海に流されそうになった子犬の命をお預かりいたしました!

今からちょうど8年前の初夏でした。柴犬のタロオスが亡くなったのは。少し赤茶色でちょっと間抜けな家族の一員でした。そこが超絶可愛かったんですけど。

寿命としては10数年生きたので長生きな方でしたが、その分家族として過ごしていた時間が長かったので亡くなった時の悲しみは相当深いものがありました。
今これを書きながらその頃のことが思い出されてしまい、正直胸が熱くなって涙が出てきそうになります。

さて、私がタロと出会った経緯は、こうです。
私の弟が幼い頃に友人から引き取ってきました。じつはタロはたくさん生まれた中の一匹だったので、元の飼い主が多すぎて育てきれないとのこと、そのまま海に流されてバイバイしてしまう運命にあったのでした。(非情な気もしますが)

丁度そんなときに元の飼い主さんが子犬を要らないか?と声をかけてくれたのがきっかけで我が家に来ることになったのでした。

そう、まだ目もあかないうちに段ボールに入れられて海にそのまま葬られそうになったんですよ。
たしかに、飼い主さんの立場になれば育てきれないし、責任を持てないならしょうがない面もあるなと同情する面もありますが。その話を聞いたうちの弟は早速、何匹かいた子犬の中から一匹を選びタロとなずけました。

選んだ理由は単純だったそうです、尻尾の尾っぽの一部がタロだけ白かったそうです。
例えるなら書道の筆先という感じですかね。

この世にある命には必ず死があります。死の瞬間に立ち会ったのは、私と父と母の3人でした。

実は、タロの具合が悪くなる前にちょっと3人で旅行をしようという計画が持ち上がっていました。
なぜそれが中止になったかというと、
母が「タロが具合悪そうで、万が一死んだら嫌だから、旅行はいつでも行けるから今回は家におろうや」といったからでした。

そんな母の直感はズバリ的中!数日中に急激に具合が悪くなってしまいました。
私たちは母の言ったとおりにしていたので後悔せずに済みました。

でも、最後の息を引き取るその時まで一緒にお別れができたのは本当に幸せでした。タロをひとりぼっちで死なせなくて本当に良かったと心から思います。
タロありがとうね。そしてさよなら。

最後のセキセイインコ

私はセキセイインコを飼っていました。
私の家では私が物心がついた頃からずっとペットといえばセキセイインコでした。
いちばん最後に飼っていたセキセイインコが何代目なのか覚えてないくらいたくさん飼ってたと思います。
最後に飼っていたセキセイインコは結局ほぼ10年生きていました。というよりもはや家族の一人というくらい長く一緒に生活をしていました。
最初は父親が飼いたいと言って飼い始めたのですがいつしか私もそのセキセイインコを可愛がるようになりました。
もう私も大人になって飼い始めたセキセイインコだったので子供の頃に飼っていた頃と違ってものすごく感情移入していて小屋の掃除や餌の入れ替えなど本当に一生懸命やっていました。
そしてある日、父親が亡くなりました。
自分で飼いたいと言ってすごく可愛がっていた父親がいなくなったあとそのセキセイインコを私は父親の忘れ形見のように今まで以上に可愛がりました。
飼い始めて8年くらい経ってそろそろ寿命かな、と思い始めました。今まで飼ってきたセキセイインコは大体それ位で死んでいたのでそれからはもっと長く生きて欲しいと願うように飼っていました。
だんだん病気がちになりいつも死んでしまうことを考えそれでもいつものように可愛がっていました。
そして飼い始めてからほぼ10年経った頃、いつもなら体調を崩しても一週間くらいで良くなっていたのにまったく体調が戻りませんでした。
朝起きてみるとセキセイインコは小屋の床にうずくまるようにしていました。息も絶え絶えで動くこともありませんでした。私はセキセイインコを手のひらに乗せ最後を看取りました。実は死を目前で見ることは初めてでした。だからお別れを言うことも感謝を言うこともできました。それから初めてペットロスというのも感じました。
たぶんもうペットを飼うことはできないかもしれません。
この子以上の子に会うことはないのではないかと思います。

辛いおもいから、逃げなくても良い

中学生の時に、友達が捨て犬を拾ったのですが、既に犬を飼っていたので親から飼えないと言われたようで、飼い主を探していました。

私は両親に相談をしたところ、父が犬が嫌いだったので予想通りNGが出ましたが、ずっと粘り、やっとOKが出ました。

私が散歩や餌やりをやることと、外で飼うことが条件でした。

父は飼ってからも犬嫌いは変わりませんでした。

私が熱があり母も忙しい時には、誰も散歩も餌やりもできません。

さすがにそんな時には私に変わって餌やりやぎこちない散歩をしてくれてはいました。

しかし、見ていると明らかに義務でやっているような感じで、終わったら逃げるように家の中に入ってしまいました。

そのうち、飼っていた犬は血便をするようになり、食欲も落ちていきました。

たまたま父の親友が獣医をやっていたので、その人に診てもらったところ、ガンを患っているとのことでした。

ガンはかなり進んでいるとのことで、早めに手術をしてもらうことになりました。

まだ飼って3年くらいでしたし、進行しているとはいえ、大丈夫だろう助かると思っていました。

しかし手術の2日前に、犬小屋で亡くなってしまったのです。

それを見つけたのは私ではなく、父でした。

その後、家族で犬にお別れをし、家の庭に埋めてあげることにしました。

その時に、みんな泣きましたが、一番泣いたのは父親でした。自分の親の葬式でも泣くことはなかった父なので驚きました。

その後、私も母も「ペットとの死は辛いから、もう犬はかえないね」という話をしましたが、父からも「辛いから、もう飼わないでくれ」と強く懇願されていました。

それから数年、父はなんと、自ら知り合いの家で産まれた犬をもらってきたのです。

私も母も、もう辛いおもいをしたくないから、飼いたくないと大反対しましたが、押しきられて飼うことになりました。

それから10年以上たち、その犬は老衰で亡くなりました。

その時も辛くて、もう飼いたくないと思いました。

しかし、辛い辛いではなく、今まで過ごしてきた時間の大切さや、大事な思い出を大切にしてあげることが大事なのではないかと思いました。

辛さから逃げる必要はなく、辛い自分を認めてあげたら良いのかなと思います。

今、自分の都合でペットを捨てる人が多い中、最後まで一緒に過ごしてあげたこと自体、飼っていた犬は嬉しかっただろうと思いました。

私にとってはかわいい「カエル」

高校生の頃、小学校の時から家族でかわいがっていたアマガエルが死んでしまいました。

我が家は全員カエルが大好きで、夏になるとよく田舎の方まで行ってトノサマガエルやアマガエルを探して遊んでいました。

私が小学五年生くらいの頃、その田舎からの帰り道のサービスエリアのトイレで、大きなアマガエルがうずくまっているのを見つけました。トイレの隅で汚れた姿でじっとしていたカエルを見て、家族で連れて帰って飼うことに決めました。

カエルなんてどれも一緒……と思うかもしれませんが、カエルには個性があります。そのカエルを連れ帰る以前にも二匹のカエルを飼っていましたが、彼らと比べそのカエルはふてぶてしく、大きくて、ぐうたらでした。

水槽の葉っぱの上で日がなぼーっとしている姿はどこか人間らしく、表情のある憎めないカエルでした。

犬や猫と違って家の中で遊ばせることはできませんが、ガラス越しに眺めては、たまに前足で顔を拭いたりする姿を見て喜んでいました。

そんなカエルが、高校生の頃死にました。元々とても大きな子でしたし、寿命だったんだろうと思います。あまり調子が悪くなる様子も見せず、なんとなく元気がないかなあと思っていると数日のうちに死んでしまいました。

もう少し早く気がついていれば、病院に連れて行けたかもしれません。

でも、カエルを診てもらえる病院は少なくて、長距離を移動させる負担を考えたら、家で最後までぐうたらできて、あの子らしかったのかもしれません。

死んだ後のことに関しても、今だったらもう少し何かできたのかもしれませんが、当時カエルが死んだところで犬や猫に比べできることは限られていました。

庭にお墓を作り、生前の写真で遺影を作って、水槽の横に飾りました。

周りの人に話しても、「カエルでそんな落ち込むの?」と微妙な反応をされたり、そもそもカエルを飼っていたことを知らなかった人には「カエルなんて飼ってたの?気持ち悪くないの?」なんてことも言われました。

高校の頃の友人たちにはカエルの話をあまりしていなかったので、両生類や爬虫類のたぐいを良く思わない人がかなりいるということを、その時初めて実感しました。

今、うちにはカエルが三匹います。家に遊びにきた人には嫌がられることもありますし、「なんでそんなもの飼ってるの?」と聞かれることもあります。

でも、水槽の横にある遺影を見ると、「私にはわからないけど、かわいがってるんだね」と言ってくれる人もいます。

これからもあの子のことを忘れずに、もし自分に理解できないペットを飼っていて、その子を亡くしてしまった人がいても、「辛かったね」と気持ちに寄り添えたらいいなと思います。

私の決断は間違っていたのかもと今でも自分を責めてしまいます。

私が26歳の時、友達のお家で飼われていた、フェレットの「くう」ちゃん。遊びに行くたびに可愛くって触らせてもらっていました。ある日、友達が妊娠し、病院でフェレットとの生活がNGだと言われたそうです。

実家でフェレットを飼っていた経験がある私は、一緒に暮らしていた彼に引き取り育てる許可をもらいました。

新しく家族となったくうは可愛くてお利口な女の子。仕事から帰り、ケージの中で幸せそうにしている姿が私の幸せでした。毎日ケージから出し、遊びました。時折ポテトチップスの袋を引きずって行こうとしたりとやんちゃな一面もありました。

友達の家で約3年暮らし、私の家族になって2年。フェレットの寿命が短いのも覚悟の上でした。そんな時、病気になりました。急に発作みたいになって倒れたりしました。病院に行き調べたところ「転換」だと、心臓も弱っていると。ただ、フェレットの病気は前例が少ないため、出来ることはないと言われました。

他の、病院も当たりましたが、田舎のためかどの病院も同じかもしくは、診る事が出来ないと。。私に出来ることはないのか、何かしてあげられないのか苦しみました。それでも、一生懸命対応してくれる病院と話会いながら、生活をしていました。

仕事に行くのが不安になり、寝るのが怖くなり。毎日くうの事を考えては泣き、何も出来ない自分が悔しく無力だと何度も攻めました。

仕事は、続けましたが遅刻・早退をたびたびさせてもらっていました。会社では、「そんなことで」とか「仕事だよ」とか言われましたが、「あなたたちに私の気持ちはわからない」耐えました。2ヶ月くらいで、容態は急変しました。1日の転換の回数も増え、御飯も食べない。もうだめかもしれない…そんな風に思ってしまいました。病院に相談し、朝預けて仕事帰りに迎えに来る日々が始まりました。

ICUに入れてもらって、栄養剤の点滴を打ってもらったり…。そんな日が2週間ほど続き、ある日の夜中亡くなりました。最後に発作が起こり、私の膝の上であまり苦しまず逝きました。

ありがとう。病院じゃなくて私の腕の中で最期を過ごしてくれて。ごめんね。何もしてあげられなくて。そんな思いで、くうを抱いたまま5時間ほど経っていました。何を考えていたかは思い出せません。「無」だったと思います。

まず、仕事を休みたいと会社に連絡をして休ませてもらいました。が、ペットでしょ、長く休まないでねと言われました。ペットではなく、家族です。大事な娘なのに。と思いました。

そして病院に電話をして、「今日からの治療は必要ありません」と状況を説明しました。病院の先生は、もし出来る事なら解剖させてほしいと。私は、悩みましたが解剖してもらいました。最後、亡くなった原因もわかりました。でも、何よりこれから大事な家族が私と同じようにならないように、医療の役に立ちたい、くうの生きていた意味を残したいと思いました。

でも、間違っていたかもしれないと13年たった今も後悔しています。くう・・・本当は嫌だったよね。ごめんね。もう一度会うことが出来たら抱きしめたい。聞くことが出来るなら、幸せだったか聞きたい。伝えることが出来るなら、大好きだよと伝えたい。

当分涙が止まらず、車の運転も泣きながら通勤しました。
会社でも、時々トイレに駆け込むほどきっかけもなく泣けてきました。休みは外に出ず、くうの使っていたケージの近くで過ごしました。「ペットの話はしないで」と何度も思いました。今でも命日には大好きだったお菓子をお供えして、お話します。

もうこんな悲しい思いをするならペットは飼わない。そう思いました。悲しくてもう無理だと思いましたが、くうが出会いの大切さや、一緒に過ごす幸せを教えてくれたことも思い出せるようになりました。あれから13年今は、猫との生活をしています。

突然の愛犬の死亡連絡に勤務中なのに号泣してしまい

幼犬から家に来て、10歳までずっと一緒だった愛犬の突然の死亡連絡が来たのは仕事中でした。

社会人1年目、東京へ上京して仕事をしていた私へ、日中なのに母から連絡が入りました。
なんだろう?と思い電話をとると、そこには泣いている母が・・・

どうしたの?何があったの?と言ってもごめんなさい、ごめんなさいと謝ってばかりで、一向に理由を言ってくれる気配もなく、仕事中の私はまた夜に掛けなおすと伝えて切ろうとしたら、愛犬が亡くなったとポツリと言って切られてしまいました。

それだけ聞いた私は、勤務中なのに号泣してしまい暫く席に戻れませんでした。
残業をしない様に必死で終わらせ、母へ連絡をしてやっと聞き出せた内容は、交通事故死でした。

元々とってもやんちゃで、たまに脱走をしてしまう愛犬でした。
それでも、逃げ出してもその日のうちに帰ってくるので、母も見つけに行かなかったそうです。

事故にあう2日前に脱走して、珍しく帰って来なかったそうです。
次の日にも帰ってこなくて、心配した母が探しに行き、近所の人に見かけた情報を聞いたりして探していたら、遠くでブレーキの音が
聞こえたそうです。

あんなに急に止まって、危ないな。
そう思って、その付近まできた時に何かが倒れているのに気付いたそうです。
まさか・・・動物が引かれた!?と内心思った母は引き返そうと
思ったそうです。

でも、なんだか行かなくてはいけない衝動にかられたそうです。
近づいたら・・・そこに横たわっていたのは愛犬でした。

母は早く探しに行かなかった事を今でも後悔しています。
いつもの事・・・そう思い込むのもどんな理由でも止めようとも
思ったそうです。

私もそれ以来いつもの事、どうせ等決めつける事をしないように
心がけています。

まだ生きれた命、決めつけなければ寿命を全う出来たと思うと
いつまでも心が痛みます。
そう母が話すたびに、私もとても哀しくなります。

一緒に成長してきて、安らかに眠るようになくなった愛犬

もう、 7年以上前のことです。

僕が生まれるよりも前からベスという犬がいました。
ベスは20年以上の生涯を過ごし、老衰でなくなりました。

ある朝いつものようにベスに「行ってきます。」と挨拶をして家を出ました。
その時は、いつものように元気にしっぽを振って見送ってくれました。

そして、夕方いつものように帰って来るともうベスは、なくなっていました。
とても穏やかな顔でまるで眠っているようでした。

そして、次の日に火葬してもらいに行きました。その時、涙が出そうでしたがぐっとこらえて、ベスを見送りました。
しかし、家に帰っていていつもベスごいた場所を見て、我慢できずに泣いてしまいました。

自分より年上で先に生きていましたが、一緒に成長してきて、家族の中でも一番仲良かったので、遊んだり、ご飯あげたり、散歩したりいろんな思い出がよみがえってきて、号泣してしまいました。

最後、死に目に合えなかったことを今でも後悔しています。
しかし、苦しまずに亡くなっていたらしいので、良かったかなとは思っています。

いつも、ベスがいた場所を見ると思い出して今でも泣きそうになります。

家族が亡くなるというのはとてもとても悲しいことなので、我慢しないで思いっきり泣く方が良いと思います。

亡くなっても、楽しかった思い出はなくならないので、今は悲しいという気持ちよりも、楽しかった思い出の方が思い出されて、ベスの分ももっと成長していけるようになりたいと思っています。

もし、またベスと会うことができるなら、大きくなった自分を見せて驚かせたいです。

今はまだ飼うつもりはありませんが、将来、犬を飼うときがあったら、また新しい犬とも一緒に成長していけるように、仲良く過ごしていきたいです。

亡くなったハムスターに感謝できるまで。。いまはここまで生きたことがすごい!と思える。

私は小さい頃にハムスターを飼っていました。アニメ「とっとこハム太郎」を見て育った世代でもあり、ハムスターを飼うのは夢でした。14歳の時の誕生日に私の家にゴールデンハムスターがやって来て、名前は「まる」です。まるは他のハムスターに比べると太っていて、大きくてとても可愛かったです。あまりすばしっこくもなかったので、よく部屋中を歩かせたりして一緒に遊んでいました。食べることも大好きで、一番好きなのはヤングコーンです。ハムスターの寿命は2年ほどと言われていて、私は時が経つにつれてどんどん私に懐いてくるまるとのお別れが嫌で嫌でたまりませんでした。まるは、なんと3年も生きて、最後は結膜炎に苦しめられながら息を引き取りました。病院に通いながら様子を見ていたので、突然の死ではありませんでしたが、まるの身体は本当に冷たく、硬くなっていて辛かったです。こんなに長く命を全うして、私に懐いてくれたまるには感謝してもしきれませんが、さすがに亡くなった直後は悲しみで泣きじゃくっていました。学校も休んだ覚えがあります。ただ、写真を見返して見ると、本当にまるが私にもたらしてくれた幸せは最上級なもので、ここまで生きたことがすごい!と思うようになりました。まるは今、動物のお墓に眠っています。また、まるの毛を少しいただいて、お守りとして8年経った今でも大切に持っています。あなたが大切に育てて来たペットなら、必ずいつかありがとうと思える日がきます。悲しいのは当たり前なので、悲しくなるほど愛を持った自分を誇りに思いましょう。

私が選んだフェレットとの最後の過ごし方に後悔はない。

今年の春、5年間飼っていたフェレットのエクアが亡くなりました。
エクアを飼ったきっかけは、先に飼っていたフェレットのココアが1匹で寂しいかと思いフェレットの購入を検討していました。

エクアはペットショップの中でも成長している状態で、噛み癖があり、身体も病気がちと言われ売れ残りのフェレットでした。
この子が売れ残り差し処分されると思うと可哀そうでお迎えすることにしました。

お迎えしてからは、躾の為に手を噛まれ痛い思いをしたり、風邪を引いて救急病院に連れていくこともありました。手がかかる子ではありましたが、愛情をいっぱい注いで飼っているうちに噛み癖も治り、身体も強くなり元気で優しい子になりました。
長く生きないと思っていたエクアが5年も生きてくれた事は、とても嬉しかったです。

最後は突然でした。
元気だったエクアが亡くなる1週間ぐらい前から力が弱くなり毛が抜けだしました。
病院に連れて行くことも検討しましたが、高齢のフェレットが外出することは体力的に大変で病院に連れて行っても寿命が近い。
そして病院に行ってつらい治療に耐えられるか、延命することによって辛い思いをするのではないかと思い病院には連れて行きませんでした。

病院に連れて行かないことに決め、自宅で看病することにしました。
だんだん体力が無くなり最後には自分でご飯を食べることも、水を飲むこともできなくなっていました。
ちょうど会社が連休で3時間に1回抱きながら栄養剤や水を口に運んであげました。

最後は静かに息を引き取りました。
覚悟はしていたものの5年間一緒に過ごした時間は幸せで涙が止まりませんでした。
今でも病院に連れて行くべきだったのかなと考える事がありますが、寿命と体力的なことを考えると自宅で一緒の時間を過ごせて良かったのかなと思っています。

今も後悔がつきまとう愛猫の最期。病院選びと餌選びは慎重に。

愛猫の「ナナ」が亡くなってもう5年になります。

真夏の炎天下に、バスタオルを敷かれた小さなバスケットの中でうずくまっていたナナを見つけた日から18年間、ずっと家族同様に可愛がってきました。

とても臆病で家族以外には懐きませんでしたし、抱っこされるのが苦手で甘え下手でしたが、夜寝るときはいつも私の布団で一緒に寝ていましたし、私がゴミ捨てでちょっと外に出ただけで「にゃーん」「にゃーん」と鳴いて私を探すとても可愛い子でした。

そんなナナも、15歳を過ぎる頃から徐々に体調を悪くすることが増えていました。
膀胱炎には数度かかりましたし、時折「てんかん」のようなけいれん発作を起こすことも出てきたのです。

そのたびに近所の動物病院に連れて行き、点滴や薬を投与していただいていましたが、けいれんの原因については「調べるのは時間がかかるし、わかったところで治療はできないかもしれない」と言われ、結局のところ何も手は打てず、ただただ発作が起こった時にケガをしないよう周りの危険なものを取り除く程度の対処しかできませんでした。

今思えば、餌の好き嫌いもなく何でも食べる子でしたので、それに甘えて食事が適当になっていたことが良くなかったのかもしれません。
最近になって、市販のペットフードの中には、ペットの体に良くない成分が含まれている商品もあることをネットで知りましたが、当時はそのような知識もないまま、何も考えずに「安いから」「食べるから」でペットフードを選んでしまっていたことを今とても後悔しています。

それ以上に今も考えてしまうのが、「もっと頻繁に病院に連れていくべきだったのではないか」「人間のようにセカンドオピニオンも考えるべきだったのではないか」ということです。

亡くなる1週間ほど前には、ナナは腎不全を起こしてしまっており、病院で点滴を受けたものの、もう立つことも自力でトイレに行くことも食べものを口にすることもできなくなっていました。

病院では「18歳だし寿命と考えてください。」と言われました。
私はその言葉をそのまま信じてその後病院に連れて行くことはせず、家で看取ることを選びました。

しかし、その選択について、今になっても後悔の念が私につきまとって離れません。
「あの時別の病院に行っていればもしかするともっと長生きできたのでは?」
「立てなくなった後も、やはり病院に連れて行くべきだったのでは?」
ナナのことを思い出すたび、その言葉が頭をよぎります。

次にもう一度ペットを飼うことがあるとすれば、今度こそは出来るだけ後悔のないよう、病院選びと餌選びをしっかり考えたいなと思っています。