ハナは癌にかかっているというのです。詳しく検査をしなければ良性か悪性かは分からないものの、癌という病名はわたしたちに大きなショックを与えました。

癌は悪性でした。そこからはハナが死んでしまうまであっという間でした。癌はすぐに彼女を蝕んでいきました。癌が分かってから半年もしないうちに彼女は死んでしまいました。

わたしは8月の夏休みに実家に帰り、ハナとたくさん触れ合いました。彼女はとても元気そうで、両親も「あなたが帰ってきたからハナも元気になったみたいだ」と喜びました。わたしもその光景を楽観的に受け入れ、二週間程度で大学に戻りました。

ハナが死んだのはわたしが戻った一週間後でした。もうしばらく実家に滞在しておけばよかったと今でも後悔しています。しかもどうしても大学でしなければいけない用事があったため、彼女の葬儀に参加することも出来ませんでした。

今でも夢に見るほど後悔しています。大事な家族の最期の瞬間に立ち会えなかったというこの記憶はわたしの中から一生消えることが無いのだと思います。

一緒に成長してきて、安らかに眠るようになくなった愛犬

もう、 7年以上前のことです。

僕が生まれるよりも前からベスという犬がいました。
ベスは20年以上の生涯を過ごし、老衰でなくなりました。

ある朝いつものようにベスに「行ってきます。」と挨拶をして家を出ました。
その時は、いつものように元気にしっぽを振って見送ってくれました。

そして、夕方いつものように帰って来るともうベスは、なくなっていました。
とても穏やかな顔でまるで眠っているようでした。

そして、次の日に火葬してもらいに行きました。その時、涙が出そうでしたがぐっとこらえて、ベスを見送りました。
しかし、家に帰っていていつもベスごいた場所を見て、我慢できずに泣いてしまいました。

自分より年上で先に生きていましたが、一緒に成長してきて、家族の中でも一番仲良かったので、遊んだり、ご飯あげたり、散歩したりいろんな思い出がよみがえってきて、号泣してしまいました。

最後、死に目に合えなかったことを今でも後悔しています。
しかし、苦しまずに亡くなっていたらしいので、良かったかなとは思っています。

いつも、ベスがいた場所を見ると思い出して今でも泣きそうになります。

家族が亡くなるというのはとてもとても悲しいことなので、我慢しないで思いっきり泣く方が良いと思います。

亡くなっても、楽しかった思い出はなくならないので、今は悲しいという気持ちよりも、楽しかった思い出の方が思い出されて、ベスの分ももっと成長していけるようになりたいと思っています。

もし、またベスと会うことができるなら、大きくなった自分を見せて驚かせたいです。

今はまだ飼うつもりはありませんが、将来、犬を飼うときがあったら、また新しい犬とも一緒に成長していけるように、仲良く過ごしていきたいです。