病気に侵されていても生き続けた犬。フィラリア病

中学2年生の夏でした。休日、朝起きると玄関で飼い犬のももが倒れていました。

私は天国に行ってしまったと確認していないのに見た瞬間に悟りました。

飼い犬のももは私が生まれる前に祖母のところで飼っていた犬から生まれた子犬でした。

うちで引き取って育てていて子どものころからの友達のように又はもうひとりの親のように、ももは家族でした。

庭で飼っていたので居間の窓を開けるとももが顔を出して窓のふちに私が座ると足をペロペロ舐めてきたりして、すごくかわいかったです。

いつも学校から帰ってきたらももが吠えて出迎えてくれて、私だとわかるとしっぽを振って駆け寄ってきておかえりなさい。と出迎えてくれるようでした。

でも、もうその夏から学校から帰ってきた私を出迎えてくれるももはいなくなりました。

面影を感じながら、寂しくガランとした庭を眺めてはもものことを思い出す日々が続きました。

今にも吠えて近くによってきているような感覚になります。

ももの様子がおかしくなったのはその年の1月頃でした。散歩をしていると急にももの足がカクっとなり、すぐに持ち直しましたが、歩きにくそうにしていました。ちょっと躓いたのかなと思っていると少し歩くとまた、カクっとなったので不思議に思い病院に親と一緒に連れていきました。

獣医さんに診てもらうとフィラリア病だと言われました。蚊やダニノミに刺された犬に血液から寄生虫が侵入する病気です。

その寄生虫が心臓にたくさんまとわり付いていて、獣医からはもう死んでいてもおかしくないと言われ、ショックを受けました。

それから週に1回の点滴をしながら、自宅で療養していました。次第にももは歩けなくなり、そのストレスから夜中に吠え続けることがしばしばありました。

そして夏に天国へ旅立ちました。

もちろん覚悟はしていましたが、家族全員悲しみにくれ、その場から動こうとはしませんでした。

もう少し早く病院に連れて行ったり、予防注射をしたりしておけばよかったと後悔しております。

ももにはよく頑張ったね。ありがとうと声をかけて埋葬しました。

散歩が大好きなペットの犬が、散歩途中で倒れて手術中に息絶えた

数年前、ペットの犬が死んでしましました。
父が車を運転中、道に飛び出してきた子犬を持ち帰って、飼うことになった犬です。
ビーグル犬が少し混ざった感じの雑種で、耳が垂れていてとてもかわいい犬でした。
好きなアニメに出てきた犬の名前を付けて可愛がっていました。
すでに飼っていた雄の柴犬との間に子供を3匹もうけてくれました。
その3匹もすべて飼うことになったので合計5匹でした。
毎日、朝と夕方に家族5人で1匹ずつすべての犬を散歩させるのが日課でした。
その子を飼い始めて6年がたったころ、朝散歩させようとすると、少し元気がない様子でした。
でもすぐに普通に散歩を楽しみました。
その日、私は仕事で夕方の散歩には参加できずに、夜の10頃に帰宅しました。
するとなんとリビングにすでに冷たく硬くなったその子の姿があったのです。

あまりにも突然のことですぐに状況を把握することができませんでした。
家族に事情を聴くと、その日の夕方散歩中に動けなくなったということでした。
すぐに近所の動物病院に連れていって見てもらうと、末期のフィラリアということでした。
すぐにその場で手術に踏み切ったのですが、その途中で息絶えたとのことでした。
朝、少し元気がなかったのもその病気のためだったのかと思うと、それでも頑張ってつらいのに家族一緒に散歩に出かけてくれたその子のことを思うと、すごくいたたまれない気持ちになりました。
夕方の散歩のときは朝以上に辛そうだったようですが、それでも散歩に参加したそうです。
私は散歩の途中で苦しそうに動けなくなるその子を見ていないですが、実際にそれを目撃していた家族の悲しみはもっと大きいはずです。
その日は家族で思いっきり泣いたり、その子との思いでを語り合ったりして過ごしました。

フィラリアで亡くした愛犬。顕微鏡でみたフィラリアがいまも少しトラウマに。

物心ついた頃から家で飼っていた愛犬は私が中学生の頃に亡くなりました。

名前はシロ。その名の通り白い犬でした。
飼い始めたきっかけというのは兄が友達の家のハムスターをいじめたという一件があり、動物に優しくするという心を育てなければということで、親が動物を飼おうと決心したのでした。
近所の家で生まれた犬を譲っていただき飼い始めました。

私が物心ついたときにはすでに家族の一員でした。
大きさは中型犬といったところでしょうか。紀州犬のようなりりしい顔つきの白くてきれいな犬でした。
頭がよく、気位の高い一面があり、粗末なエサは口にしない、人をよく覚え、お客さんでも好き嫌いが激しく、何度家に来る人でも吠える人には吠える、ときには噛みついて大事になったこともありました。

外飼いで、最後はフィラリアが原因で亡くなりました。
今時室内犬も多く、フィラリアの予防薬をきちんと服用させている人が多いと思いますが、当時は親もおおざっぱで、気にしたこともなかったのです。

シロが10歳くらいのころ突然ぐったりとしはじめ、食欲がなく、様子がおかしかったため、動物病院に連れて行きました。動物病院で採血をされ、獣医師が顕微鏡で確認し、フィラリアだと診断されました。その当時私は小学生だったのですが、獣医師が顕微鏡をのぞくよう促しました。覗いてみると真っ赤な血の色を背景に白く細長い糸のような虫がうようよといました。これがシロの血管の中でうようよしているのかと想像するとぞっとしました。今でも若干のトラウマになっています。

動物病院で処方された薬を飲ませるとぐったりとしていた様子はすっかり良くなって元気になりました。しかし半年ほどして再び症状が再燃。また動物病院で同じ薬を処方されて服用させるとよくなる。こういったことを何度か繰り返すうちに13歳でシロは亡くなりました。

フィラリアで亡くなった愛犬。今は愛玩動物飼養管理士の資格を取得し、猫を飼っている。最大限のことをしてあげたい。

もう亡くなって大分経ちますが当時MIXの中型犬を飼っていました。
小学生1年生の頃に親が親戚から譲り受けた子で自分が率先して散歩やごはんをあげていたからか家族の中で一番自分に懐いていたので弟(オスだったので)のような存在でした。

田舎で周囲も外でわんちゃんを飼っているのが当たり前の時代で、家族以外には懐かず、お客さんが来ると吠えて知らせてくれるので番犬として非常に優秀でしたね。

詳しくは覚えていませんが3歳になった頃にその子が病気になり、水も自発的に飲んでくれなかったので家族で交互に水を与えたところ唯一、自分の手から水をなめてくれたのが非常に嬉しかった記憶があります。
それ以降は段々と元気になり、また一緒に遊んだり散歩に連れて行ったりしていました。

ただ10歳を過ぎた頃から老化が目立つようになり、散歩に行ってちょっと走っただけでぜいぜいと息切れをすることが続きました。
それから少し経った頃に突然、痙攣を起こして倒れて失禁してしまったのです。
親が動物病院に連れて行ったところフィラリアと診断されました。

外で飼っていたことと当時は今のようにフィラリアに対しての意識が薄かったので、狂犬病のワクチン以外は接種してなかったと思います。
その子の年齢から薬での駆除はおろか手術も手遅れの状態だったようです。
今のようにセカンドオピニオンなどが出来ればもう少し生きてくれたかもしれません。
田舎だったせいか動物病院は限られており、そこでの診察結果を受け入れるしかありませんでした。

最後は自分で起き上がることもできずつらそうな息をしてましたが、最後の最後に自分の手をなめてくれました。
もっと何かしてあげられたんじゃないかと思うことも多々ありました。
亡くなって当日は食事が喉を通らず1か月近く落ち込んでましたが一緒に悲しんでくれる家族もおり猫を飼っていたこともあって愛犬が無くなった悲しみを乗り越えることができました。

ただ今でも思い出すと目頭が熱くなります。
犬がメインの映画などは涙が止まらなくなるので基本的に映画館で観ることはありません。

当時は自分もまだ子供で犬を飼うことに対しての知識もなかったので親の考えを受け入れるしかありませんでしたが、今は愛玩動物飼養管理士の資格を得て動物を飼育することに対して真摯に向き合っています。
今は猫を飼っていますが自分で出来る最大限のことをしてあげるつもりです。

家族のような存在が亡くなったら悲しいのも涙が止まらないのも当たり前なんです。
気持ちが落ち着くまで悲しみに浸っていていいけれど自分を大切にしてください。
家にひきこもっているとその子のことしか考えられなくなるので外に出てお日様の光を浴びてくださいね。
きっと動物を大切に飼ったことのある人なら誰でも通る道だと思います。

15年友に過ごした愛犬がフィラリアでなくなる。家族全員が放心状態になるも、時間とともに悲しみが一緒に過ごせた感謝に変わる

もう10年前になりますが、15年間家族の大切な一員として暮らしていた愛犬の柴犬ムサシをフィラリアで亡くしました。

ムサシは生後3か月の頃に信頼するブリーダーさんの元から我が家にやってきました。
仔犬の頃は絶対に家族よりも先を歩かない慎重な子でしたが、成長と共にどんどん逞しくなり、玄関横の屋外で飼っていたのですが、見知らぬ人が来ると低い声で一声吠える頼もしい番犬になりました。
家族が帰宅すると、ちぎれんばかりに尻尾を振り、その姿を見ると一日の疲れが一気に吹き飛ぶような気持ちになりました。

そんな可愛いムサシに異変が表れたのはちょうど14歳になった頃です。
小さな咳をするようになったのが気になり動物病院に連れて行き、フィラリアが寄生してしまっていることが発覚しました。
とはいえ咳をする以外は元気で通常どおりの様子だったので投薬をしながら様子をみようという話になりました。

ところが比較的高齢だったこともあり症状はどんどん悪化し、病気発覚から半年経つと大好きだった散歩も億劫がるようになりうずくまって静かにしていることが増えました。

なんとかしてやりたい気持ちがはやるばかりでしたが、かかりつけの病院での投薬を続けるのみでどんどん弱って行き、最期は日中のほとんどを寝て過ごすようになりました。

それでも亡くなる直前は、家長である父が「がんばれよ」と声をかけたのを受け、弱弱しく立ち上がり、一声「ワン!」と、元気だった頃のように吠えて応え、そのまま生涯を終えました。

ムサシを亡くし、家族全員、泣いた姿を見たことがない父まで号泣し、みんなでムサシを抱えて庭にお墓を作って埋葬しました。
しばらくはみんな放心状態のようになり、口を開けば「違う病院にみてもらえばまた違っていたかもしれない」「そもそも予防が徹底できていなかったのがよくなかった」と後悔ばかりが口をつき、なかなか前を向けない状態が続きました。

それでも時の経過は人の心を慰めます。
半年、1年と経つごとに、ムサシとの楽しい想い出を振りかえられるようになり、家族の会話も後悔や悲しみよりも、ムサシとの楽しいエピソードが増えてきました。

亡くなってからも毎年命日にはムサシを偲び、10年経った今ではムサシへの感謝の想いでいっぱいです。

ムサシを亡くしたことは本当に悲しかったけれど、ムサシを家族として受け入れて本当によかった。家族全員が同じ想いをもっている昨今です。

愛犬のフィラリアでの死。20年経っても悲しみは癒えない。いつかまた会えると信じている。

20年前に愛犬の柴犬を9歳で亡くしました。
飼うきっかけは、当時デパートの屋上にあったペットショップで買いました。従姉妹の家で飼っていた柴犬がその少し前に亡くなり、同じ名前を付けました。父の実家で昔飼っていた犬にも付けていた名前でもあったのですが、後々従姉妹の母である叔母に嫌味を言われました。
死因はフィラリアでした。小学生の時に初めて飼った犬で、飼い方を知らない飼い主でした。人を噛む犬になってしまったので、病院もろくに連れて行ってあげられませんでした。
病気になって弱っていったときには、変わってあげたいと毎日寝るときにお祈りしていました。私の膝の上でお漏らししたこともありましたが、私に心を許してくれていると逆に少し嬉しくなったりもしました。
ただやはり精神状態もかなり辛く、学校に遅刻してしまったときには担任の先生に怒られ過呼吸を起こして一日保健室で過ごしたこともありました。保健室の先生と元担任の先生に慰められたことを覚えています。
10歳も生きさせてあげられなかったのが本当に悔やまれて、今だに心苦しいです。その次に飼った愛犬も16歳で一昨年にこの世を去りましたが、天国で一緒に仲良く遊んでいると思っています。同じ合同墓地に埋葬されているので、たまにお墓参りに行きます。安らかに眠ってくれていることをお祈りし、ごめんねという想いとありがとうを伝えます。
20年経っても悲しみは癒えません。いつかまた会えると信じています。元気だった頃は散歩をサボってしまったこともあったので、もし会えたらたくさん散歩に連れて行ってあげたいです。
今も柴犬が一番好きな犬です。柴犬まるちゃんが人気になって嬉しいです。うちの愛犬の代わりはいませんが、重ねながら見て癒されています。
左足のふくらはぎに噛まれた痕が残っていますが、それも大切な思い出の一つで、愛犬の生きた証しです。

フィラリアでなくなった愛犬。予防薬があったことを知り後悔。知識を身につけることの大事さを痛感。

あれは私が小学校1年生だった時。ある日、遊んで家に戻ってくると、ニコニコ顔のお父さんが私と妹を待っていました。お父さんは、私たち二人を車庫の方へ呼び寄せ、車のドアを開けました。そこには、ぴょんぴょんと飛び跳ねる柴犬の姿が!私と妹は、前から犬を飼いたいとお願いしていたのですが、ずっとダメだと言われていたのです。それがある日突然柴犬がうちに!当時生後2ヶ月の柴犬。茶色くて小さくて本当に本当に可愛かった。私が名前をつけました。当時流行っていたアニメ、名犬ジョリーからとってそのままジョリー。

ジョリーとはずっと一緒に歳を重ねていけると思っていました。小学1年生だった私が中学1年生になった頃。ジョリーの体調が悪く、大好きだった散歩にも行きたがらないようになりました。病院に連れて行くと、フィラリアとの診断。しかも、もう末期で手の施しようがないとのこと。目の前が真っ暗になりました。

元気だった頃は、毎日私が学校から帰って来ると、これ以上飛び上がれないというほどぴょんぴょんと高くジャンプして、喜びを表現してくれていたジョリー。それが最後の方は腹水が溜まり、動けなくなりました。散歩に連れて行った時に途中で全く動けなくなり、私が泣きながら抱きかかえて家まで戻ったこともあります。

あれは、ちょうど私の家庭訪問の日。家に戻ると、ジョリーが眠るように死んでいました。苦しそうではなく、本当に眠っているだけに見える姿。家庭訪問に来た何も知らない先生は、その姿を見て「よく寝ているね」と言ったぐらいです。

あの日から毎日涙が止まらなくなりました。少しでもジョリーのことを思い出すと泣けて来てしょうがない。お風呂の中で何度泣いたか分かりません。もっと、遊んであげればよかった、もっと散歩に連れて行ってあげればよかった、どうしてフィラリアを予防できなかったんだろう、と毎日毎日後悔ばかり・・・

あれから何年も何十年も経った今でも、まだ次の犬を飼うことはできていません。犬の中では今でもダントツに柴犬が好き。また飼いたいなと思うこともありますが、あの別れの辛さを思い出すと飼う勇気は出ません。

あの時小学生だった私。フィラリアの予防薬があることも知らなかった。もし知っていたら、もし定期的に予防薬を投与できていたら、もっと長生きしてくれたかもしれない。そう思うと、本当に辛いです。

今犬を飼っている人には、犬の病気やその予防に対する知識を身につけて欲しいです。大切な命。人間よりも短い時間しか生きられないのなら、できるだけそれを延ばしてあげて欲しいです。