脱走を防ぐための対策で亡くなったホワイトスノーをみて、はげしく後悔した。

高校生の頃どうしてもペットが欲しくてハムスターを番いで飼うことになりました。

小学生の頃からペットを飼いたいと両親に懇願してましたが、なかなか承諾を得ることができなくて、、、、
それが引っ越しを期に初めて許可され、嬉しかったのを覚えています。

家族でペットショップへ行ってホワイトスノーのオスとジャンガリアンのメスを飼いました。
毎日ゲージを覗くのが楽しみでした。
私には弟がいて、当時は中学生でしたがゲージの掃除に水替え餌やり全てやってくれていました。
清潔なゲージで心地よかったと思います。

それくらい我が家にとってペットは新鮮で可愛くて癒やしの存在だったのです。

最初のうち二匹はかなり激しい喧嘩をしていたので心配でしたが無事7~8匹赤ちゃんを産んでくれました。
ジャンガリアンがおっぱいをあげる姿はお母さんらしくて好きだったのでよく覚えています。

冬になると脱走してしまい、コタツで発見!なんてこともありました。
きっと寒かったんでしょうね。
ハムスター用のコタツをセットしゲージを固定させ脱走は防げるようになりました。
しかし数日してまたもやハムスターが脱走してしまいました。

唯一ゲージに残っていたホワイトスノーは亡くなっていました。
寒くて冬を超えれなかったようです。
ゲージを固定した自分たちを責めたのを思い出します。
小さな命が自分のせいで亡くなってしまったのか、、、そう思うと胸が苦しくて切なくて
二度と帰ってこない時間を巻き戻したいとさえ思いました。

小学生の頃ペットを飼うことを承諾してくれなかった両親の気持ちが今になって分かります。

どんなペットでも大切な家族で失った傷が癒えるまでかなりの時間が必要になります。

今でもハムスター飼いたいな
そう思うこともありますが私はまだ飼えません。

アイドルだったラット。寿命が約2年なので大好物をたくさん与えていた。悲しかったがいい思い出。

3年前にペットで飼っていたオスのラットの桃太郎が亡くなりました。
ラットと言うと良く分らない人も多いので言葉を変えますと、大きいネズミです。

小動物を飼おうと思い、ペットショップをハシゴしていた時にラットの桃太郎と出会いました。

もう大人になりきっていて、ケージの中でグッタリしていたのが印象的でした。

家に連れて帰ると家族にはビックリされ、受け入れてもらえるか心配でしたが我が家のアイドルになるまでに時間はさほどかかりませんでした。

特に母は家族の中でも一番可愛がっており、名付け親でもあります。

最初は長くミミズみたいな尻尾を毛嫌いしていましたが、桃太郎のことをいつもモモちゃんと呼んでいました。

とても賢くてゲージの外で散歩させていていても、気が付いたら自分でゲージの中に帰っていたことが何度もあります。

ネズミの寿命はだいたい2年程と短いのでモモには好きなものをたくさん食べさせました。

とくにトウモロコシが大好物でした。

あまり愛想は良くないモモでしたが、むやみやたらに噛みつくこともなく、優しくて大人しいネズミでした。

モモを飼い始めてから1年半程経った頃からモモの衰えが見え始めました。

毛並みがゴワゴワになり、足も動かなくなり、しんどそうに寝ている姿が見ていて辛かったです。

モモは家族が寝ている間になくなりました。

抱き上げてみると凄く軽かったので、ギリギリまで頑張って生きてたんだなって思いました。

飼い主の私よりもやはり母が一番悲しんでいました。

他にも小さなネズミを飼っていたのですが、餌をあげるときには
「あんたが一番可愛い」とボソッと言っていたり、

モモとお別れするときも、「モモちゃん行っといで」「頑張ったね」と送り出した言葉が忘れられません。

今まで家のリビングで食べ物を催促していたモモがいなくなってから家が少し寂しくなりました。

家に帰るたびに寂しい気持ちになりました。

もともとペットショップの売れ残りだったモモだったので、うちに来たことで少しは楽しい時間を過ごしてくれたのかなと思います。

その後はモモに続いて他の子も亡くなったのですが、モモと同様にうちに来てくれて楽しかったかな?と思っています。

モモと一緒にいた時間は二年程と短かったのですが、楽しい思い出が溢れてきます。

今でも少し寂しくなることもありますが、楽しかった思い出をたくさんくれたモモにありがとうと言いたいです。