ペットロス

Thumbnail of post image 120

愛犬の介護と私の後悔

二年ほど前に17年以上一緒に過ごしてきたミニチュアダックスフンドのジュリアが亡くなりました。


あと一か月も生きていれば、18歳の誕生日を迎えることができたのに・・・。

...

ペットロス

Thumbnail of post image 174

私を強くしたちゃあすけ

ちゃあすけは、私が高校2年生の夏に家にやって来ました。


やって来たというよりも、連れてきました。



電気工事士をしている父がある夏の夜に「今日の昼に ...

ペットロス

Thumbnail of post image 056

28歳女 フェルト人形とアルバム作りで受け入れた家族の旅立ち


15年も一緒にいた子を亡くしました。

私が小学校の低学年の頃から一緒に過ごしてきた家族でしたが、私が社会人になって二年目に旅立ってしまいました。

ペットロス

Thumbnail of post image 066

ペットロスの解消に有効とされる作者不明の詩が虹の橋です。
『虹の橋を読んでもペットロスが解消しない人もいる』で紹介しているように、ペットロスが解消しない人もいます。
今回は、まずはじめに、虹の橋を紹介してから

体験談

Thumbnail of post image 115

40才 主婦 2代目はまだ受け入れられません。

私と愛犬の出会いは本当に突然でした。
突然、父が犬を連れて帰ってきたからです。職場近くの駐車場で子犬が産まれた。保健所に連れていかれる予定だから、とのことでした。当時の私は高1で、 ...

体験談

Thumbnail of post image 138

41歳男性 動物霊園で愛猫の葬儀を行い、気持ち良く送り出せた。

13年飼っていた愛猫のニャンが亡くなった2年前、我が家はペット葬儀をしました。
名前が示す通り、当初は飼うつもりはなく、引き取り手が見付かるまでの間、面倒をみるはず ...

体験談

Thumbnail of post image 174

54歳女愛猫をお寺で火葬し納骨後気持ちが落ち着いた

結婚し子供が二人生まれて借家に引越して数年経ったある日、家の前で猫の鳴き声が聞こえます。
玄関を開けるとキジトラ柄の猫がいて家に入り込んできました。
保育園児だった子供 ...

体験談

Thumbnail of post image 113

最後の供養で心と心が繋がった、忘れられない日

もうすぐ50歳を迎える主婦です。
一生、忘れられない出来事があります。

愛犬サリーを亡くして、動物の葬儀屋で葬式後お骨を預けて10年間、私達家族は 供養を欠かしませんでし ...

体験談

Thumbnail of post image 092

21歳女お墓を作ることで心が軽くなった

私は小学生の時に、初めてペットを飼いました。

お母さんにおねだりして、ハムスターを育てる事を許可して貰ったのです。

ブルーサファイアハムスターという種類で、綺麗 ...

体験談

Thumbnail of post image 101

愛犬を亡くした悲しみは「他犬」が救ってくれました

 3年前に愛犬が亡くなりました。

生後2カ月で我が家にやって来て、19年間も一緒にいた文字通りの「家族」です。

人間にすれば100歳ですから大往生と言 ...

体験談

Thumbnail of post image 073

22歳の時に買ってた犬をご先祖さんと同じ敷地の慰霊碑に

47歳女性
子供のころにおばあちゃんおうちに柴犬が来た!
可愛いから欲しいというとおばあちゃんは犬をくれました!

毎朝早くからクンクン泣くので私が朝早く ...

体験談

Thumbnail of post image 031

35歳女。犬とのお別れは火葬場での集団火葬。みんなで一緒にお空へ!

私は生まれた時から犬の居る生活をずっとしてきました。

今回の子に限ってお話しすると、何もかもが初めての経験でした。家族と同居ではなく、一人暮らしをしながら飼 ...

体験談

pixabayより

35歳女 思い出話とぬいぐるみがペットロス解消のカギ

35歳の専業主婦です。

半年前に可愛がっていたジャンガリアンハムスターを亡くしました。

もともとハムスターが大好きで、小さい頃から一番大好きな動物でした。

体験談

Thumbnail of post image 161

家族の人気者、その名はウパオ

先月の1月31日うちで飼ってるウーパールーパーが亡くなりました。

2年前にやってきたときは、とても小さな小さなかわいらしい形をした生き物でした。

体の割には顔が大きくて、ピンク色で目 ...

体験談

Thumbnail of post image 150

私の決断は間違っていたのかもと今でも自分を責めてしまいます

私が26歳の時、友達のお家で飼われていた、フェレットの「くう」ちゃん。遊びに行くたびに可愛くって触らせてもらっていました。ある日、友達が妊娠し、病院でフェレットとの生活がNGだ ...

体験談

Thumbnail of post image 129

突然死したジャンガリアンハムスター、ほんのり暖かい小さな体 何か起きたのか理解できない感覚を鮮明に覚えている

小学生の時、買っていたジャンガリアンハムスターが突然死んでしまいました。

寿命が短い生き物なのは承知していたものの ...

体験談

Thumbnail of post image 098

うさぎの死 自分ですべてしなかったことを後悔 悲しみは時間が癒してくれるが、寂しさは何年も続く

4年前、10年飼っていたうさぎが亡くなりました。

ペットショップで一目惚れをして買い、それから食事や小屋の掃除、ベランダで散歩な ...

体験談

Thumbnail of post image 176

七夕がくるたび思い出す ストレスから救ってくれた熱帯魚の死 魚だって息子のような存在だった

犬や猫などのペットが飼えないところに住んでいるため、時々ペットショップに動物を見に行くことがあります。

今から9年前私は地元のペット ...

体験談

Thumbnail of post image 190

庭で出会ったインコ 人懐っこく飼う事にケガだと思ってたら病気で半年後別れ セカンドオピニオンつけていればと後悔

私が一匹のインコと出会ったのは、私が高校生の頃です。

自宅の庭にインコが現れるようになったのです。

...

ペットの葬儀体験談

Thumbnail of post image 146

ペットの葬儀業界を巡っては良くないウワサもチラホラあります。

ただだからといって、愛したペットにたいして何の供養もしない。葬儀をしないわけにもいかず、情報のとぼしいまま。

なんとなくで葬儀業者を選んでいる人が多 ...

ペットロス

Thumbnail of post image 181

「安楽死」したペットの気持ちはどんなものなのでしょうか?

恨んでいる。もっと生きたかった。嫌だった。もっと別の方法を探して欲しかった。

そんな風にいろいろと考えてしまいますよね。

ペットロスなどに関 ...

ペットロス

Thumbnail of post image 016

わたしがペットロスになっていたころ、友人から「虹の橋というお話があるから、苦しいなら、これを読んでみたら」と、この詩が送られてきました。

虹の橋

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

ペットロス

Thumbnail of post image 004

ペットがなくなった事をきっかに体調・精神・行動面でのバランスが不安定になった方は多く、ペットロスは決して特別なことではありません。

ただ本人にとって非常につらい状態が長期間続きますので、可能であれば早期に解消できるほうが望 ...

ペットロス

Thumbnail of post image 144

このサイトを始めて、よく質問されるのが、
「死んだペットが夢にでてきたのだけど…これってなにか意味があるの?」
という質問です。

わたしは20代前半の頃から飼っていた愛犬カブが病気により亡くなり、そのショッ ...

ペットロス

Thumbnail of post image 186

インターネット経由で募集(2019年7月~同年9月まで)したペットロスを克服した151人の体験談から、どのような行動がペットロスを解消させたのか計測し分類しました。

どのような行動がペットロスを解消させたのか結果

ペットの葬儀体験談,ペットロス

カブイメージ1

今からお話するのは、20代前半の頃から飼っていた愛犬(ミニチュアダックス)が病気により亡くなったことで、仕事を辞め、彼氏とも別れたわたしが、ペットの気持ち占いのおかげで、新しい一歩を歩めるようになったという体験談です。

ペ ...

ペットロス

Thumbnail of post image 151

ペットの死後。身の回りに不思議な体験が起こるということはよくあるみたいですね。

不思議な経験をしたのだけど、自分と同じような経験がある人がいるのかな?そんな風に気になる人もいるでしょう。

そこで100

ペットロス

Thumbnail of post image 065

新しい仔を迎えた人は、前の仔が亡くなってから、どれくらい後に新しい仔を迎えたのか?

またどういう経緯で迎えることになったのか?そいうアンケートをとってみると、判断材料になっていいなと思ったので、じっさいに新しい仔を迎えた男 ...